※※※ マックミル・システム (監視、検査等) ※※※
"マックミル は"、 MAC(有)松商商会   の登録商標です。
http://www.macmil.co.jp    ( 登録番号 4088106, 4138309 ) 
# chown root:root xyasai0?.cmd ( chmod 4755 の前に実施すること )
# chmod 4755 xyasai0?.cmd
Ver 5.8 Jun.18,2007    /home/macmil/public_html/dat/xyasai.t1m
レコード件数: 開始レコードNo 〜 終了レコードNo 100 1 100
No. 設 定 内 容 Cy1 rank
1 種類 ( 1:トマト ) 1
2 RGB分析: R 閾値始(rgb_flag2 -> 10:RG, 12:BR 時のみ)
( ex. 40 ) [ トマト.org:128 "xyasai.t1m" ]
60
3 RGB分析: R 閾値終(rgb_flag2 -> 10:RG, 12:BR 時のみ)
( ex.255 )
255
4 RGB分析:本番用計算 x エリアサイズ( ex. 160 ) 160
5 RGB分析:本番用計算 y エリアサイズ( ex. 160 ) 160
6 RGB分析:menseki_limit ( ex. 1000 ) 1000
7 微分分析:閾値始 ( ex. 64 ) 64
8 微分分析:閾値終 ( ex. 255 ) 255
9 微分分析:本番用計算 x エリアサイズ( ex. 90 ) 90
10 微分分析:本番用計算 y エリアサイズ( ex. 90 ) 90
11 微分分析:menseki_limit ( ex. 100 ) 100
12 出力画像の利得 ex. 5.0 5
13 gra_lap_type 微分分析用オペレータ・タイプ ( ex. 0 ) 0
14 色相分析:閾値始 ( ex. 192 ) 192
15 色相分析:閾値終 ( ex. 255 ) 255
16 色相分析:本番用計算 x エリアサイズ( ex. 64 ) 64
17 色相分析:本番用計算 y エリアサイズ( ex. 64 ) 64
18 色相分析:menseki_limit ( ex. 200 ) 200
19 基準となる色相値 ( 0゚ ~ 360゚ )( ex. 130 ) 130
20 rgb_flag -> 0:red, 1:green, 2:blue, 9:B/W ( ex. 0 ) 0
21 イメージ保存 file name
( ex. "m00 @" -> "m0000000.dat" )
m00 e@
22 rgb_file_cnt_mod(1~99999)(ex. 80000[トマト.org:9000]) 9000
23 箱詰数送信フラグ ( ex. 0 ) 0
24 箱詰数用 menseki limit ( ex. 100 ) 100
25 mm係数[100mm/sqr(100mmx100mmの面積)*100] 0.85倍 → 85 85
26 RGB使用 ( 1:白筋検出処理する, 2:白筋検出処理 )( ex. 0 ) 0
27 白筋検出処理 dot_limit (2 ~ 255)( ex. 2 ) 2
28 白筋検出処理 menseki_limit ( ex. 2 ) 2
29 白筋検出処理 閾値始 ( ex. 144 ) 144
30 黒(キズ)検出用 閾値始 (RGB r=2 とは、独立)( ex. 160 ) 160
31 白筋判定 check_white_bairitu ex. 3倍 -> 30 30
32 白筋検出:本番用計算 x エリアサイズ( ex. 160 ) 160
33 白筋検出:本番用計算 y エリアサイズ( ex. 160 ) 160
34 使用フィールド (width > 320 は自動で、1)(1:両方, 2:片方) 2
35 edge_ratio ( ex. 2 ) 2
36 edge_flag -> 1:used edge_enhance() ( ex. 0 ) 0
37 重心からの MIN, MAX距離を計算 FLAG (1: used)( ex. 1 ) 1
38 Trace_over_cnt 用 limit (100%x10倍)[ ex. 40(4.0%)] 40
39 Trace_under_cnt 用 limit (100%x10倍)[ ex. 49(4.9%)] 49
40 箱詰数用:計算 x エリアサイズ( ex. 160 ) 160
41 箱詰数用:計算 y エリアサイズ( ex. 120 ) 120
42 箱詰数長方形(箱エッジ)除去用縦横倍率 ex. 3倍 -> 300 300
43 Over_limit_cnt(Trace_over_cnt用 ex. 15゚以上を凸とする) 15
44 Under_limit_cnt(Trace_over_cnt用 ex. 15゚以上を凹とする) 15
45 新タイプ色相分析:Used_hue (1:下記、No.46 rgb_flag2 有効) 1
46 新タイプ色相分析: rgb_flag2 (ex. 10 [トマト.org:0])
0:red, 1:green, 2:blue, 10:RG, 11:GB, 12:BR
0
47 新タイプ色相分析: G 閾値始: 10:RG, 11:GB 時有効(ex. 60) 60
48 新タイプ色相分析: G 閾値終: 10:RG, 11:GB 時有効(ex. 255) 255
49 新タイプ色相分析: B 閾値始: 11:GB, 12:BR 時有効(ex. 128) 128
50 新タイプ色相分析: B 閾値終: 11:GB, 12:BR 時有効(ex. 255) 255
51 監視用:rgb_cnt_loop_limit
[ rgb_cnt_ave 平均計算用 loop 回数 ]( ex. 100 )
100
52 監視用: R mask_cnt_r_limit
make_sabun_mask3() 使用時、Y(cr:明度) の差分 (ex. 25)
53L mask_cnt_g_limit
54L mask_cnt_b_limit
は、使用しない。
