[ 2017/04/13 renewals ]   ☆☆☆ かってに Android4 (Freely Android4) ☆☆☆
                             *** Freely Android4. (it continues, 3) ***
                    情報化社会の発展を図る活動として、
                     ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、

★ Linuxで、インターネット等を、
             MS−Windows と同じ様に
                             快適にする情報を無料提供。
   410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  (有)松商商会 )

・DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、
メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。
33年近く(PC8001 ~ 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男)
       "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
●検索は、Ctrl + F で。
以下は、当方用、メモです。
いずれは、整理していきますが、
現状は、バラバラです。
Android NDK ネイティブプログラミング 2011/07 出村成和 秀和システム 2,520 http://blog.cnu.jp/2011/10/26/android-ndk-book-sample/ Android NDKネイティブプログラミング-サンプルコード ++++++++++++++++++++++++++++++ Android NDKプログラミングガイド 2012/04 NDKバージョンr7bとOSバージョン4.0に対応 2,604 ++++++++++++++++++++++++++++++ Android NDK入門 I・O BOOKS 清水 美樹 2012/3 Android NDK演習 I・O BOOKS 清水 美樹 2012/3/23 I O編集部 2,415 2012/07/28 Amazon 1800 + 250= 2050 ------------------------------------------------------- http://www.oki-osk.jp/esc/mruby-oa/01.html Android NDK てほどき ネイティブコード開発キット( NDK[Native Development Kit]) ライブラリ類をC/C++言語 ------------------------------------------------------- AIR ファイルが破損 ... Fedora 15以降、rpm のバージョンが変わった為らしい。 ● 対策) Fedora 16 に、Fedora 14 を、mock で、インストールし、Air で 使用する。 ------------------------------------------------------- for Fedora 16 http://fedoraforum.org/forum/showthread.php?p=1573771 librpm2.tar.gz $ LD_LIBRARY_PATH=/var/lib/mock/fedora-14-i386/root/usr/lib "/opt/Adobe AIR/Versions/1.0/Adobe AIR Application Installer" & air/librpm2.tar.gz $ cd air/ $ gtar xvzf librpm2.tar.gz $ cd lib/ librpm.so.1 libmagic.so.1 $ LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/src/air/lib "/opt/Adobe AIR/Versions/1.0/Adobe AIR Application Installer" & ------------------------------------------------------- ● Adobe AIR 3.4 Adobe Flash Player 11.4 iOS 5.1 SDKへの対応、 Native Extensions における C++/Objective-Cの例外サポート、 iOSのプッシュ通知への対応などが新たに追加された。 iTunes や構成ユーティリティを使用せずに iOSへ「Adobe AIR」アプリケーションをデプロイできるようになった。 ------------------------------------------------------- http://www.riaxdnp.jp/?p=988 スキン デフォルトでは、レイヤーは 8つ用意されている -- layer 1: shadow -- -- layer 2: fill -- -- layer 3: fill lowlight -- -- layer 4: fill highlight -- -- layer 5: highlight stroke (all states except down) -- -- layer 6: highlight stroke (down state only) -- -- layer 7: border -- -- layer 8: text -- ------------------------------------------------------- CSS Media Query <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <s:ViewNavigatorApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" splashScreenImage="@Embed('Default.png')" splashScreenMinimumDisplayTime="1000"> </s:ViewNavigatorApplication> ------------------------------------------------------- Twonky Beam 単にDLNAアプリというわけではなく、 動画サービスの視聴も可能なクライアントアプリのようだ。 ちなみにU-NEXTはまだサービスを開始していないので視聴できなかった。  肝心のDLNA機能はアドレスバー右端のホームアイコンをタップすると利用できる。 同一LAN上にあるDLNAサーバーが表示され、 それをタップすると番組リストなどが表示される。 ------------------------------------------------------- Flex 4.6 SDKの開発が終り。2011/11/29 そのあとは Spoonプロジェクトへと移行 About Open Spoon Foundation http://www.spoon.as/about/ ------------------------------------------------------- 漫画では EPUBコミック形式、 小説では XMDF形式の採用が多い .book形式 ------------------------------------------------------- アプリケーションがインストールされているディレクトリから、 アプリケーション用のデータディレクトリにファイルをコピーして、 そのファイルを読み込む File.copyToAsync ( ファイルパス , [true:上書きコピーを許可する]); File.copyTo() と File.copyToAsync() File.deleteDirectory() と File.deleteDirectoryAsync() File.deleteFile() と File.deleteFileAsync() File.getDirectoryListing() と File.getDirectoryListingAsync() File.moveTo() と File.moveToAsync() File.moveToTrash() と File.moveToTrashAsync() ------------------------------------------------------- play ストアに申請するには https://play.google.com/apps/publish/signup android アプリ 50mb超える送信方法 APKファイルに拡張ファイルを追加する android アプリ 50mb超える送信方法 APKファイルに拡張ファイルを追加する ●●● http://onscripter.sourceforge.jp/android/android.html zip ファイル作成 /mnt/sdcard/Android/data// に展開される が存在しない場合 データをダウンロードして、 /mnt/sdcard/Android/data// 以下に展開 /mnt/sdcard/Android/data/jp.co.macmil.kiyo??/ 以下に展開 アンインストール時に消してくれる ●●● +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ http://developer.android.com/intl/ja/guide/google/play/expansion-files.html ●●● APK Expansion Files Android Developers obbファイル ZIP形式のファイル ●●● getAPKExpansionZipFile // Get a ZipResourceFile representing a merger of both the main and patch files ZipResourceFile expansionFile= APKExpansionSupport.getAPKExpansionZipFile(appContext, mainVersion, patchVersion); getAPKExpansionZipFile(this, 1, 0); // Get an input stream for a known file inside the expansion file ZIPs InputStream fileStream = expansionFile.getInputStream(pathToFileInsideZip); +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ●●● android 拡張ファイル 50mb 超える 作成方法 android 拡張ファイル obb展開方法 obbファイルが ZIP形式のファイルであることが前提 /mnt/sdcard/Android/obb/air.jp.co.macmil.kiyo01/ 以下に展開 Filename: [main|patch]...obb main.100x000.air.jp.co.macmil.kiyo01.obb ( patch.100x000.air.jp.co.macmil.kiyo01.obb ) Example: /sdcard/Android/obb/com.example.myapp/main.5.com.example.myapp.obb <shared-storage>/Android/obb/<package-name>/ <shared-storage>  getExternalStorageDirectory()で取得できる、外部ストレージのパス。 <package-name>  getPackageName()で取得できる、パッケージ名。 setDestinationInExternalPublicDir()
当方用メモ)
APK Expansion Files 追加リソースファイル

Android 2.3.3以降でないとインストール時に
追加ファイルをダウンロードしてくれない
[ android:minSdkVersion "8"(2.2)  →"10"(2.3.3) ]
アップロードしたファイル名が自動的にリネームされるが、
圧縮処理などはされていない
zip ファイルを、追加リソースファイルにした場合、
展開には通常のZIP解凍処理でも可能
( 解凍ツールは、.zip に、リネームすれば可能 )

参考)
APK Expansion Filesのサンプルを動かしてみた

extras/google/market_apk_expansion/downloader_sample/
サンプルは、なぜかCRCチェックが合わずにValidationエラーになる。
公開鍵の部分を書き換えないと、例外で落ちる。

/usr/local/src/air/andro/sdk/extras/google/play_apk_expansion/downloader_sample/src/src/com/example/expansion/downloader/

SampleDownloaderService.java 2159 byte
SampleAlarmReceiver.java 1652
SampleDownloaderActivity.java 24684

