[ 2013/06/19 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux15 (続き14) ☆☆☆
                       *** Freely Linux15. (it continues, 14) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ かってに dvdauthor [ 開始 ] >>*******
2008/01/04 改定
● Fedora core4, 5, 6, Fedora 7, 8 で dvdauthor
( /usr/local/src/dvd/ に、ダウンロード(download)の例 )
dvdauthor で、???.mpg ファイルに、通常の、???.mpg を指定すると、
	WARN: Skipping sector, waiting for first VOBU...
   となり、うまくいかない。
   ★ かってに  ivtv から、DVD-Video の作成を参照。
dvdauthor での、???.mpg ファイルは、 通常の、???.mpg を、???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離)の後、 多重化(映像のエリア + 音声のエリア)した ???.m2p を使用する。
◆ 下記、なけれは、作っておく。( 通常不要 )
$ su
# mkdir -p /usr/src/redhat/{BUILD,SOURCES,SPECS,RPMS,SRPMS}

( cd /usr/src/redhat/ )
( mkdir -p {BUILD,SOURCES,SPECS,SRPMS,RPMS/{i386,i486,i586,i686,athlon,noarch}} )
/usr/local/src/dvd にインストールする例
◆ 1) /usr/local/src/dvd を作成する。
$ su
# mkdir /usr/local/src/dvd
# chmod 777 /usr/local/src/dvd
# exit
◆ 2) libdvdread が必要な為、
      ダウンロード(download)する。
Fedora core4 の、libdvdread のダウンロード(download)先
http://ftp.riken.jp/Linux/freshrpms/fedora/linux/4/libdvdread/
libdvdread-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm
libdvdread-devel-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm
Fedora core6 の、libdvdread のダウンロード(download)先
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/6/i386/
libdvdread-0.9.7-2.fc6.i386.rpm
libdvdread-devel-0.9.7-2.fc6.i386.rpm  
Fedora 7 のダウンロード先
http://ftp-stud.hs-esslingen.de/pub/fedora/linux/releases/7/Everything/i386/os/Fedora/
libdvdread-0.9.7-2.fc7.i386.rpm
libdvdread-devel-0.9.7-2.fc7.i386.rpm
Fedora 8 のダウンロード先
http://ftp-stud.hs-esslingen.de/pub/fedora/linux/releases/8/Everything/i386/os/Packages/
libdvdread-0.9.7-3.fc8.i386.rpm
libdvdread-devel-0.9.7-3.fc8.i386.rpm 
$ cd /usr/local/src/dvd
各 Fedora 用の、 libdvdread libdvdread-devel を、上記を参考に、 を、/usr/local/src/dvd/ に、ダウンロード(download)する。
Fedora core4 用が、Fedora 5, 6, Fedora 7, Fedora 8 でも使用できるので、
Fedora core4 用を、ダウンロードしてもOK
◆ 3) libdvdread を、
      先にインストール(install)する
libdvdread を、インストール(install)する。
$ su
# cd /usr/local/src/dvd
# rpm -Uvh libdvdread*.rpm
◆ 4) dvdauthor を、ダウンロード(download)する。
dvdauthor の、ダウンロード先 http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=59028 上記より、
Release Notes 0.6.14 [show only this release]	2007-02-24 10:50
dvdauthor-0.6.14.tar.gz
を、/usr/local/src/dvd/ に、ダウンロード(download)する。
◆ 5) dvdauthor の、rpm ファイルの、作成
dvdauthor の、rpm ファイルを、作成する。
$ su
# cd /usr/local/src/dvd/

# cp -p dvdauthor-0.6.14.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/
# cd /usr/src/redhat/SOURCES/

# tar xvzf dvdauthor-0.6.14.tar.gz

# cp dvdauthor-0.6.14/dvdauthor.spec /usr/src/redhat/SPECS/

# cd /usr/src/redhat/
# rpmbuild -bb --clean --target i386 SPECS/dvdauthor.spec

# rm /usr/src/redhat/SOURCES/dvdauthor-0.6.14.tar.gz
# rm -rf /usr/src/redhat/SOURCES/dvdauthor-0.6.14

# cp -p /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm /usr/local/src/dvd/
# rm /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm
# rm /usr/src/redhat/SPECS/dvdauthor.spec

