[ 2016/03/28 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux4 (続き3) ☆☆☆
                        *** Freely Linux4. (it continues, 3) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
"かってに Linux4"
ここが、Fedora core4,5, core6, Fedora 7, Fedora 8 の、
インストール等の実践記録です。( DVD.iso ダウンロード等 )
( Fedora core4,5, core6, Fedora 7, 8 の、インストール等 )
● FC6 ivtv の検索や、
ivtv 入力 切り替え(切替) の検索できた方は
"かってに Linux7" が、ivtv 関連です   左記クリツク

● kterm + [ Anthy SCIM ( 日本語入力システム )] の検索できた方は
"かってに Linux3" が、kterm 関連です  左記クリツク
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora core2, core3, core4 で、インターネットへのアクセス速度が遅い
   DNS 検索、nslookup, dig で、3 sec 位かかる ( ここを、クリツク )
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F7, F-7) に名称変更
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ Fedora core 必要ハードウェアの最低要件 [ 開始 ] >>******* ● Fedora core3, core4 のインストール時の、ハードウェアの最低要件
CPU: ( インテル製と互換性があるか同等のもの )
ハードディスクの空き容量:(注記: ユーザーのデータ用は、別途必要)
 ◆ Fedora 9 ( Fedora 7, 8 )
プロセッサー
	テキストモードでの推奨環境: 200 MHz Pentium クラス以上。
	グラフィカルモードでの推奨環境: 400 MHz Pentium II 以上。
	テキストモードでの最小 RAM: 128MiB。
	グラフィカルモードでの最小 RAM: 192MiB。
	グラフィカルモードでの推奨 RAM: 256MiB。
	( MB= 1,000KB= 1,000,000byte,  MiB= 1024KiB= 1024x1024byte )

ハードディスク容量
	全パッケージでは 9 GB 以上のディスク領域を占拠。
	最終的な大きさはインストール時に選択した
	インストールスピンと、パッケージにより決まる。
	システムを正常に動作させるには少なくとも 5% の空き容量が必要。
      推奨)
	ハードディスク空き容量: 20GB以上
	メモリー: 384MB以上
メモリー テキストモード時の最小: 128MiB (Fedora core4 64MB) グラフィカルモード時の最小: 192MiB グラフィカルモード時の推奨: 256MiB (384MiB 以上ないと、swap が、発生) ( Fedora core6 以降は、グラフィカルモード時の、最低でも 384MB 以上ないと、 swap が、発生し、おすすめできない [ 2006/11/06 追加 ]) ◆ Fedora 16
プロセッサー
	テキストモードでの推奨環境: 200 MHz Pentium Pro 以上。
	グラフィカルモードでの推奨環境: 400 MHz Pentium Pro 以上。
	テキストモードでの最小 RAM: 640MiB。
	グラフィカルモードでの最小 RAM: 640MiB。
	グラフィカルモードでの推奨 RAM: 1152MiB。
	( MB= 1,000KB= 1,000,000byte,  MiB= 1024KiB= 1024x1024byte )

ハードディスク容量
      推奨)
	ハードディスク空き容量: 60GB以上
Fedora リリースノート ( Release Notes )
http://docs.fedoraproject.org/release-notes/

