フェドーラ・コア 1 のリリースノート

著作権表示 (C) 2003年 レッドハット社

 ここにある文書を複製したり改変することを、フリー・ソフトウェア・ファウンデーションが定めたGNUフリーライセンス 1.2版あるいはそれ以降の版に基づいて許可します。ただし、変更することを認めない部分および前付けや後付の部分は除かれます。このライセンスの原文の写しは http://www.gnu.org/licenses/fdl.html. で入手できます。

 この文書は、いかなる媒体で複製され配布することを許可しますが、それはGNU自由文書配布ライセンス(GFDL)や当該の著作権表示、ライセンスの中で、GFDLが複製物全てに適応されるものであって、さらに(余分な)条件を加えることは一切認めません。

 レッドハット社およびレッドハット・ネットワーク、レッドハット社の "Shadow Man" ロゴ、RPMMaximum RPMRPMのロゴ、Linux Library, PowerTools, Linux Undercover, RHmember, RHmember More, Rough Cuts, Rawhide およびレッドハット社に関連する一切の商標やロゴは、レッドハット社の商標もしくはアメリカ合衆国・その他諸国における登録商標です。

Linux は、Linus Torvalds 氏の登録商標です。

Motif and UNIX are registered trademarks of The Open Group.(以下同様のため、訳は省略します。)

Intel and Pentium are registered trademarks of Intel Corporation. Itanium and Celeron are trademarks of Intel Corporation.

AMD, AMD Athlon, AMD Duron, and AMD K6 are trademarks of Advanced Micro Devices, Inc.

Windows is a registered trademark of Microsoft Corporation.

SSH and Secure Shell are trademarks of SSH Communications Security, Inc.

FireWire is a trademark of Apple Computer Corporation.

All other trademarks and copyrights referred to are the property of their respective owners.

The GPG fingerprint of the "Fedora Project <fedora@redhat.com>" key is:

CA B4 4B 99 6F 27 74 4E 86 12 7C DF B4 42 69 D0 4F 2A 6F D2




フェドーラ・プロジェクトについて

 フェドーラ・プロジェクトは、レッドハット社が支援し、コミュニティが中心となるオープンなプロジェクトです。同時に、レッドハット社の製品開発に寄与する新技術開発の場でもあり得ます。ただ、これはレッドハット社の製品としてのサポートはありません。

 フェドーラ・プロジェクトの目的は、フリーなソフトウェアによって構築される、一個の完結した基本ソフトを完成するために、Linux コミュニティーと共同で取り組むことにあります。開発は公共の場で進められます。このプロジェクトでは、予め公表されたリリース計画に従がい、一年に2~3回の割合で Fedora Core OS)を公開することにしています。レッドハット社の開発陣は、Fedora Core の開発に今後とも関与し、以前の Red Hat Linux 開発当時よりもさらに一層、部外者の協力を要請することにしています。こうしたオープンな手法を採ることで、基本ソフトの開発にフリーなソフトウェアの開発手法が取り込まれ、オープンソースで開発しているコミュニティへ一層働きかけられることを望んでいます。

さらに詳しい情報は、フェドーラ・プロジェクトのウェブサイトをご覧ください:

http://fedora.redhat.com/

上記のサイトのほか、次のメールリストも利用できます:

 こうしたメールリストからいずれかを購読する場合には、希望する分に対して「subscribe」と記して、電子メールを送付してください。(メールリストとは、上述しているうちのいずれかです。)

 注記:もし以前に rhl-list, rhl-beta-list, rhl-devel-list, or rhl-docs-list といったレッドハットのメールリストを購読したことがおありなら、購読は継続されます。

 フェドーラ・プロジェクトでは、IRC (Internet Relay Chat) も利用できます。IRC とは、文字主体のリアルタイムで利用できる通信手段です。この方法で、他の多数の人々と、あるいはひとり一人個別に連絡を取ることができます。