# chmod 666 /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm
# ls -al /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm

# cd /usr/local/src/dvd/
◆ 6) dvdauthor の、インストール(install)
dvdauthor を、インストール(install)する。
# cd /usr/local/src/dvd/
# rpm -Uvh /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm
◆ 7) 以上で、終了。 ( 下記は、参考の為、残しておきます )
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下記は、参考の為、残しておきます
dvdauthor-0.6.11.tar.gz の場合、
下記は、失敗しますので、ずっと下の方に、
別のやりかたを、バッチファイル形式にしてあります。
参考) 失敗の例 ◆ specファイルを含む tarballから RPMを作成する ( tar xvzf dvdauthor-0.6.11.tar.gz ではない ) $ su # rpmbuild -tb dvdauthor-0.6.11.tar.gz ( RPMのバージョン4 以降から、RPMパッケージを構築する場合、 rpm ではなく、rpmbuild コマンドを使用 ) # -tb RPMファイルのみ作成する # -ts SRPMファイルのみ作成する # -ta RPMファイルとSRPMファイルを作成する ( /usr/src/redhat/SPECS/ ) ( /usr/src/redhat/BUILD/dvdauthor-0.6.11 ) + cp -pr COPYING HISTORY INSTALL README TODO /var/tmp/dvdauthor-0.6.11-root/usr/share/doc/dvdauthor-0.6.11 cp: cannot stat `HISTORY': そのようなファイルやディレクトリはありません エラー: Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.69895 (%doc) Processing files: dvdauthor-debuginfo-0.6.11-1.4 Requires(rpmlib): rpmlib(CompressedFileNames) <= 3.0.4-1 rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 RPM build errors: Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.69895 (%doc) ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ dvdauthor-0.6.11.tar.gz の場合、 1) 〜 4) libdvdread の、後、 5) 以下は、下記を、使用する。
# makedvd.bat
◆ 上記で、失敗するので、
別のやりかたの、バッチファイル。
( Fedora core4 の例です )

$ su
# mkdir /usr/local/src/dvd
# chmod 777 /usr/local/src/dvd
となってること。

 1) libdvdread を、先にインストール(install)してあること。

 2) 大部上の方の、dvdauthor の、インストール(install)の箇所で、
	dvdauthor-0.6.11.tar.gz
    を、ダウンロード(download)済みのこと。
$ cd /usr/local/src/dvd/ $ tar xvzf dvdauthor-0.6.11.tar.gz $ cp dvdauthor-0.6.11/dvdauthor.spec dvdauthor.spec.fed4 $ vi dvdauthor.spec.fed4 line 54 の、"HISTORY," を削除する。"," も忘れずに。
%doc {COPYING,HISTORY,INSTALL,README,TODO}
| v
%doc {COPYING,INSTALL,README,TODO}
下記の、バッチファイルを、カット・アンド・ペーストで、 $ vi makedvd.bat を、作成する。 $ chmod +x makedvd.bat $ su # ./makedvd.bat # rpm -Uvh /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm 以上で、インストール終了(End of install)。 ◆ 下記が、バッチファイル。
#!/bin/bash
#  .ps20
# makedvd.bat
# ver 1.0
# jul. 9,2005
# jul. 9,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# for Linux
# chmod +x makedvd.bat

# usege: makedvd.bat



##### mkdir -p /usr/src/redhat/{BUILD,SOURCES,SPECS,RPMS,SRPMS}

# need su

#++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# 1) libdvdread
#
# $ su
# # mkdir /usr/local/src/dvd
# # chmod 777 /usr/local/src/dvd
#
# http://ftp.riken.jp/Linux/freshrpms/fedora/linux/4/libdvdread/
# 
# libdvdread-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm
# libdvdread-devel-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm


#++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# 2) dvdauthor
#
# http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=59028
# Release Notes 0.6.11 [show only this release] 2005-02-10 13:41
# dvdauthor-0.6.11.tar.gz


cd /usr/local/src/dvd/

cp -p dvdauthor-0.6.11.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/
cd /usr/src/redhat/SOURCES/

tar xvzf dvdauthor-0.6.11.tar.gz

# ( # cp /usr/src/redhat/SPECS/dvdauthor.spec /usr/local/src/dvd/dvdauthor.spec.fed4 )
# ( # vi /usr/local/src/dvd/dvdauthor.spec.fed4 )
# line 54
# %doc {COPYING,HISTORY,INSTALL,README,TODO}
#                |
#                v
# %doc {COPYING,INSTALL,README,TODO}
#
# cp: cannot stat `HISTORY': そのようなファイルやディレクトリはありません
# エラー: Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.69895 (%doc)
cp /usr/local/src/dvd/dvdauthor.spec.fed4 /usr/src/redhat/SPECS/dvdauthor.spec

cd /usr/src/redhat/
rpmbuild -bb --clean --target i386 SPECS/dvdauthor.spec
( RPMのバージョン4 以降から、RPMパッケージを構築する場合、
  rpm ではなく、rpmbuild コマンドを使用 )
# --clean
#	ソフトウェア構築作業時に使用したディレクトリを削除する
#	(通常、/usr/src/redhat/BUILD 以下のディレクトリ)

ls -al /usr/src/redhat/BUILD/

rm /usr/src/redhat/SOURCES/dvdauthor-0.6.11.tar.gz
rm -rf /usr/src/redhat/SOURCES/dvdauthor-0.6.11
ls -al /usr/src/redhat/SOURCES/

### ls -al /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm
cp -p /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm /usr/local/src/dvd/
rm /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm
rm /usr/src/redhat/SPECS/dvdauthor.spec

chmod 666 /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm
ls -al /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm

cd /usr/local/src/dvd/

### rpm -Uvh /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm


exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します

# end makedvd.bat
参考) dvdauthor-0.6.7.tar.gz は、
◆ specファイルを含む tarballから RPMを作成可能。
( Fedora core4 の例です )

$ su
# mkdir /usr/local/src/dvd
# chmod 777 /usr/local/src/dvd
となってること。

 1) libdvdread を、先にインストール(install)してあること。

 2) 大部上の方の、dvdauthor の、インストール(install)の箇所で、
	dvdauthor-0.6.7.tar.gz
    を、ダウンロード(download)済みのこと。

$ cd /usr/local/src/dvd/

下記の、バッチファイルを、カット・アンド・ペーストで、
$ vi makedvd2.bat
を、作成する。

$ chmod +x makedvd2.bat
$ su
# ./makedvd2.bat
# rpm -Uvh /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm
以上で、インストール(install)終了。



下記が、バッチファイル。
#!/bin/bash
#  .ps20
# makedvd2.bat
# ver 1.0
# jul. 9,2005
# jul. 9,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# for Linux
# chmod +x makedvd2.bat

# usege: makedvd2.bat



##### mkdir -p /usr/src/redhat/{BUILD,SOURCES,SPECS,RPMS,SRPMS}

# need su

#++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# 1) libdvdread
#
# $ su
# # mkdir /usr/local/src/dvd
# # chmod 777 /usr/local/src/dvd
#
# http://ftp.riken.jp/Linux/freshrpms/fedora/linux/4/libdvdread/
# 
# libdvdread-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm
# libdvdread-devel-0.9.4-7.2.fc4.i386.rpm


#++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# 2) dvdauthor
#
# http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=59028
# Release Notes 0.6.11 [show only this release] 2005-02-10
# Release Notes 0.6.7  [show only this release] 2003-11-23