Fedora 11 リリースノート
参考)
Vistaの動作環境
最低環境は800MHz以上のCPU、
512MB以上のメモリ、
20GB以上のHDD、
SVGA(800x600)以上が表示できるビデオカード。
メモリが512MBに満たない場合は、インストールが停止する。
MS明朝 と MSゴシック
Windows Vistaでは、新JIS漢字(JIS X 0213:2004、JIS2004)を搭載
Windows XP (JIS90)
Windows XPの自動更新に不正ライセンス通知ツール WGA Notifications 2007/02/20 以降、WGANがリストに加わる。 一度インストールするとアンインストールできない。 ------------------------------- ● IME2007 ( JIS-2004 ) JIS X 0213:2004 (JIS2004) 第1,2,3,4水準漢字 Windows 7に標準搭載される全ての日本語 OpenType フォントが JIS2004 対応 JIS 第 1 および第 2 水準漢字 (JIS X 0208 に規定 6,355 文字) 1998 年には JIS 補助漢字 (JISX 0212 に規定されている 5,801 文字) を加えた 12,156 文字の漢字を標準フォントとして組み込む Windows Vista IME2007 Shift-JIS2004 に対応。 Shift_JIS-2004ではさらに、 第2面 (第4水準漢字) を収録するために、 第1バイト 0xF0から 0xFCまでの範囲を用いる。 2面で、区番号が 1, 3, 4, 5, 8, 12, 13, 14, 15 のときは、 第1バイトは (区番号 + 0x1DF) ÷ 2 ‐ (区番号 ÷ 8) x 3 となる。 区番号が 78から 94までのときは、 第1バイトは (区番号 + 0x19B) ÷ 2 となる。 こうしてJIS X 0213の 11,233文字全てを2バイトで表現する。
*******<< ★ Fedora core 必要ハードウェアの最低要件 [ 終了 ] >>******* ============================================================== ==============================================================
参考)
● Fedora core4, 5, core6 (Linux) で 無線LANを使用する( ndiswrapper )
   ★ かってに ndiswrapper で 無線LAN を参照のこと。
    デスクトップ・パソコンに、I-O DATA WN-OP/PCI (WN-OP/PCI2) を付け、
	メルコ(buffalo) WLI-CB-G54 ( Broadcom BCM4306 )
	I-O DATA WN-G54/CB ( Intersil ISL3890 )
CF-A2,A3, CF-T2 と、Fedora core5 で 無線LANを使用中( ndiswrapper )
   上記の、デスクトップ・パソコンに、I-O DATA WN-OP/PCI (WN-OP/PCI2) 又は、
	メルコ(buffalo) WLI-CB-G54 ( Broadcom BCM4306 ) と
   同じ方法で、CF-A2 でも、利用可能 ( 現在使用中 ) ノート用無線LAN
   CF-A2, CF-R3 は、★ かってに Let'note を参照のこと。
● Fedora core4 で、CF-R3 の、無線LAN ( ipw2200 ) を使う ★ かってに Let'note(Panasonic CF-R3) を参照のこと。 Intel PRO/Wireless 2100/2200BG ( ipw2100, ipw2200 ) ● Fedora core5, core6 で、CF-T2 の、無線LAN ( ipw2200 ) を使う ★ かってに Let'note(Panasonic CF-T2) を参照のこと。
============================================================== ============================================================== *******<< ★ Fedora core の、インストールCD 作成方法 [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更

2007/11/08  Fedora 8 が、ダウンロード可能になった。
         この場を借りて、関係各位等々へ
   Linuxの普及を願いつつ、感謝し、エールを送ります。

ISOイメージの、ダウンロード先(入手先) は、ずっと下の方にあります。
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6) ( インストールの経緯(update方法)を、日々更新・掲載中。)
● Fedora core4, 5, core6, ( Fedora 7, 8 は、DVDのみ )
    ISOイメージの、インストール CD作成方法 ( 直接、CD作成方法へ )
● Fedora core4, 5, core6, Fedora 7, 8 の、
   "ISOイメージの、インストール DVD作成方法" は、下記をクリックして下さい。
 ( /usr/bin/growisofs (dvd+rw-tools) による
   DVD-R, -RW, +R, +RW への、ISOイメージ書込み )
Fedora 6 Fedora 7,8 ブートDVD の作成の例 ( ここを、クリック )
Fedora core6, Fedora 7, Fedora 8 の、
 ダウンロードと、インストール(構築)、問題点等 開始
 ◆ Fedora core の、ISOイメージの、ダウンロード先(入手先)
Feodar 7, 14, 15, test の、どれかを、ダウンロードする場合の、
ダウンロード先。
Fedora core6 は、core を、
Fedora 7, 14, Fedora 15 は、releases を、
アップデートは、updates を、選択すること。 
又は、core/updates を、選択すること。 
( サイトによって異なる )
F??-i386-DVD.iso [ DVD版 ] の、 直接のダウンロード先は、もっと下の方に掲載してあります )
http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/ (ミラーサイト)ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/ (2Gbps)http://ftp-stud.hs-esslingen.de/pub/fedora/linux/ (1Gbps)http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/ http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/
ex) 上記から、Fedora core3, 4, 5, 6, Fedora 7, test
	を、好みに応じて、ダウンロード