/tmp/*.java
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ サクサク動く Androidアプリ高速化プログラミング 3,200 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ obb ネイティブストレージ管理API アプリは、 OSによってダウンロード/管理されている OBB(Opaque Binary Blobs)ファイルを 直接操作する ネイティブストレージ管理APIを使える ●●● the Opaque Binary Blobs (OBB) files opaque binary blobs (obb) APK Expansion Files (obb) Using the APK Expansion Zip Library ●●● ●●● Androidアプリをマーケットに公開する方法の作業手順メモ リリース用のAPKを選択してアップロード。 「オプション: 拡張ファイルの追加」という欄があるが,通常は無視する。 アップロードした APKファイルのアプリ名と アイコン・バージョン番号などが表示される。 正しい事を確認した上で,「保存」ボタンを押す ※「保存」ボタンは,軽くクリックしただけでは効かない場合がある。 1秒ぐらい長押ししてみること。 ●●● いったん無料で公開したアプリは,あとから有料に変更できないので注意。 ------------------------------------------------------- ● iPad Standard Buttons for Use in Toolbars and Navigation Bars ステータスバー(20px): 電波状況や時刻、バッテリー残量などを表示するエリア ナビゲーションバー(44px): タイトルを表示したり、各種ボタンなどを配置するエリア (Android アクションバー A. ナビゲーション領域 B. タイトル領域 C. アクション領域) icon 20x20px 注) 回転した際にNavigation Bar の高さや透過性が変わらないことに 注意してください。この動作は、 iPhoneアプリケーションでのNavigation Barの動作と異なります。 navigator.hideActionBar(); ツールバー(下 44px): 各種メニューボタンなどを配置するエリア icon 20x20px 44x44pxの、タップ領域を維持しなさい タブバー(下 49px): 画面を切替えるためのボタン配置 icon 30x30px ------------------------------------------------------- ● Android 4.1 通常のアプリケーションUI (アクションバー、ナビゲーションバー、システムバーが表示されている)から、 ライトアウトモード (ステータスバーとアクションバーが隠れ、ナビゲーションバーが暗くなる) か フルスクリーンモード(全てのバーが隠れる)に遷移 Android 4.1 連絡先写真を 720x720サイズで保存 4.1からGoogle Playは、 アプリが配信されてデバイス上にインストールされる前に、 デバイス固有のキーで、すべての有料アプリを暗号化する -------------------------------------------------------
● Android 4.0
Android 4.0でのスクリーンショットの方法は
電源ボタン + ボリュームキー下 を 1秒間同時押し

FLAG_FULLSCREEN
Android 4.0 タブレット: システムバー ( 48px TF101 )
	タブレット端末上にて表示されるシステムバーは消すことができない
	バック、ホーム、最近使ったアプリ の表示は消える

Android 4.0 スマホ: ステータスバー(上)、ナビゲーションバー(下)
	ハードキーを持たない端末、画面上に代わりとなるホームボタンなどを配置

● Android 4.0 では、新たに
ステータスバー ( ユーザーの操作を補助するボタンや、ユーザーへの通知などを行う )
	iPad    43px
	Kindle Fire  20px  Android 2.3.4

	120dpi(ldpi) 18px
	160dpi(mdpi) 24px
	240dpi(hdpi) 36px
	320dpi(Extra-hdpi) 48px
	Eee     48px
	ISW11SC 50px
ナビゲーションバー( Navigation Bar ) が追加された
	48px


FLAG_FULLSCREEN
	ステータスバーを消去し、全画面表示を実現

SYSTEM_UI_FLAG_LOW_PROFILE ”Low Profile”モード
		( 見えにくいだけで、タッチして操作することは可能 )

SYSMTE_UI_FLAG_VISIBLE ステータスバー、ナビゲーションバーを見えるように

SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION ナビゲーションバー(下)を完全に消去
	タブレット端末上にて表示されるシステムバーは消すことができない

	mImage.setSystemUiVisibility(View.SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION);

//リスナーの登録
// FLAG_FULLSCREENをセットする際にはイベントは発生しません。
mImage.setOnSystemUiVisibilityChangeListener(new OnSystemUiVisibilityChangeListener()
{
  @Override
  public void onSystemUiVisibilityChange(int visibility)
  {
    Toast.makeText(getApplicationContext(), "表示状態変化", Toast.LENGTH_LONG).show();
 
  }
} );

-------------------------------------------------------

アプリで起動時にステータスバーの色を変える
		UIStatusBarStyle
		UIStatusBarStyleBlackOpaque
UIStatusBarStyleDefault
UIStatusBarStyleBlackOpaque 黒
UIStatusBarStyleBlackTranslucent 黒い半透明

アイコンのグレア効果
デフォルトのグレア効果を取り消す
		UIPrerenderedIcon 
		 

-------------------------------------------------------

Android
アプリケーション /data/data/
アプリケーション記憶領域 /data/data/air.applicationID/filename/Local Store
デスクトップ /mnt/sdcard
ドキュメント /mnt/sdcard
一時 /data/data/applicationID/cache/FlashTmp.randomString
ユーザー /mnt/sdcard
++++++++++++++++++
my_file:File = File.applicationStorageDirectory;
	アプリケーション毎に割り当てられる保存用ディレクトリ
	app-storage:/

-------------------------------------------------------
● web より
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:WindowedApplication xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
    initialize="initProc()"
    layout="absolute" width="348" height="202">
    <mx:Label x="79" y="24" text="ダウンロードテスト" width="191" fontSize="18" textAlign="center" id="Title"/>
    <mx:TextArea x="39" y="60" width="266" height="113" id="Message" text=""/>

    <mx:Script>
    <![CDATA[

    import flash.events.*; 
    import flash.net.URLRequest;
    import flash.net.URLLoader;

    public static const FILE_GET_URI:String    = "http://www.exsample.jp/data/ds.zip";

    public var FileGet:URLLoader;
    public var ZipFileName:String    = "data/cont/ds.zip";

    private function initProc():void {

        FileGet = new URLLoader();
        FileGet.dataFormat    = URLLoaderDataFormat.BINARY; // バイナリ宣言

        FileGet.addEventListener(IOErrorEvent.IO_ERROR, onIOError);
        FileGet.addEventListener(SecurityErrorEvent.SECURITY_ERROR, onSecurityError);
        FileGet.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete);

        Message.text    += FILE_GET_URI + " Download Start.\n";

        var request:URLRequest    = new URLRequest();
        request.url    = FILE_GET_URI;
        FileGet.load(request);

    }

    private function onIOError(evt:IOErrorEvent):void {
        Message.text    += "There was an IO Error.\n";
    }

    private function onSecurityError(evt:Event):void {
        Message.text    += "There was a security error.\n";
    }

    private function onComplete(evt:Event):void {
        Message.text    += "File was successfully downloaded.\n";
        Message.text    += "SIZE=" + FileGet.bytesTotal + "\n";

        var file:File = File.applicationStorageDirectory.resolvePath(ZipFileName);
        var stream:FileStream    = new FileStream();
        try {
            stream.open(file,FileMode.WRITE);
            stream.writeBytes(FileGet.data);
            Message.text    += "File Output Success. " + file.nativePath + "\n";
        }
        catch(error:IOError) {
            Message.text    += "File Output Error.\n";
        }
        finally {
            stream.close();
        }
    }

    ]]>
    </mx:Script>

</mx:WindowedApplication>

http://www.gcd.org/blog/2010/10/658/
Android 端末 (Nexus One) でアプリを SDカードの
  ext3 パーティションにインストールする (Apps 2 SD) 