# dvdauthor-0.6.7.tar.gz


cd /usr/local/src/dvd/

### tar xvzf dvdauthor-0.6.7.tar.gz
rpmbuild -tb --clean dvdauthor-0.6.7.tar.gz
# --clean
#	ソフトウェア構築作業時に使用したディレクトリを削除する
#	(通常、/usr/src/redhat/BUILD 以下のディレクトリ)

rm -rf /usr/src/redhat/BUILD/dvdauthor-0.6.7
ls -al /usr/src/redhat/BUILD/

### ls -al /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm
cp -p /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm /usr/local/src/dvd/
rm /usr/src/redhat/RPMS/i386/dvdauth*.rpm
rm /usr/src/redhat/SPECS/dvdauthor.spec

chmod 666 /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm
ls -al /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm

cd /usr/local/src/dvd/

### rpm -Uvh /usr/local/src/dvd/dvdauth*.rpm


exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します

# end makedvd2.bat
*******<< ★ かってに dvdauthor [ 終り ] >>******* ============================================================== ============================================================== *******<< ★ かってに ivtv から、DVD-Video の作成 [ 開始 ] >>*******
● Fedora core4 で、ivtv + GV-MVP/RX2等 から作成した、
     ?????.mpg を、VOB(多重化)ファイルに加工して 
     DVDを作成する。
主な流れ。
◆ MPEG2(???.mpg) ivtv + GV-MVP/RX2等 [ record-v4l2.pl デフォルト 48KHz(音声)のまま使用 ] [ ここの、例では、224kbps,48kHz を、使用 ] --> ???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離) mpeg2desc -v0 < "$1" > "$2.m2v" mpeg2desc -a0 < "$1" > "$2.m2a" --> ???.m2p(multiplex(多重化)) mplex -v0 -f 8 -V -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a" --> VOB(DVD-Video形式のMPEG-2ファイル) VOB(Video OBject) dvdauthor -o /home2/dvd/ "$2.m2p"
dvdauthor で、???.mpg ファイルに、通常の、???.mpg を指定すると、
	WARN: Skipping sector, waiting for first VOBU...
   となり、うまくいかない。
dvdauthor -T -o /home2/dvd/ --> DVD-Video の作成 ( ISO + DVD ) growisofs -dvd-video -udf -Z /dev/scd0 /home2/dvd/ 注) かなり下の方の説明の通り、、DVDオーサリングの、1) *.m2a を、 使用(mplexの都合)するので、再生出来ないプレーヤが存在する。
準備、用意するもの (インストール(install)等)
● Linuxで、IO-DATA GV-MVP/RX2 ( GV-MVP/RX2W ) で、録画(予約)するには、 ★ かってに GV-MVP/RX2 で録画(予約)( ivtv利用 ) を参照のこと。 上記で、録画したものを使用する例です。 ● /usr/bin/mpeg2desc と、dvdauthor dvdauthor を、インストール(install)すると、その中の、ツールが、mpg2desc。 ◆ Fedora core4 で、dvdauthor ( DVDオーサリング ) ★ かってに dvdauthor dvdauthor は、上記参照の上、Fedora core4 に、インストール(install)。 ( dvdauthor を、インストール(install)すると、mpeg2desc が入る ) ● /usr/bin/growisofs ( Fedora core4 に有り。なければ、CD-ROM より、rpm ) ( dvd+rw-tools-5.21.4.10.8-6.i386.rpm に、入っている )
$ su    
# rpm -Uvh dvd+rw-tools-5.21.4.10.8-6.i386.rpm
● mplex ( in mjpegtools ) [ MPEG 1/2 program/system stream multiplexer ] mjpegtools を、インストール(install)すると、その中の、ツール。 FC4 http://ftp.riken.jp/Linux/freshrpms/fedora/linux/4/mjpegtools/ 上記から、ダウンロード(download)して、インストール(install)。
$ su    
# rpm -Uvh mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686.rpm
( # rpm -Uvh mjpegtools-1.6.3-0.2.rc2.2.fc4.i686.rpm  2007/02/26 現在 )
	エラー: Failed dependencies:
	libquicktime.so.0 is needed by mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686
   上記、エラーとなる。
   今回、mplex のみ、使用するので、
	エラー: Failed dependencies: を、無視するように、
	--nodeps を付け、強制的に、インストール(install)する。
# rpm -Uvh --nodeps mplex/mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686.rpm