	Fedora core3 の場合は、MD5SUM で、確認。
	# /usr/bin/md5sum FC3-i386-disc1.iso
		db8c7254beeb4f6b891d1ed3f689b412  FC3-i386-disc1.iso

	Fedora core4 以降は、MD5SUM が、sha1sum に、変更された。
 ( FC4  kernel 2.6.11, KDE 3.4 )
 ( FC5  kernel 2.6.15 )
 ( FC6  kernel 2.6.18 )
 ( F-7  kernel 2.6.21 )
 ( F-8  kernel 2.6.23 )
 ( F-9  kernel 2.6.25 )
 ( F-10 kernel 2.6.27 )
直接 Fedora 7 又は、Fedora 8 を、
ダウンロードする場合の、ダウンロード先。
注) リリース直前は、アクセスできなくなる事があります。
    ( その際は、上記で確認のこと )
下記が、Fedora 16 の、
F-16-i386-DVD.iso ダウンロード先(ミラーサイト)
[ 2011/11/12 OK ] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/releases/16/Fedora/i386/iso/
Fedora-16-i386-DVD.iso 03-Nov-2011 12:18 3.5G
af7f172962ab47748914edb7c4d30565d23b4cf21f3bc4b7e3cd770b384d9a75 *Fedora-16-i386-DVD.iso
ダウンロード後、 $ /usr/bin/sha256sum Fedora-16-i386-DVD.iso を、実施し、 下記の様に、数値が、合っていれば、OK af7f172962ab47748914edb7c4d30565d23b4cf21f3bc4b7e3cd770b384d9a75 *Fedora-16-i386-DVD.iso
Fedora 16 注意点)
kernel 2.6 から、3.1.0-7.fc16.i686.PAE
grub から、grub2 に。
/usr/sbin/ntpd → /usr/bin/chronyc

/etc/login.defs
UID_MIN                   500
GID_MIN                   500
一般ユーザーの UID と GID の値は 1000 から。
Fedora 15 までは 500 から
下記が、Fedora 15 の、
F-15-i386-DVD.iso ダウンロード先(ミラーサイト)
[ 2011/05/25 OK ] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/releases/15/Fedora/i386/iso/
Fedora-15-i386-DVD.iso 14-May-2011 04:59 3.4G
06c22c9774cb0b5848c7f6253963bef96ecf84f7a9f4e9a141b0152d23f16261 *Fedora-15-i386-DVD.iso
ダウンロード後、 $ /usr/bin/sha256sum Fedora-15-i386-DVD.iso を、実施し、 下記の様に、数値が、合っていれば、OK 06c22c9774cb0b5848c7f6253963bef96ecf84f7a9f4e9a141b0152d23f16261 *Fedora-15-i386-DVD.iso
下記が、Fedora 14 の、
F-14-i386-DVD.iso ダウンロード先(ミラーサイト)
[ 2010/11/17 OK ] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/releases/14/Fedora/i386/iso/
Fedora-14-i386-DVD.iso 22-Oct-2010 03:22 3.3G
32b1a248c0036f1617bea2995ca5ce035e24deca730f25a25c18705128fe941a *Fedora-14-i386-DVD.iso
注) チェックは、sha1sum ではなく、sha256sum になった
ダウンロード後、 $ /usr/bin/sha256sum Fedora-14-i386-DVD.iso を、実施し、 下記の様に、数値が、合っていれば、OK 32b1a248c0036f1617bea2995ca5ce035e24deca730f25a25c18705128fe941a *Fedora-14-i386-DVD.iso
下記が、Fedora 13 の、
F-13-i386-DVD.iso ダウンロード先(ミラーサイト)
[ 2010/05/26 OK ] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/releases/13/Fedora/i386/iso/
Fedora-13-i386-DVD.iso 13-May-2010 10:04 3.1G
e499f393898231b2c49f176cc852c119b28fa0c60198d159a4c9a585c95fe0c3 *Fedora-13-i386-DVD.iso
注) チェックは、sha1sum ではなく、sha256sum になった
ダウンロード後、 $ /usr/bin/sha256sum Fedora-13-i386-DVD.iso を、実施し、 下記の様に、数値が、合っていれば、OK e499f393898231b2c49f176cc852c119b28fa0c60198d159a4c9a585c95fe0c3 *Fedora-13-i386-DVD.iso
下記が、Fedora 7 の、
F-7-i386-DVD.iso ダウンロード先(ミラーサイト)
( 2009/04/13現在 ダウンロードできなくなった )
[ 2007/06/01 現在 OK ] http://ftp-stud.hs-esslingen.de/pub/fedora/linux/releases/7/Fedora/i386/iso/ [ 2007/06/01 現在 OK ] ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/releases/7/Fedora/i386/iso [ 2007/06/01 現在 OK ] http://sunsite.mff.cuni.cz/MIRRORS/fedora.redhat.com/linux/releases/7/Fedora/i386/iso/
Fedora 7 正式版
F-7-i386-DVD.iso        27-May-2007 16:42  2.7G
96b13dbbc9f3bc569ddad9745f64b9cdb43ea9ae  F-7-i386-DVD.iso
ダウンロード後、 $ /usr/bin/sha1sum F-7-i386-DVD.iso を、実施し、 下記の様に、数値が、合っていれば、OK 96b13dbbc9f3bc569ddad9745f64b9cdb43ea9ae F-7-i386-DVD.iso
Fedora 7 から、Fedora core7 でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora 7 から、core と、extras の両方管理するようになり、
名称から、core がなくなったとのこと。