当方用メモ)
/system/app にあるものに対し アップデートがでた場合は
  /data/app にアップデート版が配置される

アプリを Android 端末にインストールすると、
パッケージファイル (*.apk) が
/data/app/<package name>-1.apk の様に、格納され
(コピー防止アプリは /data/app-private に格納)
クラスファイル (classes.dex) が
/data/dalvik-cache ディレクトリに格納される。

●●● 当方の、app で、dataコピー時に、キャッシュとして、下記が作成される
/data/data/air......アプリネーム/cache/app/fe43..-...-../assets/ に、
src 以下の、ファイルや、フォルダが、入っている
Android 4.1.x/4.2.x Jelly Bean
Android 4.0.x Ice Cream Sandwich
	メモリ 1GB以上ないと快適に動作しない
	4.0.3 2011/12/16,  Kindle Fire2、Kindle Fire HD 2012/11/15
Android 3.x Honeycomb
Android 2.3.x Gingerbread
	Android 2.3.3以降でないとインストール時に
	追加ファイルをダウンロードしてくれない
	2.3.3 2011/02/09,  Kindle Fire 2012/09/14
Android 2.2.x Froyo ( Frozen Yogurt フローズン ヨーグルト )
Android 2.0/2.1 Eclair
Android 1.6 Donut
Android 1.5 Cupcake ( これ以降、菓子の名前 )
Android 1.1 Bender
Android 1.0 Astro ( 2008/09/23 )
▼ Root Checker
    ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ]
    Root 権限があるか確認用

▼ BusyBox Free ( busybox ) cp 等の各種コマンド追加用
    ◆ Kindle file HD 可能 [ 注) Google Play から ]
       cp: not found ( busybox を、インストールしていない場合 )
       ( Root で、インストール。かなり、上の方に、書いてある
       かなり、面倒 )

▼ Font Installer *Root*
    ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ]
       Font Installer_2.0.1.apk
       参考
       copy MTLmr3m.ttf DroidSansJapanese.ttf
       /system/fonts/ にコピー
       /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf
       ●●● DroidSansJapanese.ttfのパーミッションをrw-r--r--に変更。
       これを忘れると、システム関連の日本語表示が、文字バケ、
       非表示か全て四角になってしまうらしい。(rw-rw-rw-で、当方は問題なかった?)
\d\air\tbgb.ttf
\d\air\tbgm.ttf

Android フォント (モトヤフォント)

モトヤフォント

MTLc3m.ttf  モトヤLシーダ3等幅 少し角ばったフォント

MTLmr3m.ttf  モトヤLマルベリ3等幅 丸文字のようなフォント

"DroidSansJapanese.ttf" にリネームし、/system/fonts/ に。

-------------------------------------------------------

VLGothic-20121230.zip VL-Gothic-Regular.ttf vlgr.ttf
    文書への埋め込み等、フォントの再使用を目的としない用途は、
    Redistribution には当たらず、制限なく行える

-------------------------------------------------------

Kindle Fire HD の Font を変えてみた

migmix-1p-regular.ttf と migmix-1p-bold.ttf を
ESファイルエクスプローラーで
/system/fonts/ にコピー

日本語フォント変更方法
Android 4.0(ICS, Ice Cream Sandwich) の場合、
	/system/etc/fallback_fonts.xml

Android 4.1(Jelly Bean) の場合、
	/system/etc/fallback_fonts-ja.xml
を下記の様に修正

<familyset>タグの先頭に、コピーしたフォントファイル名2つを下記の様に追加

     <family>
         <fileset>
            <file>migmix-1p-regular.ttf</file>
            <file>migmix-1p-bold.ttf</file>
         </fileset>
     </family>

-------------------------------------------------------

ようへん
u6cd1 国際符号化文字集合・ユニコード統合漢字 U+6CD1
▼ バッテリーHD ◆ Kindle file HD OK ▼ Kindle Fire - Wallpaper Change Kindle Fire HDの壁紙変更 ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] ▼ Nova Launcher_2.0.2.apk ( kindle\Nova_202.apk ) hd7\nova7.novabackup ( 当方用設定ファイル ) hd9\nova9.novabackup ( 当方用設定ファイル ) ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] Go Launcher EX が、 Kindle file HD 7 (8.9 は、OK) で、 ステータスバーが表示されなくなったので、Nova にした。 一度、電源OFFすると、ESファイルエクスプローラで、インストールしないとダメ ▼ Go Launcher EX ( GOランチャーEX_3.20.apk 当方 GOlaunEX_3.20.apk に変更 ) Go Launcher EX が、 Kindle file HD 7 (8.9 は、OK) で、 ステータスバーが表示されなくなったので、Nova にした。 ▼ GO LauncherEX Japanese languag ◆ Kindle file HD 可能 [ 注) Google Play から ] ( Root で、漢字を使わない名前に変更の後、 RootExplorerで、インストール(かなり、上の方に、書いてある かなり、面倒 ) ▼ Terminal Emulator 1.0.50 (無料) Jack Palevich 2012/12/24現在 ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] \d\kindle\aterm_1.0.50.apk ▼ jetAudio Basic ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] ▼ マップ ( google ) ◆ Kindle file HD ダメ ▼ Yahoo!地図 ▼ Yahoo!乗換案内 ▼ 駅探★乗換案内 ▼ MapsWithMe Lite, マップオフライン ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] Kindle は、マップ ( google ) が、ダメなので、これを使用 50MB + Japan(?MB) の、リソース追加ダウンロード必要 ▼ jetAudio Basic ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] 豊富なイコライザー&エフェクト Kindle Fire HD の、MP3 で、読み込まない mp3 があるので、 これに、変えたら OK ▼ Flash Player 11.x ◆ Kindle file HD ダメ ▼▼▼ Android向けIMEソフト ▼ Google 日本語入力 ( Google Play ) ◆ Kindle file HD ダメ Bluetooth/USB の 外付けキーボードが利用可能 日本語入力(漢字入力)切替: Fn + 漢字(半角/全角)キー で、OK ( USBキーボードは、[Alt or Windwos] + 漢字(半角/全角)キー で、OK ) 又、キー配列も、日本語キーボードを選択可能。
ELECOM Bluetooth 日本語82キー配列 (スタンド付き) BK
TK-FBM023BK で、現在使用中。 日本語入力(漢字入力)切替 問題無し。
注) "Google 日本語入力" を表示させた状態でないと、漢字切替ダメなので注意。
"Google 日本語入力 ( Google Play )"以外は、
漢字切替に問題有り、キー配列も、英語キーボードになる。
▼ アドレス帳 全角⇔半角 変換くん ▼ Google 翻訳 Web版 Google 翻訳 ▼ mp4 プレイヤー RockPlayer Lite フレームレイトが解る( MX動画プレーヤー に代えた ) ▼▼▼ Mmpg の 再生 が、途中で止まる。 デコーダの、CPUコア数制限の選択がないので、 MX動画プレーヤー に代えた( 対策、下記 MX動画プレーヤー 参照 ) ▼ MX動画プレーヤー ◆ Kindle file HD 7, HD 8.9 OK [ 注) Google Play から ] ◆ Kindle file HD 7 うまくいかなかった [ 注) Amazon.co.jp から ] ▼ MX動画プレーヤー コーデッ(ARMx7) 必要に応じて   表示 アスペクト比 カスタム (720x480) 4.5:3 ( xine square のもの )
	▼▼▼ MX動画プレーヤー で、mpg の 再生 が、途中で止まる。
当方は、S/Wデコーダ使用。
ICONIA TAB A700 クワッドコア(quad core)で、mpg の 再生で、こける (ダメ)。
Eee Pad Transformer TF101 デュアルコア(dual core)で、mpg の 再生は、OK。
対策)
ICONIA TAB A700 で、
MX動画プレーヤーの、ファイルの選択画面で、
右上の、メニューを選択。又は、再生中は、メニューのツールを選択。
設定で、
デコーダの、CPUコア数制限を選択。
コア数を、1 にすると、OK だった。 ( 2でも、ダメだった )