make_sabun_mask(), make_sabun_mask2() 使用時、
[ r, g 共に 0以上は、r, g の大きい方が差分となる](ex. 46)
25
53 監視用: G mask_cnt_g_limit
make_sabun_mask(), make_sabun_mask2() 使用時、
[ r, g 共に 0以上は、r, g の大きい方が差分となる](ex. 36)
36
54 監視用: B mask_cnt_b_limit
[ 実施する時は、0 以上の値を、セット](ex. 0 )
0
55 監視用:明るさ(0~255)が、この数値以上の時、
線形平滑化(移動平均法)を使用しない(ex. 255)
255
56 監視用:rgb_cnt_ave_1 (明るさ[0~255])
o80(正面):87, o80(1F西):87, on5(1F東):150
on2(1F階段):101, on4(2F):150, on5(3F):150
t80(TAKE MAIN):87, tn2(TAKE SIDE):150
87
57 監視用:rgb_cnt_ave_1 以上、mask_cnt_lim_1
o80:300, on2:300, on4:300
on5:300, t80:600, tn2:300
300
58 監視用:rgb_cnt_ave_2 (明るさ[0~255])
o80:87, on2:95, on4:138
on5:138, t80:87, tn2:96
87
59 監視用:rgb_cnt_ave_2 以上、mask_cnt_lim_2
o80:700, on2:700, on4:1900
on5:1900, t80:1000, tn2:4000
300
60 監視用:rgb_cnt_ave_3 (明るさ[0~255])
o80:87, on2:87, on4:120
on5:120, t80:87, tn2:94
87
61 監視用:rgb_cnt_ave_3 以上、mask_cnt_lim_3
o80:700, on2:1200, on4:2500
on5:2500, t80:1200, tn2:22000
300
62 監視用:rgb_cnt_ave_4 (明るさ[0~255])
o80:70, on2:70, on4:109
on5:87, t80:70, tn2:92
70
63 監視用:rgb_cnt_ave_4 以上、mask_cnt_lim_4
o80:800, on2:800, on4:3500
on5:3500, t80:800, tn2:25000
1200
64 監視用:rgb_cnt_ave_5 (明るさ[0~255])
o80:60, on2:60, on4:70
on5:70, t80:60, tn2:87
60
65 監視用:rgb_cnt_ave_5 以上、mask_cnt_lim_5
o80:8800, on2:3000, on4:10000
on5:10000, t80:7000, tn2:29000
8800
66 監視用:rgb_cnt_ave_6 (明るさ[0~255])
o80:30, on2:30, on4:60
on5:60, t80:30, tn2:83
30
67 監視用:rgb_cnt_ave_6 以上、mask_cnt_lim_6
o80:9800, on2:680, on4:16000
on5:16000, t80:6800, tn2:20000
9800
68 監視用:rgb_cnt_ave_7 (明るさ[0~255])( ex. 20 )
o80:20, on2:20, on4:20
on5:20, t80:20, tn2:60
20
69 監視用:rgb_cnt_ave_7 以上、mask_cnt_lim_7
o80:9000, on2:580, on4:20000
on5:20000, t80:4800, tn2:16000
9000
70 監視用:rgb_cnt_ave_8 (使用しない)( ex. 10 ) 10
71 監視用:rgb_cnt_ave_7 未満、mask_cnt_lim_8
o80:4800, on2:510, on4:30000
on5:20000, t80:3800, tn2:20000
4800
72 監視用:sabun_x_start ( ex. 0 ) 0
73 監視用:sabun_y_start [ 画面上から、無視する、dot 数 ]
( ex. 40 )
0
74 監視用:sabun_x_width ( ex. 0 )
if (sabun_x_width <= 0)
	sabun_x_width= calc_x_width - sabun_x_start;
0
75 監視用:sabun_y_width ( ex. 0 )
if (sabun_y_width <= 0)
	sabun_y_width= calc_y_width - sabun_y_start;
0
76 監視用:henka_limit [ xyasai06.h L1620 ]
if ( (rgb_cnt_255 > rgb_cnt_255_old) &&
    (rgb_cnt_255 > rgb_cnt_255_base) &&
	(mask_cnt > henka_limit) )
{
	/* rgb_cnt_loop_limit2 回分のみ強制的に記録する */
}
[ xyasai06.h L785 ]
/* HHH =======<<< 変化の無い時で取込フレームが >>>=======*/
/* HHH =======<<< n 回以下の時は、以前の       >>>=======*/
/* HHH =======<<< 変化時イメージを保持しておく >>>=======*/
/* HHH =======<<< Image_r7, Image_g7, Image_b7 >>>=======*/
if ( (pin_05 == 1) &&
    ((Kanshi_henka_ari == 1) || (Kanshi_henka_cnt >= 5)) )
/* HHH =======<<< 変化の、あった時だけ、       >>>=======*/