 フェドーラ・プロジェクトに関わっている他のメンバーと IRC で連絡を取るためには、freenode IRC network にアクセスしてください。まず、irc.freenode.net IRC サーバーとして使うことが出来ますが、もっとも身近にあるサーバーを選択することもできます。詳しくは、freenode のウェブワイト (http://www.freenode.net/) をご覧になってください。フェドーラ・プロジェクトに参加する方は、もっぱら fedora channelに参加することとなり、開発に携わる方は fedora-devel channel に参加することとなります。規模の大きなプロジェクトについては、個別の channel が割り当てられますが、これに関してはプロジェクトのページをご覧ください。

 注記:レッドハット社は、Fedora IRC channel に対して何ら関与しませんし、その中味についても同様です。

ハードウェアに関する要件

以下の情報は、 Fedora Core 1 のインストールを問題なく実行するために必要とされる、ハードウェアの最低要件です:

CPU:

 注記:次に述べる CPU の仕様は、インテル製プロセッサーの場合です。他のプロセッサー(たとえば、AMD CyrixVIA)など、インテル製と互換性があるか同等のものであれば、Fedora Core を利用することができます。

ハードディスクの空き容量(注記:ユーザーのデータに対しては、追加の容量が必要)

メモリー

 他のハードウェアのコンポーネント(たとえば、ビデオカードやネットワークカードなど)との互換性や利用可能性については、インストールの方法やインストール後の使用方法によります。

インストールに関連した注意事項

 この節は、(Fedora Core をインストールするためのプログラムである)アナコンダと Fedora Core 1 全般についての、インストール作業に関する重要な事項の概要です。

一般的な注意事項

この節では、インストール後の重要な事項について述べます。

Package Changesパッケージの変更点

The following packages have been added to Fedora Core 1: 以下のパッケージが Fedora Core 1 には追加されています。

- acpid ― Daemon for ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)

- apr ― Apache Portable Run-time libraries

- apr-util ― Utility library for Apache Portable Run-time

- aspell-en ― Word lists for English (including Canadian, British, and American)

- automake16 ― Automake 1.6 compatibility

- bitstream-vera-fonts ― High-quality fonts donated by Bitstream, Inc.

- bluez-bluefw ― Bluetooth firmware loader

- bluez-hcidump ― Bluetooth protocol analyzer

- bluez-pan ― Bluetooth Personal Area Networking support

- bluez-pin ― D-BUS aware PIN helper application for Bluetooth

- bluez-sdp ― Service Discovery Protocol libraries/utilities

- boost ― Peer-reviewed portable C++ libraries

- boost-jam ― Build tool based on FTJam

- brltty ― Provides braille terminal access to console

- dbus ― System-wide message bus

- devhelp ― API document browser

- dovecot ― IMAP/POP3 mail server

- dvd+rw-tools ― DVD+RW/+R (and DVD-RW/-R) media mastering utilities

- epiphany ― GNOME Web browser based on the Mozilla rendering engine

- fedora-logos ― Replacement for redhat-logos

- fedora-release ― Replacement for redhat-release

- fonts-arabic ― Arabic fonts

- freeglut ― Open source implementation of the GL Utility Toolkit (GLUT)

- freeradius ― Open source server supporting the RADIUS (Remote Authentication Dial-In User Service) authentication protocol

- fribidi ― Implementation of the Unicode BiDi algorithm

- fsh ― Fast command execution via ssh

- gcc32 ― Version 3.2.3 of GCC (used for building the kernel)

- gnome-bluetooth ― GNOME-based Bluetooth subsystem

- gnome-mag ― Magnification library for Assistive Technology Service Provider Interface (AT-SPI) applications

- gnome-pilot-conduits ― Additional conduits for PDAs running Palm OS®

- gnome-speech ― Text to speech

- gnopernicus ― Screen magnifier and reader

- gob2 ― Preprocessor for making glib objects

- gok ― Accessibility-related on-screen keyboard for GNOME

- gpdf ― GNOME-based PDF viewer

- gtkhtml3 ― Lightweight HTML engine

- gtksourceview ― Source code viewing library

- gtkspell ― Spell-checking interface library

- icon-slicer ― Icon and libXcursor theme generator

- libbtctl ― Library for GNOME Bluetooth subsystem

- libcroco ― CSS2 parsing and manipulation library

- libgal2 ― GNOME Application Library

- libgcrypt ― General-purpose cryptography library

- libieee1284 ― Library for communicating with parallel port-attached devices

- libmusicbrainz ― MusicBrainz client library

- libsoup ― HTTP library implementation

- libwpd ― Library for reading/converting WordPerfect® documents

- memtest86 ― Comprehensive standalone memory tester

- mozplugger ― Generic Mozilla plug-in

- nano ― A small and easy-to-use text editor

- neon ― HTTP and WebDAV client library

- openobex ― Implementation of the Object Exchange (OBEX) wireless data transfer protocol