当方は、ついでに、
右上の、メニューを選択。又は、再生中は、メニューのツールを選択。
設定で、
色深度で、32ビット
インターレス解除に、チェック

右上の、メニューを選択。又は、再生中は、メニューのツールを選択。
表示で、
設定、
タッチの、ジェスチャーで、動画のズームのみチェック。
Amazon.co.jp の、
▼ 緊急地震速報 なまず速報 ▼ バックアップマスター ( Eee ダメ ) ▼ BackUpper free ( Eee OK ) ▼ Adobe AIR ( adobe air ) ▼ NTPクライアントアプリ ( root ) ClockSync ( 使い方は、Synchoronizeをタップするだけ ) ▼ アプリをmicroSDカードに移す App2SD ( ▼ radiko.jp for Android ) ▼ TuneIn Radio ◆ Kindle file HD OK ▼ Simeji ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] 物理(ハード) キーボードのとき、 漢字、ANK の切替は、SHIFT+スペース(効きにくい時もある) ▼ QRコードスキャナー ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] ▼ Android System Info ▼ LED Light ▼ Google Earth ▼ GPS Status & Toolbox ▼ GPS Test ▼ RailWayMap.jp ( ▼ Free Advanced Task Manager 5.2 ) ▼ Vim Touch ( 2014/05/05 中止 ) AndroidTerm の Vim version 7.4.253 ( vim, xxd ) を使用 ▼ KCM for 日本語106/109キーボード ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ ) "input Devices for Japanese" \d\kindle\term\kcm-key.apk
例) Nexus7, 10
    「設定」→「言語と入力」で、選択するのだが、
    物理キーボードを接続しないと、
    設定画面に、物理キーボード がでないので、注意のこと
▼ ELECOM Keyboard layout ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ ) "\d\kindle\term\elecom_key.apk" ▼ VX ConnectBot ( ssh, scp ) ▼ Jota Text Editor 0.1.08 ( ▼ gEditor ) ( ▼ AndFTP ) ▼ MyQR ▼ Speed Test [ 約1.1M(G3) ~ 8Mbyte 約9,000 ~ 65,000パケット 注)スピードによる] ◆ Kindle file HD ダメ ▼ HTMLViewer ▼ 電話帳R ▼ ESタスクマネージャー ▼ ESファイルエクスプローラ ( LAN (smb) 使える ) ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] ◆ ES ファイルエクスプローラー_1.6.2.5.apk ( ES1.6.2.5.apk )   この後、Ver 3.x になるが、当方使いずらいので、Ver 1.6.2.5 を利用 ▼ Worldscope Webcams 言語は、メニューボタン→Settings→Application Languageで 日本語に ▼ Polaris Office ( Eee, ISW11SC ) ▼ ドルフィン・ブラウザ MOBOTAP INC. ( Ver 9.1.0 2012/12/24 現在 ) ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ] Google Play より、Dolphin Browser ではなく、 "ドルフィン・ブラウザ MOBOTAP INC." を、インストールする Flash Player も、Android 4用なら、OKで、使えた [ 注) Google Play から ] 当方メモ) \d\kindle\dolphin_9.1.0.apk で保管 当方メモ) \d\fl-andr4.apk ( Flash OK ) ▼ Gmail TF101 で、2012/12/24 最新版(4.2.1)にすると、 "問題が発生したため、Gmailを終了します" となり、こける その際、Gamil に登録していない、アカウント(TF101 に 2アカウント登録)が こける前に画面左上に見える。 対策) 一度、Gmail をアンインストールし、自動更新のチェックもはずす。 その後、再度、Gmail(初期インストールのもの 4.0.4-278776)を立ち上げると、OK。 試しに、再度、2012/12/24 最新版(4.2.1)にすると、やはり、こける。 当方メモ) \d\kindle\Gmail_4.0.4-278776.apk (TF101用) で保管 ▼ K-9 mail k9mail_ja/members メンバー用 2012/02/24 投稿 824 macmil 2012/02/25 投稿 826, 827
https://sites.google.com/site/k9mailja/k9mailja_package/ K-9 Mail ダウンロード用
K-9 Mail日本語グループ

"k9mail_ja_4904_20150115-79f354b.apk" 2015/01/20 現在 ( \d\air\k9m_4904.apk )
"k9mail_ja_4904_20141126-6e9777d.apk" 2014/11/26 現在 ( \d\air\k9m_4904.apk )
"k9mail_ja_4900_20140208-6997202.apk" 2014/02/08 現在
"k9mail_ja_4701_20140114-a5d548d.apk" 2014/01/15 現在
	Android 2.3.x Gingerbread で動作するようにした版(IS06 等)
	\d\air\k9m_4701.apk, k9m_4701.apk.andro23 ( 当方専用メモ )
"k9mail_ja_4701_20140111-3a21700.apk" 2014/01/11 現在
	Android 2.3.x Gingerbread で動作しない版
"k9mail_ja_4326_20130217-d476d4d.apk" 2013/02/17 現在 変更履歴からダウンロード
"k9mail_ja_4109_20120223-43a5e5d.apk" 2012/02/23 現在
当方用メモ)
  \d\air\k9m_4900.apk
  \d\air\k9m_4701.apk
  \d\air\k9m_4326.apk
  \d\air\k9m_4109.apk

上記の、ダウンロードではなく、もう少し下の、変更履歴に下記のダウンロード有り 2013/02/19 現在
https://sites.google.com/site/k9mailja/k9mailja_package/k9mail_ja_4326_20130219-03b3c0d.apk 2013/02/19版

\d\air\k9m_4109.apk → ISW11SC "download/9m_4109.apk"
K-9 Mailの設定
注) 設定を変更したら、一度、戻るキーを何度か押して、
   K-9 Mail を終了させ、
   再度、立上げないと、設定の変更が、反映されない項目がある。
    ( ヘッダのダウンロード ) 2012/02/14 現在

	メール起動時に「受信トレイ」が表示されるのを避けるには、
	「設定」>「アカウント設定」>「フォルダ」>「自動表示フォルダ」から
	「NONE」を選択
	メール起動時に受信トレイではなくフォルダ(Gmailの表現ではラベル)の
	一覧が表示されるようになる
	● 注) ISW11SC等 の gatway と、メールサーバーの ルーターを変えること。

当方用メモ)
●●● 設定のエクスポート
	/mnt/sdcard/com.fsck.k9/settings.k9s
	( /mnt/sdcard/external_sd/com.fsck.k9/settings.k9s )
注) 設定を変更したら、一度、戻るキーを何度か押して、
   K-9 Mail を終了させ、
   再度、立上げてから、設定のエクスポートを実施しないと、
   設定を変更が、反映されない項目がある。
    ( ヘッダのダウンロード ) 2012/02/14 現在
●●● 設定のインポート ( ESファイルエクスプローラーをインストールしておくこと) とりあえず、アカントを登録。 アカントが、表示されている画面で、 その他 → 設定のインポートとエクスポート → 設定をインポート → 操作を選択 "ESファイルエクスプローラー" を選択 /mnt/sdcard/com.fsck.k9/settings.k9s を選択 "常規のAndroid方法" を選択
     "インポート項目の選択" で、
	  グローバル設定、xxx(アカウント名) に、チェックを入れ OK。