1) デスクトップ/開発ワークステーション/サーバ用途の「Prime」
	ここの、HP で説明するのは、Prime です。
	( ゲームに、gnome-sudoku "数独" が、加わった )

2) デスクトップ環境向けにLive-CDの形で配布する「Live」
	一枚のCDから Fedora 7 が起動できるというもの。

3) ソースコード(SRPM)の「source」に分類された。
Fedora 7 から、
ide diskドライバから、libata を使ったドライバに移行
IDE HD が 、
/dev/hd? ( /dev/hdX    ex. hda, hdb, hdc ... ) から、
/dev/sd? ( /dev/sdX    ex. sda, sdb, sdc ... ) に変更された
Fedora core6 まで。 /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/ide /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/scsi Fedora 7 /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/ata /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/scsi 新しく採用されたIDEドライバの仕様により、 IDEデバイスファイルが従来の /dev/hd? ( /dev/hdX ex. hda, hdb, hdc ... ) から、 /dev/sd? ( /dev/sdX ex. sda, sdb, sdc ... ) に変更された プログラムから見ると、利用できるioctlが違ったり、 問題が発生する可能性がある さらに、利用できるパーティションの数が ide diskは 64 なのに scsiは 16 と少なくなるとのこと。 参考) http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2006/watch09a.html IDEハードディスクが「/dev/hda」ではなくなる日
KDE で、セッションロック(画面ロック) の
有効、解除(無効) 方法" へはここを、クリック
Fedora 7 で、man を使用すると、
下記エラーとなり、使用できない。
sh: /usr/bin/lv: そのようなファイルやディレクトリはありません
対策は、ここをクリック
Fedora 7 の、KDE で、euc(EUC) に、設定すると、
"管理"等の、system-config-???? 等が、
スーパーユーザーの、問合せ画面が、出ない為、
利用できない。
対策は、ここをクリック
Fedora 7 で、atd を利用すると、
atd を、一度、実施すると、atd が停止する。
対策は、ここをクリック
Fedora core5, 6, Fedora 7 では、kterm が、kinput2 不要で、
日本語入力システムの、
SCIM + Anthy で、漢字(euc)が使える
● Fedora core test1 アップデート ( yum ) の、参考例
   ( ネットワークの設定が、OKで、インターネットが使用できること
      # nslookup canon.jp 等、ドメイン検索ができること )
   /etc/yum.conf の、編集
	( もし、カーネルパッケージをyumでインストールしたくなければ、
	  exclude=kernel*   # kernel の自動アップデートはしない。
	  を/etc/yum.confに追記 [ kernel 除く ] )
# vi /etc/yum.conf
[main]
cachedir=/var/cache/yum
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=redhat-release
tolerant=1
exactarch=1
retries=20
### obsoletes=1
### gpgcheck=1