当方用メモ)
/usr/local/src/dvd/mplex/mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686.rpm
2007/02/26 追加
Fedora Core 6 for i386 (fc4-i386)
mjpegtools-1.9.0-0.2.fc6.rf.i386.rpm
http://dries.ulyssis.org/rpm/packages/mjpegtools/info.html

# rpm -Uvh mjpegtools-1.9.0-0.2.fc6.rf.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
        libSDL_gfx.so.0 は mjpegtools-1.9.0-0.2.fc6.rf.i386 に必要...
        libquicktime.so.0 は mjpegtools-1.9.0-0.2.fc6.rf.i386 に必要...
# rpm -Uvh --nodeps mjpegtools-1.9.0-0.2.fc6.rf.i386.rpm

Fedora Core 5 for i386 (fc5-i386)
mjpegtools-1.9.0-0.2.fc5.rf.i386.rpm

Fedora Core 4 for i386 (fc4-i386)
mjpegtools-1.9.0-0.2.fc4.rf.i386.rpm
参考) ◆ DVDビデオフォーマット http://www.pioneer.co.jp/crdl/tech/dvd/4.html 参考)
● ビデオキャプチャPCカード
	音声	MPEG-1 Audio Layer2(*.mp2, *.m2a, *.mpa)
		48kHz 224kbps

● Linear PCM( リニアPCM(Linear pulse code modulation) )
	CDでも採用されている非圧縮音声。
	CDのフォーマット	16bit		44.1kHz
	DVDビデオのフォーマット	16、20、24bit	48,96kHz