注) ここを、当方、チェックを入れ忘れ、
インポート失敗
xxxx からのインポートに失敗しました。
が、表示され、かなり悩んだ。
パスワード設定画面がでるので、入力。 ● アカント削除するには。 アカントが、表示されている画面で、 アカウント名長押し -> "拡張機能" -> "アカウント削除" ● サーバー上のメールが削除されると、K-9 Mail で、メール受信すると   保存したものも、消える。 対策) 受信トレイの表示されている画面で、 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → メール受信 で、 "サーバのメッセージ削除を同期" のチェックを はずす。 ● ストレージの場所を、外部ストレージするには。 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → ストレージ → ストレージの場所 で、 "外部ストレージ(SDカード)" を選択。 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → メール受信 → 一度に表示するメール数 で、 "50件" を選択。 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → メール受信 → ダウンロードするメッセージサイズの上限 で、 "32Kb" を選択。 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → メール送信 → メッセージの形式 で、 "テキスト" を選択。 メニュー → その他 → 設定 → アカント設定 → メール送信 → Message Charset で、 "ISO-2022-JP" を選択。 メニュー → その他 → 設定 アカント設定 → メール送信 → Show sender address で、 チェックをいれる。 2013/11/05 追加 ● k9mail_ja_4700_20131103-443d7cd.apk で、送信トレイが、2つでる。 送信トレイ → 設定 → フォルダ設定 フォルダ表示クラスを、"設定しない" に。 次に、 フォルダ一覧で、 メニュー → フォルダ表示で、選択をいろいろ試す。 ( 当方は、2ndクラスフォルダを隠すを選択し、 次に、1stと2ndクラスフォルダを選択したら、OK ) 当方は、これで、送信トレイが、1つになった。 ● 受信時のエラーログをとる。(ログ送付用) 受信トレイの表示されている画面で、 メニュー → その他 → 設定 → グローバル設定 → デバック 拡張デバックログ に、チェックをいれる。 ( 詳細情報ログ は、パスワード含むので不適 ) ログは、alogcat (androidアプリ) で フィルター .k9. かけて、取得する k9mail.ja@gmail.com (公開したくない場合)へ送付 adbを使ったデバッグ手順
▼ iLED "不在着信" 等を選択し終了したら、 設定 から、「ユーザー補助」を選択し、 「ユーザー補助」と「iLED」のチェックボックスをONにする ( ▼ アストロファイルマネージャ 2012/12/06 クラウド接続になったので、使用中止 ) ◆ Kindle file HD OK [ 注) Google Play から ]
	マーケット以外のアプリをインストール出来るようにするため、
	ホーム -> メニュー -> 設定 -> アプリケーション の
	「提供元不明のアプリ」 に、チェック を入れておく
	ダウンロードしたファイル「 ~ .apk」を、ISW11SCの、/sdcard にコピー
	アストロファイルマネージャで、
	「 ~ .apk」を表示し、「 ~ .apk」をクリックし、
	「アプリケーションマネージャを開く」を選択して、インストール

  当方用メモ) FUGA へ、ISW11SC は電話帳から OK。 IS06 は下記で転送確認済み。
	● Bluetooth搭載のカーナビに電話帳のデータを転送
	電話帳が対応してない時に、"00001.vcf" 等に(名前はそれぞれによる)
	エクスポートしておく。
	カーナビを、Bluetooth で、電話帳の受信状態にする(車による)
	アストロファイルマネージャ で、上記ファイル名を長押しする。
	"送信" → "Bluetooth" → "MY-CAR"(これはフーガの例) を選択。
▼ alogcat(free)-logcat ログ(K-9等) 取得 フィルター .k9. ▼ AndroZip File Manager zip や rar 等の圧縮形式対応、apkファイルのバックアップ ▼ トラフィック モニター Traffic Monitor ( RadioOpt )
	● 1パケット=128バイト
	  1Kbyte= 8パケット 1Mbyte= 128パケット
	au ダブル定額スーパーライト 約3,700パケット 約462Kbyte 390円
	au ダブル定額ライト 約12,500パケット 約1.5Mbyte 1,050円
	au ダブル定額 約40,000パケット 約4.8Mbyte 2,100円
    注) インターネットをする場合、上記は、どれも簡単にオーバーする
▼ あうちゃん ( ISW11SC は、au製が、入っているので不要 ) auパケット料金確認が可能 ▼ au Wi-Fi接続ツール ( SIM simカード [ au ICカード ] と、ISフラット 必要 ) 公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」 2011/06末より開始。無料 "au Wi-Fi SPOT" のステッカーのあるエリア他 ▼ Korean Air ▼ Record My Call スピーカーモードにしないと、相手の声が殆ど聞こえない。 mp4 3gp(3gpp) wav 通話録音 設定 3gp ▼ Mp3 Media converter ▼ ffmpeg codec arm v7 neon が必要 3gp, mp4等のファイルを mp4 mp3 に変換 ●● スマートフォンで録音したファイルの拡張子を 3ga から 3gp に変える ▼ Spare Parts フルスクリーン表示されないアプリを なんとかフルスクリーンで表示してくれるアプリ
2014/05/02
●●● 端末エミュレータ (日本語処理改変版)で Vimを動作
●●● busybox cpbb.zip
●●● Vim version 7.4.253
\d\kindle\term\ は、当方専用
vim コマンド実行履歴 q:
vim コマンド検索履歴(上へ再度検索) q?
vim コマンド検索履歴(下へ再度検索) q/

TABキーは、Ctrl+i
ESCキーは、Ctrl+[

● 物理(ハード)キーボード 接続時
日本語等の、表示、非表示は、本体の、戻るキーで、切り替える
"Simeji" では、漢字、ANK の切替は、SHIFT+スペース(効きにくい時もある)
物理キーボードなしでは、漢字、ANK の切替できなかった
Ctrl(コントロール)キー が、効かない
Samsung日本語キーパッドでは、漢字、ANK の切替できなかった
AndroidTerm 以外では、できたのだが...
●● 当方、日本語ハードキーボード + Google日本語入力 + 下記で、問題なく使用中 ▼ KCM for 日本語106/109キーボード ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ ) 便利です "input Devices for Japanese" \d\kindle\term\kcm-key.apk ▼ ELECOM Keyboard layout ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ ) "\d\kindle\term\elecom_key.apk"
例) Nexus7, 10
    「設定」→「言語と入力」で、選択するのだが、
    物理キーボードを接続しないと、
    設定画面に、物理キーボード がでないので、注意のこと