### もし、カーネルパッケージを yumでインストールしたくなければ、
### 下記、# を はずすこと [ kernel 除く ]
# exclude=kernel*   # kernel の自動アップデートはしない。

[development]
name=Fedora Core $releasever - Development Tree
### baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/development/$basearch/
### baseurl=ftp://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/fedora/core/development/$basearch/
baseurl=ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/development/$basearch/
上記ミラーサイトで、エラーがでる時は、( 2005/04/09 当方では、エラーとなる ) baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/development/$basearch/ ### baseurl=ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/development/$basearch/ に変更して実施。( 時間が、かかるが.....) 上記の編集の後、yum check-update, yum -y update を実施。 # /usr/bin/yum check-update # /usr/bin/yum -y update [ 注) 上記で、2.6.11-1.1369_FC4 にならない時、 # /usr/bin/yum install gcc ・カーネルの、バージョンアップ ] # /usr/bin/yum install kernel # /usr/bin/yum install kernel-devel
# /usr/bin/yum -y update で、
GPGKey エラーが、でる場合。
GPGkey を登録。

( Fedora core3 の、場合 )
( # rpm --import /usr/share/doc/fedora-release-3/RPM-GPG-KEY-fedora )

( Fedora core4 の、場合 )
# rpm --import /usr/share/doc/fedora-release-4/RPM-GPG-KEY-fedora
# /usr/bin/yum install gcc
# /usr/bin/yum install kernel

注) Fedora core4 test1 の、場合 /etc/yum.conf
### gpgcheck=1
としないと、GPGkey を登録しても、install できなかった。

 ( user での設定 )
$ /usr/bin/kcontrol
 ( root での設定 )
$ su
# /usr/bin/kcontrol
( メニューに、無いので、
  手動で立上、KDE コントロールセンター で、各種設定 )
# /usr/bin/gdmsetup
( ログイン画面 )
# /usr/bin/konsole
( 端末  Gothic[Shinonome] 11, 80x25)
● 端末 konsole の、設定 ( 日本語表示用 ) へ常時、EUC 漢字に設定(UTF-8を選択する人は、kterm 不可)
で、画面が、英語モードから、日本語モードになる。

● 下記の、LANG の設定で、日本語表示となる
# vi /etc/sysconfig/i18n
UTF-8 の場合
	LANG="ja_JP.UTF-8"
	SUPPORTED="ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
EUC の場合
	LANG="ja_JP.eucJP"
	SUPPORTED="ja_JP.eucJP:ja_JP:ja"