● Fedora core4 で、ivtv + GV-MVP/RX2等 から作成した、
     ?????.mpg を、使用した場合の例です。( 224kbps,48kHz )
   注) 下記、DVDオーサリングの、1) *.m2a を、
       使用(mplexの都合)するので、
       再生出来ないプレーヤが存在する。
● DVDオーサリング 1) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + MPEG-1 Audio Layer2(MP2) MPEG-1 Audio Layer2 (*.mp2, *.m2a, *.mpa) 注) MP2音声は DVD(NTSC)の標準音声では無いので、 再生出来ないプレーヤが存在する。 2) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + Linear PCM(リニアPCM[線形PCM]) Dolby Digital (*.ac3) 3) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + Dolby AC3 Linear PCM (*.wav) 16,20,24bit 48,96kHz +++++++++++++++++++++ ● A3D ドルビーデジタルの核となる技術。 マルチチャンネルサラウンドまでサポートする音声圧縮符号化方式。 ● AAC(Advanced Audio Coding)(エーエーシー) MPEG2の圧縮技術を応用したフォーマット。 mp3と同じくらいの音質でありながら、 約半分のデータ容量で保存ができる。正式には MPEG2ACC。
● DVD-Video 作成用、ディレクトリー作成。
( 十分な、空き容量準備のこと ) DVD-Video 作成用、ディレクトリー /home2/dvd, /home2/mpg2 作成 の例。 ( /home2/dvd, /home2/mpg2 は、各自による )
$ su
# mkdir /home2/dvd
# chmod 777 /home/dvd
# mkdir /home2/mpg2
# chmod 777 /home/dvd
● /usr/local/src/dvd に、
   下記の、バッチファイルを、作成の例。
   及び、実行の例。
$ su # mkdir /usr/local/src/dvd # chmod 777 /usr/local/src/dvd # exit $ cd /usr/local/src/dvd/ 下記の、バッチファイルを、カット・アンド・ペーストで、 makevob2.bat を、作成する。 ( バッチファイルの中の、DVD_DIR=/home2/dvd/ は、好みに変更の事 ) $ vi makevob2.bat $ chmod +x makevob2.bat
 1) test.mpg の録画
★ かってに GV-MVP/RX2 で録画(予約)( ivtv利用 ) を参照のこと。 例として、上記の方法で、/home2/mpg2 に、mvprx2.mpg で、録画する。
 2) バッチファイルの実行
$ ./makevob2.bat /home2/mpg2/mvprx2.mpg /home2/mpg2/work ( /home2/mpg2/work は、mvprx2.mpg と、同じ位の容量が、必要で、 /home2/mpg2/ は、各自による )
 3) xine 等で、DVD を、作成する前に確認する。
( xine は、下記に、インストール(install)の方法を書いておいたので、参照 ) ・xine [メディアプレイヤー] ここをクリック $ LANG="en_US" /usr/bin/xine dvd:/home2/dvd/VIDEO_TS/
 4) VOB(DVD-Video形式のMPEG-2ファイル)
       → DVD-Video の作成 ( ISO + DVD )
● DVD-R, -RW, +R, +RW への、growisofs (dvd+rw-tools) による書込み
   ★ かってに DVD-R, -RW, +R, +RWへの書込 を参照のこと。
何回か、DVD+RW に書込んで、確認すること。 $ growisofs -dvd-compat -dvd-video -udf -Z /dev/scd0 /home2/dvd/ ( /dev/scd0 は、それぞれによる /dev/hdc 等 ) $ eject scd0 ( /dev/scd0 は、それぞれによる /dev/hdc 等 )
◆ 下記が、バッチファイル ( コメント(comment)無 ) ( makevob2.bat コメント(comment)無 ) ( makevob.bat コメント(comment)有 )
#!/bin/bash
#  .ps20
# makevob2.bat
# ver 1.1
# jul.14,2005
# jul. 9,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# chmod +x makevob2.bat


if [ $# -lt 2 ]; then
	echo -e "Usage: ./makevob2.bat sourcempg destvob"

	exit 0
fi


DVD_DIR=/home2/dvd/  # ◆ 各自の、好みに変更の事。


mpeg2desc -v0 -o "$2.m2v" < "$1" > /dev/null 2>&1
mpeg2desc -a0 -o "$2.m2a" < "$1" > /dev/null 2>&1

chmod 666 "$2.m2v"
chmod 666 "$2.m2a"


mplex -f 8 -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a" >& "$2.mpl"

chmod 666 "$2.m2p"


rm -f "$DVD_DIR"VIDEO_TS/*

dvdauthor -o "$DVD_DIR" "$2.m2p"

dvdauthor -T -o "$DVD_DIR"

ls -l "$DVD_DIR"VIDEO_TS/


rm -f "$2.m2v" "$2.m2a" "$2.mpl"

rm -f "$2.m2p"


exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します


# end makevob2.bat
◆ 下記が、バッチファイル ( コメント(comment)有 ) ( makevob2.bat コメント(comment)無 ) ( makevob.bat コメント(comment)有 )
#!/bin/bash
#  .ps20
# makevob.bat
# ver 1.1
# jul.14,2005
# jul. 9,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# for Linux
#
# chmod +x makevob.bat
#
# usege: makevob.bat sourcempg destvob
#
# ex. ./makevob.bat /home2/mpg2/dvdtest.mpg test

# ● Fedora core4 で、ivtv + GV-MVP/RX2等 から作成した、
#     ?????.mpg を、使用した場合の例です。( 224kbps,48kHz )
#     音声    MPEG-1 Audio Layer2[*.mp2, *.m2a, *.mpa]( 224kbps,48kHz )
#   注) 下記、DVDオーサリングの、1) *.m2a を、使用(mplexの都合)するので、
#       再生出来ないプレーヤが存在する。