注) 当方専用メモ
●●● vim コマンド
  注) Linux, Windows 時 (Android は、確認していない)
http://nanasi.jp/articles/howto/editing/blockwise-operation.html ●●● Ctrl-v ビジュアルモード ヴィジュアルモード y 選択されている部分をコピー = インデント :'<,'>s/before/after/g 置換(範囲を選択中に":"を押すと自動的に出る) I(Sift+i) 挿入 (最後に、ESC を押す) A(Sift+a) 選択の右側に、挿入 (最後に、ESC を押す) d 削除 r 選択範囲の文字全てを置換 ~ で大/小文字反転。 U で大文字に u で小文字にする ●●● vim 小文字 大文字 変換 ~ カーソルしたの文字の大/小文字を反転し、カーソルを右に進める g~~ 現在行の大/小文字を反転する guu 現在行を小文字にする。 gUU 現在行を大文字にする。 ●●● vim 履歴 vim コマンド実行履歴 q: vim コマンド検索履歴(上へ再度検索) q? vim コマンド検索履歴(下へ再度検索) q/ TABキーは、Ctrl+i ESCキーは、Ctrl+[ 当方専用メモ) 2013/11/12 追加
● vim 改行時 自動で #,"等 コメント 挿入される
vim 改行時 自動で #,"等 コメント 挿入をやめるには。 http://d.hatena.ne.jp/yuichi_katahira/20090117/1232209418 ● vimの改行時に自動でコメントが挿入されるのをやめたい ( http://easyramble.com/disable-vim-auto-comment.html ) ● vim で、改行での自動コメントアウトを無効にする ● vimで「#」コメント行から改行すると「#」を自動挿入してしまうのを無効にする 上記、参考。 当方の、対策。 ~/.vimrc ( /usr/mac/.vimrc.ce64 ) に、以下を追加。
$ ~/.vimrc
" I want to disable the auto-comment out with a new line
autocmd FileType * setlocal formatoptions-=ro
"andro004.htm", "linux045.htm"
2014/11/06 /usr/mac/.vimrc.ce64.android.linux ~/.vimrc で使用中
"/usr/mac/.vimrc.ce64.android.linux"
"\bc\vimrc.ce64.android.linux"
●● Windows用 ( kconv.exe 後、ヘッダー部分を
" for /usr/vim ( windows )
"  .ps20
" android.vimrc.win.sji [ " .vimrc ]
に替え、"vimrc.win" としてある
copy \bc\vimrc.win C:\"Documents and Settings"\mac\.vimrc
当方専用メモ) 2013/11/12 追加
● vim 指定した文字コードに変換して保存する
vim の中で、 sjis(cp932), euc(euc-jp), urf8(utf-8) それぞれで、設定する。
:set fileencoding=cp932
:set fileencoding=euc-jp
:set fileencoding=utf-8
上記、省略形
:set fenc=cp932
:set fenc=euc-jp
:set fenc=utf-8
:w することで、文字コードを変更して保存が完了
https://sites.google.com/site/fudist/Home/qfixhowm/other-service/howm-android/android-terminal-emulator-mod ●●● 端末エミュレータ (日本語処理改変版)で Vimを動作 \d\kindle\term\AndroidTerm.zip ver 1.0.59.mod.2014-04-20 AndroidTerm.apk 531,190 ren ATE-mod-ReadMe.txt ReadMe.txt IMEの起動/終了は以下のキーで 日本語配列キーボード [半角/全角] Alt+[半角/全角] 英語配列キーボード Alt+[`] ●●● busybox cpbb.zip https://sites.google.com/site/fudist/files/cpbb.zip busyboxインストールスクリプト \d\kindle\term\cpbb.zip http://busybox.net/downloads/binaries/latest busybox公式等から使用環境(CPU)に応じたbusyboxをダウンロード Tegra3なら ARMv7だが、ARMv5lなら大体のARM環境で動くようとのこと copy busybox-armv5l busybox にしておくといい ( mv busybox-armv5l busybox ) \d\kindle\term\busybox \d\kindle\term\cpbb.sh \d\kindle\term\AndroidTerm.apk を、/sdcard/Download に。 注) 当方は、/sdcard/Download/term にしてある
#1 当方専用メモ)
\d\kindle\term\ を、/sdcard/Download/term に copyする。
当方では、以下の、必要なものを、\d\kindle\term\ にまとめてあるため。

AndroidTerm.apk を、インストールする。
AndroidTerm を起動して、
以下を、実施 ( /sdcard/Download/term は、各自による )
sh cpbb.sh
cd /sdcard/Download/term
sh cpbb.sh
export PATH=$PATH:/data/data/jackpal.androidterm/usr/bin
●●● kbox2 cpenv.zip https://sites.google.com/site/fudist/files/cpenv.zip?attredirects=0 cpenv.zip \d\kindle\term\cpenv \d\kindle\term\cpenv.txt ( \d\kindle\term\cpenv2 当方で作成 /sdcard/Download/term に修正してある ) を、/sdcard/Download に。 注) 当方は、/sdcard/Download/term にしてある ●●● kbox2 kbox2-base-installer http://kevinboone.net/kbox2-base-installer kbox2-base-installer \d\kindle\term\kbox2-base-installer を、/sdcard/Download に。 注) 当方は、/sdcard/Download/term にしてある cd /sdcard/Download/term
当方は、/sdcard/Download を、
export SRCDIR=/sdcard/Download/term と cpenv2に変えてある
#2 当方専用メモ)
kbox2 のインストール
sh cpenv2 kbox の実施
( /sdcard/Download の方は、sh cpenv kbox とすること )
cd /sdcard/Download/term
sh cpenv2 kbox
( /sdcard/Download の方は、sh cpenv kbox とすること )

参考)
$ kbox
 で、bsh で、kbox2 が、立ち上がる
/data/data/jackpal.androidterm/kbox2 /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/bin/kbox_shell ●●●●●● 注) android 4.2.2以降での動作に問題がある http://kevinboone.net/libfakechroot.so_android4.2.2 updated libfakechroot.so から、 libfakechroot.so_android4.2.2 をダウンロードする ( 当方は、/sdcard/Download/term に、ダウンロード )
#3 当方専用メモ)
libfakechroot.so 2013-06-07 16:15 を置き換える
/data/data/jackpal.androidterm/kbox2/lib/libfakechroot.so
cd /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/lib
cp /sdcard/Download/term/libfakechroot.so_android4.2.2 libfakechroot.so
( /sdcard/Download/term は、各自による )
#4 当方専用メモ)
kbox2 用に、当方の、好みに環境変数等を、
/data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.profile
に作成。
参考) 当方用を、以下に。
http://blog.livedoor.jp/ti5942/archives/8316000.html
/data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.profile を作成
当方用)
cp /sdcard/Download/term/priflie.kbox2 /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.profile
●●●●●● 注) bash コマンド
注) kbox では、
   export UBASE=/data/jackpal.androidterm
   ではなく、
   export UBASE=/android_root/data/data/jackpal.androidterm
   となる。
注) kbox では、
   export PATH=/bin:$UDIR/bin:.... の順序のこと
# profile.kbox2 ( .profile )
# ( /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.profile )
# ver 1.0
# may. 5,2014
# may. 5,2014

# ++++++++++++++++++
# for kbox2
# ++++++++++++++++++
export UBASE=/android_root/data/data/jackpal.androidterm
export UDIR=$UBASE/usr
### export PATH=$PATH:$UDIR/bin
export PATH=/bin:$UDIR/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/android_root/system/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$UDIR/lib
export VIMRUNTIME=$UBASE/vim74
export TERMINFO=$UDIR/share/terminfo
export TERM=screen-256color
export MANPATH=/usr/share/man
export GROFF_FONT_PATH=/usr/share/groff/current/font
export GROFF_TMAC_PATH=/usr/share/groff/current/tmac
export TMPDIR=/tmp
export HOME=/home/kbox
export HOME2=$UBASE/app_HOME
export PS1='\W\$ '
export d=/sdcard/Download
export SRCDIR=/sdcard/Download/term
alias vi='vim'
##### alias dir='ls --color=tty -o -d -q -a -t -r'
# ls [-1AaCxdLHRFplinsehrSXvctu] [-w WIDTH] [FILE]...
alias copy='cp'
alias del='rm'
alias dir='ls -d -a -t -r -l'
alias dirad='$HOME/dirad.bat'
alias fc='diff'
alias his='history'
alias move='mv'
alias type='cat'