	参考)	LANG="ja_JP.euc-JP" 
		LANG="ja_JP.UTF-8"
		LANG="en_US"
参考) yumを使って
不要のカーネルパッケージをアンインストールする
( 間違っても、現在の、カーネル [ kernel ] をアンインストールしないこと。
  $ uname -r で、現在の、カーネルの、バージョンを確認し、
  これは、削除しないこと。 )
# cp -p /etc/gurb.conf /etc/grub.conf.bak
# /usr/bin/yum remove kernel-2.6.11-?.????_FC4
  ( kernel-2.6.11-?.????_FC4 は、それぞれによる )
● Error: Missing Dependency:
	libjawt.so.6 is needed by package openoffice.org-core
上記エラーが出て、他の、update もできない時。 ◆yumで、一部の updateをしない方法 ( ここを、クリツク ) ( yumで、アップデートしたくないものを指定する ) ( /etc/yum.conf の中で、exclude で、指定 )
各種メモ
注) kernel-2.6.spec, kernel-2.6.rpm は、
    kernel の、バージョンによって異なる。
# rpm -ivh kernel-2.6.src.rpm
  [ -bb  -->  ????.rpm(binary) のみ作成(build) ]
# cd /usr/src/redhat/
# rpmbuild -bb --target i686 SPECS/kernel-2.6.spec
(# rpmbuild -ba --target i686 SPECS/kernel-2.6.spec [src.rpm + rpm ])
(# rpmbuild -bs --target i686 SPECS/kernel-2.6.spec [src.rpm(source)])
( RPMのバージョン4 以降から、RPMパッケージを構築する場合、
  rpm ではなく、rpmbuild コマンドを使用 )
又は、( 当方は、下記の方法を利用している )
# rpmbuild --rebuild --target i686 kernel-2.6.src.rpm
( --target i686 は、システムのより、i386, i586 等に変更のこと )
注) kernel-develが、インストールされていること。
# rpm -qa | grep kernel-devel インストールされていない場合、(kernel と同じバージョン) /usr/src/redhat 以下に、必要なファイルが作成されないので、 kernel-develを、インストールすること。
------------------------------------------------------- /lib/modules/<カーネルバージョン>/build /lib/modules/{kernel-version}/build /lib/modules/$(shell uname -r)/build ------------------------------------------------------- ivtv $ cd /usr/local/src/ivtv/ivtv-0.2.0-rc3e-paken/driver ( Fedora core4 ) $ vi Makefile2.6 # KDIR := /lib/modules/$(shell uname -r)/build KDIR := /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.11/linux-2.6.11/
  参考) ランレベル
    0 ステム停止(halt)
    1 シングルユーザーモード  [ # /sbin/init 1 ]
    2 マルチユーザーモード(テキストログイン、ネットワーク機能なし)
    3 マルチユーザーモード(テキストログイン、フル機能) [ # /sbin/init 3 ]
    4 未使用(特殊な用途)
    5 マルチユーザーモード(グラフィカルログイン、フル機能) [ # /sbin/init 5 ]
    6 再起動(reboot)

    $ su
    # vi /etc/inittab に記述されています。
        id:3:initdefault: [ テキストログイン ]
        又は、
        id:5:initdefault: [ グラフィカルログイン ]
★ かってに GV-MVP/RX2 で録画(予約)( ivtv利用 ) の、tuner.c に関連して。
 ◆ 参考) Fedora core4 test1 の、tuner.c に関して。[ 2005/03/27 ]

FC4-test1-i386-SRPMS-disc3.iso を、ダウンロードし、
その、中の SRPMS/kernel-2.6.11-1.1177_FC4.src.rpm を使用し、
( 注) 2.6.11-1.1177_FC4 は、それぞれによる )

● ソースRPMを展開
CD-ROM マウント位置に移動。
# rpm -ivh SRPMS/kernel-2.6.11-1.1177_FC4.src.rpm
( # ls /usr/src/redhat/SOURCES/linux-2.6.11.tar.bz2 )
# cd /usr/src/redhat/SOURCES/
# tar -jxvf linux-2.6.11.tar.bz2
# vi /usr/src/redhat/SOURCES/linux-2.6.11/drivers/media/video/tuner.c
	{ "Microtune 4049 FM5",Microtune,PAL,
	  16*141.00,16*464.00,0xa0,0x90,0x30,0x8e,623},
	{ "Panasonic VP27s/ENGE4324D", Panasonic, NTSC,
	  16*160.00,16*454.00,0x01,0x02,0x08,0xce,940},
    [ tuner=46  Panasonic VP27s/ENGE4324D で使用できる感じである ]
当方では、( GV-MVP/RX2 ( GV-MVP/RX2W ) 変更済みの tuner.c へ )にて、 tuner=46 に、追加していたが、Fedora core4 test1 でも、同じ感じである。
 ◆ /usr/bin/cdrecord による ISOイメージのインストール CD作成
・Fedora core の、ISOイメージの、ダウンロード で、説明した、
  CD-ROM ISOイメージ を、ダウンロードしておくこと。

cdrecord から IDE の CD-R/RW を利用する場合、
SCSIエミュレーションを有効にする必要がある。

GRUBでide-scsiエミュレーション用Optionをkernelに渡して起動する方法

ただし、kernel-2.6を利用している場合は、
ide-scsiエミュレーションを設定する必要はないし、
kernel-2.6でide-scsiエミュレーションを利用したCD-R作成は推奨されてない。

ide-scsi エミュレーションを有効にする(kernel-2.4)
例) CD-R/RW が /dev/hdc の場合
# vi /etc/grub.conf ( /boot/grub/grub.conf )
    title Red Hat Linux (2.4.18-14)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.4.18-14 ro root=LABEL=/ hdc=ide-scsi
        initrd /initrd-2.4.18-14.img