/* HHH =======<<< そのイメージを copy しておく >>>=======*/
/* HHH =======<<< Image_r7, Image_g7, Image_b7 >>>=======*/
o80:25000, on2:25000, on4:47000
on5:47000, t80:25000, tn2:25000
47000
77 監視用:rgb_cnt_255_base
o80:5, on2:5, on4:70
on5:70, t80:5, tn2:5
70
78 監視用:mask_cnt_base [ xyasai06.h L1645 ]
( ノイズとの区別用 ex. 200 )
if ( (mask_cnt == mask_cnt_base) &&
    (mask_cnt_old1 == mask_cnt_base) &&
        (mask_cnt_old2 == mask_cnt_base) ) /* 3 回連続 */
{	/*
	* 再度 rgb_cnt_loop_limit 回までは、
	* rgb_cnt_ave= rgb_cnt_ave_1; を使用する
	*/
        rgb_cnt_loop= 0L; /* init */
        rgb_cnt_total= 0L; /* init */
	/* 2F, 3F カメラ用 ( ノイズとの区別用 ) */
	rgb_cnt_ave= rgb_cnt_ave_1;
}
    =================================================
    (mask_cnt == mask_cnt_base) 3 回連続する環境は
    安定している状態とみなし 最高条件の、
    No. 51 rgb_cnt_ave_1 ( No. 52 mask_cnt_lim_1 ) を
    強制使用 ( 小さい変化を感知 )
    =================================================
200
79 監視用:rgb_cnt_loop_limit2 ( n 回分のみ強制的に記録用 )
[ 注) No. 51 (rgb_cnt_loop_limit - 1) 以下の亊 ]
if (rgb_cnt_loop >= rgb_cnt_loop_limit)
    if (rgb_cnt_ave == 254L) [ xyasai06.h L749 ]
        rgb_cnt_ave= rgb_cnt_total / rgb_cnt_loop_limit2;
	/*
         * ex. rgb_cnt_loop_limit= 100
         *     rgb_cnt_loop_limit2= 50
         *     上記の様に差を、大きくする亊で、
         *     rgb_cnt_ave を、大きくできる。
         */
o80:50, on2:50, on4:99
on5:99, t80:50, tn2:50
50
80 予備 (SP)
81 予備 (SP)
82 予備 (SP)
83 予備 (SP)
84 予備 (SP)
85 予備 (SP)
86 予備 (SP)
87 予備 (SP)
88 予備 (SP)
89 予備 (SP)
90 予備 (SP)
91 予備 (SP)
92 予備 (SP)
93 予備 (SP)
94 予備 (SP)
95 予備 (SP)
96 予備 (SP)
97 予備 (SP)
98 予備 (SP)
99 予備 (SP)
100 予備 (SP)
PIO_16 ->  0x0300 ~ 0x0301 (0x0302) [ IBX2725, PCI-2725, PCI-2760C ]
======= D/IN ( シーケンサー  -->  パソコン ) =================================
------[ *  -->  pin 必ず必要な項目 ]------------------------------------------
pin  01	*$	TEST 調整モード(ON 連続測定イメージ表示、フォーカス等の調整用)
		同時に、pin15 ON すること
pin  02	*	測定開始指示(pin 01 OFF のこと,  pout 2 ON にて、 pin 2 OFF)
		(pout 2 OFF にて、測定結果取り込み)
pin  03	 	予備
pin  04		DATA_CNT イニシャル(ON)
pin  05	 $	測定を無視する[ 監視モード (pin 13 RGBファイル用) ]
pin  06 	凸凹凸の、分布図グラフ表示モード(ON) [ xyasfile -> 'm' ]
pin  07	 	予備 [ 2007/06/16 ]
pin  08	 $	check_peekmsg() [ (使用開始:ON, 使用中止:OFF) for Win32 ]
pin  09	*$	Shutdown flag [ (0:ON, 1:OFF) + pin 16 で、Shutdown ]
pin  10		ミニ・イメージ表示モード [ (ON 表示モード) pin 15 OFF のこと ]
pin  11         EDGE の強調(ON)
pin  12		Image Copy(pin 13 ON 時有効。CANON LIPS4 カラープリンター必要)
pin  13 *$	RGBファイル MAX 1000件ロギング・モード(ON)[No.日時も、ファイル]
		(ファイルの、#1 record Xdata[3]値の次の、ポインタから書き込む)
pin  14	*	RGBの、イメージ断面、データ値分析グラフ表示モード(ON)
pin  15	*	イメージ表示モード(pin 01, pin 02  ON 時の、ステップ実行時に、
		取り込み位置調整用等に使用)
pin  16	*	パソコン、メニュー画面へ [ 2sec ON (パルス) ]
------------------------------------------------------------------------------