# Finish with 'cd'. This is a bug fix -- do not remove this line
cd


# ++++++++++++++++++
# profile.kbox2.org
# ++++++++++++++++++
# Customize environment here, if necessary

### HOME=/home/kbox
### PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/local/bin:/android_root/system/bin
### TERMINFO=/usr/share/terminfo
### MANPATH=/usr/share/man
### GROFF_FONT_PATH=/usr/share/groff/current/font
### GROFF_TMAC_PATH=/usr/share/groff/current/tmac
### TMPDIR=/tmp
### TERM=linux
### PS1="\W\$ "
### 
### export HOME PATH TERMINFO MANPATH GROFF_FONT_PATH GROFF_TMAC_PATH TMPDIR TERM PS1
### 
### # Finish with 'cd'. This is a bug fix -- do not remove this line
### cd
# ++++++++++++++++++

●●● ターミナルを起動したとき、コマンドを受け付ける状態の表示
AndroidTerm
$(precmd)$USER@$HOSTNAME:${PWD:-?} $
u0_a113@SC-01F:/

Linux
echo $PS1
export PS1='[\u@\h \W]\$ ' # \w フルパス表示。 \W 現在のパスのみ表示

\W を、小文字の、\w にすると、フルパス

Mac
~/.profile
export PS1='[\u@\h \w]\$ ' # \w フルパス表示。 \W 現在のパスのみ表示
alias history='fc -l'
alias r='fc -e - '
history で、表示された番号を、
linux 等では、!番号 で、再利用するが、
fc -e - 番号となる。
alias r='fc -e - ' で、!番号 の替わりに、
r+space+番号(r にスペースを付けて、番号) で定義されている
● AndroidTerm の、「設定」→「初期コマンド」へ 好みに応じて、以下を登録 当方は、以下の登録ではなく、少し下の方に書いてある、 #5 当方専用メモ) を利用している(複数台の設定が必要な為) ●●●●●● 注) sh コマンド
export UBASE=/data/data/jackpal.androidterm
export UDIR=$UBASE/usr
export PATH=$PATH:$UDIR/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$UDIR/lib
export VIMRUNTIME=$UBASE/vim74
export TERMINFO=$UDIR/share/terminfo
export TERM=screen-256color
export PS1='$(precmd)$USER@$HOSTNAME:${PWD:-?} $'
( export PS1='[\u@\h \W]\$ ' )
( export PS1='\w\$ ' )
( export PS1='\W\$ ' )
export PS1='\$ ' ( 表示が長くなるので、$ のみ表示。pwd で、現在位置確認 )
export d=/sdcard/Download
export SRCDIR=/sdcard/Download/term
alias vi='vim'
alias copy='cp'
alias del='rm'
alias dir='ls -d -a -l'
alias dirad='bash $HOME/dirad.bat' ( #12 当方専用メモ) の、bash 必要 )
alias fc2='diff' ( fc は、すでにある )
alias his='history'
alias move='mv'
alias type='cat'
cd ~
又は、 .profile 等作成し、.(ドット) ./.profile で読み込む
#5 当方専用メモ)
● AndroidTerm の、「設定」→「初期コマンド」へ好みに応じて、登録
当方は、
/data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/.profile
を作成して使用中(複数台の設定が必要な為)
● AndroidTerm の、「設定」→「初期コマンド」へ以下を登録
cd ~
. ./.profile
sh xxx.sh ( 実行し終わるとシェルスクリプトで設定した環境変数などが元に戻る ) .(ドット) ./xxx.sh ( 実行後、シェルスクリプト中に変更した環境変数などに、変わる ) ● .profile の例 ( 当方用 \d\kindle\term\profile.android )
export UBASE=/data/data/jackpal.androidterm
export UDIR=$UBASE/usr
export PATH=$PATH:$UDIR/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$UDIR/lib
export VIMRUNTIME=$UBASE/vim74
export TERMINFO=$UDIR/share/terminfo
export TERM=screen-256color
export HOME=$UBASE/app_HOME
export PS1='\$ '
export d=/sdcard/Download
export SRCDIR=/sdcard/Download/term
alias vi='vim'
alias copy='cp'
alias del='rm'
alias dir='ls -d -a -l'
alias fc2='diff'
alias his='history'
alias move='mv'
alias type='cat'

# Finish with 'cd'. This is a bug fix -- do not remove this line
cd
#6 当方専用メモ)
● AndroidTerm の、「設定」→「インプットメソッド」で、文字ベースにすること
単語ベースだと、GALAXY Note3 の横画面の日本語入力で、termの画面がでなくなる
ハードキー Sumsung日本語入力は、シフト + スペースで、日本語、英語切替 初期設定等で、ALT+漢字で日本語モードにならない時、タッチすること 参考) Windows の場合、コマンドプロンプト 長いプロンプトを短くするには? ( Windows ) PROMPT $N$G PROMPT /? \W ... カレントディレクトリ ( 現在のディレクトリ名 ) /storage/emulated/0/ /system/fonts/MTLmr3m.ttf /system/fonts/Mincho.ttf 参考) 書き込み可能でsystemをマウントする場合 mount -o remount,rw /system
#7 当方専用メモ)
●●● Vim version 7.4.253 ( vim, xxd ) を、コピーする。
	( \d\kindle\vim )
	( \d\kindle\xxd ( 16進数表記に変換 ) )
	( \d\kindle\term\usr\bin\vim )
	( \d\kindle\term\usr\bin\xxd )

上記 #1 当方専用メモ) 時点で、
AndroidTerm.zip の解凍時に、
 usr\bin\vim
 usr\bin\xxd
が、できてある

当方では、
 /sdcard/Dwonload/term/usr/bin/vim
 /sdcard/Dwonload/term/usr/bin/xxd
 /sdcard/Dwonload/term/android-vim.sh
として、コピーした。
https://sites.google.com/site/fudist/files/android-vim.zip?attredirects=0 \d\kindle\term\android-vim.zip ver. 7.4.patch.1-253 (ARM, x86, MIPS) \d\kindle\term\android-vim.txt \d\kindle\term\android-vim.sh を、/sdcard/Download\term に。
cd /sdcard/Download/term
sh android-vim.sh
#8 当方専用メモ)
当方の好みの、
 /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/.vimrc
 /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.vimrc
を、作成
●●● \d\kindle\term\android.vimrc ●●● \d\kindle\term\android.vimrc.ut8 ●●● \d\kindle\term\android.vimrc.mac.ut8 ( for linux ) ●●● \d\kindle\term\android.vimrc.win.sji, \bc\vimrc.win ( for Windows ) "macmil02.htm" for Windows 2014/05/03 ●●● copy \bc\vimrc.win C:\"Documents and Settings"\mac\.vimrc ●●● ( copy \bc\vimrc.ce64 C:\"Documents and Settings"\mac\.vimrc ) ●●● ( copy \vim\vimrc-74-51.ut8 C:\"Documents and Settings"\mac\.vimrc )
cp /sdcard/Dwonload/term/android.vimrc /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/.vimrc
cp /sdcard/Dwonload/term/android.vimrc /data/data/jackpal.androidterm/kbox2/home/kbox/.vimrc