- ots ― Text summary library

- quagga ― Fork of GNU Zebra route server

- redhat-config-boot ― Graphical boot loader configuration tool

- redhat-config-netboot ― Graphical network boot (using pxelinux) configuration tool

- rhgb ― Support for Red Hat graphical boot

- rhythmbox ― Music management application

- rpmdb-fedora ― Replacement for rpmdb-redhat

- run ― Similar to nice(1), but also allows setting of CPU affinity, scheduler type, etc.

- schedutils ― Utilities for manipulating process-scheduler-related attributes such as CPU affinity

- setarch ― Utility for setting architecture string returned by uname command

- sound-juicer ― CD ripping tool

- tzdata ― Timezone data files (split out of glibc-common)

- xemacs-sumo ― Useful Lisp packages for XEmacs; split out from xemacs for easier maintenance

- xterm ― Split from XFree86 for easier maintenance and updating

- yum ― Package maintenance/dependency resolving software

The following packages have been removed from Fedora Core 1: Fedore Core 1 では、以下のパッケージが省かれています。

- aspell-ca ― Removed at the request of its maintainer due to a questionable license

- aspell-it ― Removed due to a questionable license

- bonobo-activation ― Integrated into libbonobo

- dev86 ― No longer required to build any included software

- exmh ― Developer resource constraints

- fontilus ― Integrated into control-center

- galeon ― Replaced by epiphany (Galeon 1.2.<x> series no longer maintained)

- glut ― License-related issues

- gnome-lokkit ― Functionality integrated into Security Level Configuration Tool (redhat-config-securitylevel)

- hanterm-xf ― Not UTF-8 compatible

- jdkgcj ― Previously required for building OpenOffice.org; no longer needed

- kde2-compat ― No longer required

- librsvg ― No longer required

- libunicode ― No longer required

- LPRng ― CUPS is default printing solution

- php-manual ― License/size concerns

- pine ― Non-Open Source license and long-term maintenance concerns

- plugger ― Replaced by mozplugger

- postgresql72 ― No longer required

- pspell ― Replaced by aspell

- pxe ― Contains non-portable code (equivalent functionality can be achieved with dhcpd loading pxelinux)

- qt2 ― No longer required

- qtcups ― Obsoleted by kprinter

- redhat-logos ― Replaced by fedora-logos

- redhat-release ― Replaced by fedora-release

- redhat-switch-printer ― No longer required after removal of LPRng

- rpmdb-redhat ― Replaced by rpmdb-fedora

- soup ― Replaced by libsoup

- tripwire ― Developer resource constraints

- watanabe-vf ― Copyright issues

- zebra ― Replaced by the Quagga Software Routing Suite

The following packages have been deprecated, and may be removed from a future release of Fedora Core: 以下のパッケージは問題があるため、今後リリースされる Fedora Core には含まれない予定です。

- Glide3 ― Multi-platform issues

- lilo ― GRUB is the recommended bootloader

- mars-nwe ― No longer part of Fedora Core profile

- ncpfs ― No longer part of Fedora Core profile

- sndconfig ― No longer required by mainstream hardware

Kernel Notes

This section covers issues that are related to the Fedora Core 1 kernel.


Copyright © 2003 Red Hat, Inc. All rights reserved.
The Fedora Project is not a supported product of Red Hat, Inc.
Legal | Trademark Guidelines


原文 (Original)http://fedora.redhat.com/docs/release-notes/

翻訳 (Translation)www.h7.dion.ne.jp/~greens/ C)Copyrighted. 2003 All rights reserved.