======= D/OUT ( パソコン  -->  シーケンサー ) ================================
------------------------------------------------------------------------------
pout 01		運転モード (ON)
pout 02		測定中(pin 2 ON にて、 ON、  測定終了時、 OFF)
pout 03		位置ズレ時 ON
pout 04		箱詰数不足時 ON ( dummy )
pout 05
pout 06		1 bit(0~1) 予備
pout 07		各種判定用 1 bit(0~1) bit #1	キズ
pout 08		各種判定用 1 bit(0~1) bit #1	格外 (最大径、最小径)
pout 09		各種判定用 4 bit(0~15) bit #1   階級		箱詰数
pout 10		各種判定用 4 bit(0~15) bit #2	  //		  //
pout 11		各種判定用 4 bit(0~15) bit #3	  //		  //
pout 12		各種判定用 4 bit(0~15) bit #4	  //		  //
pout 13		各種判定用 2 bit(0~3) bit #1	色相判定
pout 14		各種判定用 2 bit(0~3) bit #2	  //
pout 15		各種判定用 2 bit(0~3) bit #1	総合判定
pout 16		各種判定用 2 bit(0~3) bit #2	  //
==============================================================================

=====<<<測定の手順 >>>=====

シーケンサー check pout 01 ON   check パソコン 運転モード
シーケンサー check pout 02 OFF  check パソコン 前回分測定終了済
                          (pout 02 ON であれば、測定開始指示を出さずに
                          測定不可の異常処理をする)


シーケンサー pin  02 ON         測定開始指示(pout 02 OFF の時のみ指示可能)


パソコン     wait pin 02 ON
パソコン     pout 02 ON         測定中
パソコン     pout 06~16 OFF     各種判定


シーケンサー pin  02 OFF        測定開始指示(pout 02 OFF 待ち)
                          次の測定開始指示までに、pout 02 OFF が来なければ
                          pin 02 OFF とし、測定不可の異常処理をして、
                          測定の最初の手順に戻る


パソコン     wait pin 02 OFF
パソコン     pout 06~16 ON      各種判定
パソコン     pout 02 OFF        測定終了


シーケンサー wait pout 02 OFF   次の測定開始指示までに、pout 02 OFF が来なければ
                          pin 02 OFF とし、測定不可の異常処理をして、
                          測定の最初の手順に戻る


シーケンサー 各種判定処理


"マックミル は"、 MAC(有)松商商会   の登録商標です。
http://www.macmil.co.jp    ( 登録番号 4088106, 4138309 ) 
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  (有)松商商会 )
(C) 1992-2006 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
TOPへ