●●●●●● set enc=utf-8 が必要
#9 当方専用メモ)
▼ KCM for 日本語106/109キーボード ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ ) 便利です
	"input Devices for Japanese"
	/data/app/jp.tadnak25.inputdevice4j.apk を、
	\d\kindle\term\kcm-key.apk
▼ ELECOM Keyboard layout ( Nexus 7 OK, GALAXY Note3 ダメ )
	/data/app/jp.co.elecom.android.keyboardlayout.apk を、
	"\d\kindle\term\elecom_key.apk"
を、インストール
例) Nexus7, 10
    「設定」→「言語と入力」で、選択するのだが、
    物理キーボードを接続しないと、
    設定画面に、物理キーボード がでないので、注意のこと
#10 当方専用メモ)
▼ Kindle Fire HD, HDX 7, HDX 8.9 で、文字入力ずれる
web で、対策があったので、当方、Linux で使用している、font を入れ、OK

文字の入力位置が20文字位い右にずれて表示。確定で、プロントの横に表示される
/sdcard/fonts/ に、 VLゴシック 入れ、OK
http://sourceforge.jp/projects/vlgothic/downloads/58961/VLGothic-20130607.zip/
上記から、VLGothic-20130607.zip をダウンロード。
当方、vl130607.ttfで、使用。

/sdcard/fonts/ に、 VLゴシック 入れ、OK
/sdcard/fonts/vl130607.ttf
として、
AndroidTerm の、「設定」→「フォントファイル」で、
vl130607.ttf
を選択する。
#11 当方専用メモ) 2014/05/08
▼ ssh scp ( root権限必要 )
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=767433
dropbear.zip
2010/08/27
  "\d\kindle\term\ssh\dropbear
  "\d\kindle\term\ssh\dropbearkey
  "\d\kindle\term\ssh\scp
  "\d\kindle\term\ssh\sftp-server
  "\d\kindle\term\ssh\shh
$ cp /sdcard/Download/term/ssh/ssh /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/
$ cp /sdcard/Download/term/ssh/scp /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/
$ chmod 755 /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/ssh
$ chmod 755 /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/scp
Usage: ssh [options] [user@]host[/port][,[user@]host/port],...] [command] ● scp を使う
root権限必要
$ su
# mkdir -p /data/data/com.teslacoilsw.quicksshd/dropbear
# chmod 777 /data/data/com.teslacoilsw.quicksshd/dropbear
# exit
$ cp /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/ssh /data/data/com.teslacoilsw.quicksshd/dropbear/

$ scp xxx@yyy.co.jp:/usr/zzz/aaa8 aaa10
$ scp aaa10 xxx@yyy.co.jp:/usr/zzz
root権限無しは、kbox で使う場合
$ kbox
$ mkdir -p /data/data/com.teslacoilsw.quicksshd/dropbear
$ cp /android_root/data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/ssh /data/data/com.teslacoilsw.quicksshd/dropbear/
注) 以下の VX ConnectBot で、ssh, scp 実施した方が、簡単。 ( 当方は、AndroidTerm の、Vim で、ssh, scp を使いたいので、上記の方法利用 )
▼ VX ConnectBot ( ssh, scp )
VX Connectbot で scp 使える
Connectbot と競合している
scp の使い方
接続後に画面をタップし、
メニューから
  Upload file
  Download file
を選ぶ。

download は、/sdcard/ に、書き込む

TABキーは、Ctrl+i
ESCキーは、Ctrl+[

参考) 通常、Linux の場合。
scp aaa10 xxx@yyy.co.jp:/usr/zzz
scp xxx@yyy.co.jp:/usr/zzz/aaa8 aaa10
#12 当方専用メモ) 2014/05/09
▼ bash ( root権限必要 )
http://ameblo.jp/arthuroid/entry-11302998634.html
bash
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=537827
bash
	\d\kindle\term\bash
( root権限必要 )
$ cp /sdcard/Download/term/bash /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/
$ cd /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/
$ chmod 755 bash
( bash dirad.bat の様に使用するには、root権限必要無し )
$ su
( root権限必要 )
# mount -o remount,rw /system
# cp /data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/bash /system/bin/
# cd /system/bin
# chmod 0755 bash
( # cp sh sh.org )
# mv sh sh0
# ln -s bash sh

当方は、ついでに、.vimrc も
# mount -o remount,rw /
# cp /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/.vimrc /
# exit

( alias dirad='bash $HOME/dirad.bat' 用 )
$ cp /sdcard/Download/term/dirad.bat /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/
$ chmod 777 /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/dirad.bat
$ cp /sdcard/Download/term/dirad2.bat /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/
$ chmod 777 /data/data/jackpal.androidterm/app_HOME/dirad2.bat
( dirad2.bat 先頭を #!/data/data/jackpal.androidterm/usr/bin/bash にしてある )
============================================================== ==============================================================
当方専用メモ)
2013/09/03
uuuuuuuaaaaaaaaa
-------------------------------------------------------
● 1440x1056
iPad 1.45
1980x1080 1.00
1280x800 0.68 (  979x718 )
1280x800 0.70 ( 1008x739 )

● 1440x1056
1600x1200 1.10 ( 1584x1161 )

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2013/09/03 kiyo 2400x1760 → 1440x1056
●●● Adobe Photoshop Elements 5.0
複数ファイルをバッチ処理
自動変換 2400x1760 → 1440x1056
1440pixel 150dpi JPEG-低画質(高圧縮率) シャープにチェック

\bc\hp\dat5(2400x1760) → \bc\hp\dat55(1440x1056)

●●● Caesium 1.6.1 ( pc37 )
\d\kiyocae3.cpf
● 1440x1056
品質 48 リサイズ 無し
\bc\hp\dat55(1440x1056) → \bc\hp\dat4(1440x1056)

-------------------------------------------------------
●●● caesium-1.6.1-win.exe

http://all-freesoft.net/image7/encode/caesium/caesium.html
Caesium 1.6.1 ( pc37 )

http://sourceforge.net/projects/caesium/files/latest/download
\d\caesium-1.6.1-win.exe
● 日本語にするには
Tools
Settings
Language
Japan
再起動

当方、test
k01-1001.jpg
k01-6128.jpg
k01-6129.jpg

品質 80% は、増えるものあるので、ダメ
比率 +8 ~ -25%

品質 60%
比率 -14 ~ -42%

品質 50% でも、なんとか使えそう。 ( 40% の方が、いいのでは??? )
比率 -23 ~ -47%

品質 40% でも、なんとか使えそう。
比率 -44 ~ -55%

2013/09/03 kiyo 2400x1760 → 1440x1056
●●● Adobe Photoshop Elements 5.0
複数ファイルをバッチ処理
自動変換 2400x1760 → 1440x1056
1440pixel 150dpi JPEG-低画質(高圧縮率) シャープにチェック

縦画像は、別に処理すること。
\bc\hp\dat5tate

\bc\hp\dat5(2400x1760) → \bc\hp\dat55(1440x1056)

●●● Caesium 1.6.1 ( pc37 )
\d\kiyocae3.cpf
● 1440x1056
品質 48 リサイズ 無し
\bc\hp\dat55(1440x1056) → \bc\hp\dat4(1440x1056)
-------------------------------------------------------
==============================================================

★ かってに 雑多4 (続き3)へ * Freely misc4. (it continues, 3) to


★ かってに 雑多5 (続き4)へ * Freely misc5. (it continues, 4) to


★ かってに Android1 (続き0)へ * Freely Android1. (it continues, 0) to


★ かってに Android2 (続き1)へ * Freely Android2. (it continues, 1) to


★ かってに Android3 (続き2)へ * Freely Android3. (it continues, 2) to


★ かってに Android4 (続き2)へ * Freely Android4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに 雑多(単位)ヘ、戻る * Freely misc. to




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2017 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る