* hdc=ide-scsi を追加する。
CD-R/RW ドライブが割り当てられているSCISのデバイス番号を調べる(kernel-2.4) 次に、CD-R/RWドライブが割り当てられているSCISのデバイス番号を調べる
# cdrecord -scanbus
中略)
Linux sg driver version: 3.5.27
Using libscg version 'schily-0.8'.
scsibus1:
        1,0,0   100) 'RICOH   ' 'DVD+RW MP5240   ' '1.19' Removable CD-ROM
        1,1,0   101) *
この結果から、CD-R/RWドライブのSCSIデバイス番号が、1,0,0である。 ◆ kernel-2.4 で、CD-R に ISOイメージを焼く ( speed は、CD-R/RW による )
# /usr/bin/cdrecord -v speed=4 dev=1,0,0 -eject FC3-i386-disc1.iso
◆ kernel-2.6 で、CD-R に ISOイメージを焼く ( speed は、CD-R/RW による )
# /usr/bin/cdrecord -v speed=4 dev=/dev/hdc -eject FC3-i386-disc1.iso
# /usr/bin/cdrecord -v speed=24 dev=/dev/hdc -eject FC-5-i386-disc1.iso
◆ kernel-2.6 で、USB接続の CD-R に ISOイメージを焼く ( speed は、CD-R/RW による )
# /usr/bin/cdrecord -v speed=4 dev=/dev/scd0 -eject FC5-test1-i386-disc1.iso
* /dev/hdc, /dev/scd0 は CD-R/Wのデバイスファイル(dmesg で自分の環境にあわせて設定) ( # vi /etc/fstab の中身を確認のこと ) CDへの書き込みが終了すれば、インストール(ブータブル)CDの出来上がり。 ◆ ISOイメージをばらして好きな所にマウントする事も可能。 例えば、/mnt2にマウントする場合
# mount -t iso9660 -o loop FC3-i386-disc1.iso /mnt2
/mnt2 以下に FC3-i386-disc1.isoの中身が展開されマウントされる。
● ISOイメージの、インストール DVD作成方法 
 ( /usr/bin/growisofs (dvd+rw-tools) による
   DVD-R, -RW, +R, +RW への、ISOイメージ書込み )

Fedora core4, 5, 6 ブートDVD の作成の例 ( ここを、クリック )
*******<< ★ Fedora core の、インストールCD 作成方法 [ 終了 ] >>******* ============================================================== ============================================================== *******<< ★ Fedora core3,4,5,6 Fedora 7,8 起動時のバー表示を止める [ 開始 ] >>*******
● Fedora core3, 4, 5, 6, Fedora 7、起動時のバー表示で、起動方式を、
  (Fedora core2)
   RedHatみたいに、テキスト表示で経過を表示する。

/boot/grub/grub.confのなかの、"rhgb quiet"を消す

title Fedora Core (2.6.5-1.358)
	root (hd0,0)
	kernel /vmlinuz-2.6.5-1.358 ro root=LABEL=/ rhgb quiet
	initrd /initrd-2.6.5-1.358.img
変更後
title Fedora Core (2.6.5-1.358)
	root (hd0,0)
	kernel /vmlinuz-2.6.5-1.358 ro root=LABEL=/
	initrd /initrd-2.6.5-1.358.img
好みで、下記も、コメント化し、メニューを表示する。
### hiddenmenu
*******<< ★ Fedora core3,4,5,6, Fedora 7,8 起動時のバー表示を止める [ 終了 ] >>******* ==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2016 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る