# ● DVDオーサリング
# 1) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + MPEG-1 Audio Layer2(MP2)
#	MPEG-1 Audio Layer2	(*.mp2, *.m2a, *.mpa)
#  注) MP2音声は DVD(NTSC)の標準音声では無いので、
#      再生出来ないプレーヤが存在する。
#
# 2) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + Linear PCM(リニアPCM[線形PCM])
#	Dolby Digital		(*.ac3)
#
# 3) VOB(Video OBject)ファイルが MPEG-2 video + Dolby AC3 
#	Linear PCM		(*.wav)  16,20,24bit 48,96kHz

#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ◆ Fedora core4 で、ivtv + GV-MVP/RX2等 から作成した、
#     ?????.mpg を、VOB(多重化)ファイルに加工して 
#     DVDを作成する、作業の流れ。
#     ( ivtv + GV-MVP/RX2等で作成した、
#       mpeg2 動画ファイル を、DVD-Video の、DVD+RW に焼く )
#
#   注) ドライブの、空き容量を、作成物に合わせ、十分用意する事。
#
#   注) dvdauthor で、???.mpg ファイルに、通常の、???.mpg を指定すると、
#		WARN: Skipping sector, waiting for first VOBU...
#	となり、うまくいかない。
#	dvdauthor での、???.mpg ファイルは、
#	通常の、???.mpg を、???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離)の後、
#	多重化(映像のエリア + 音声のエリア)した ???.m2p を使用する。
#
#       ◆ MPEG2(???.mpg)
#		ivtv + GV-MVP/RX2等
#		[ record-v4l2.pl デフォルト 48KHz(音声)のまま使用 ]
#		[ ここの、例では、224kbps,48kHz を、使用 ]
#	--> ???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離)
#		mpeg2desc -v0 < "$1" > "$2.m2v"
#		mpeg2desc -a0 < "$1" > "$2.m2a"
#	--> ???.m2p(multiplex(多重化))
#		mplex -v0 -f 8 -V -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a"
#	--> VOB(DVD-Video形式のMPEG-2ファイル)
#          VOB(Video OBject)
#		dvdauthor -o /home2/dvd/ "$2.m2p"
#		dvdauthor -T -o /home2/dvd/
#	--> DVD-Video の作成 ( ISO + DVD )
#		growisofs -dvd-video -udf -Z /dev/scd0 /home2/dvd/


#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ◆ 多重化(multiplex)
#	複数のデータを1つの通信回線または伝送チャネルで同時に運ぶこと
#	ビデオとオーディオのデータを組み合わせた形式
#	映像・音声などの信号を、一つにまとめる方法
#


#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ◆ 作成ファイルの意味
#
# ???.m2p (MPEG2 Movie) (多重化)
#	MPEG2のオーディオ/ビデオ両方の成分を含んだムービーファイル。
#	m2pは Mpeg2プログラムストリーム の意味
#	多重化方式, MPEG2 System PS(Program Stream)(プログラムストリーム)
#	(映像、音声等が多重化されたもの)
#
# ???.m2v (MPEG2 Video)
#	MPEG2のビデオファイルから動画部分だけを切り出したファイル。
#
# ???.m2a (MPEG2 Audio) [ ???.mp2 (MPEG2 Audio)と同じ ]
#	MPEG2のビデオファイルからオーディオだけを抜き出したファイル。


#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ◆ 用意する、ツール
#
# mplex ( in mjpegtools ) [ MPEG 1/2 program/system stream multiplexer ]
#    mjpegtools ( for /usr/bin/mplex )
#    http://ftp.riken.jp/Linux/freshrpms/fedora/linux/3/
#    mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686.rpm
#	エラー: Failed dependencies:
#	libquicktime.so.0 is needed by mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686
#    =================================
#    mplex のみ、使用するので、
#	エラー: Failed dependencies: を、無視するように、
#	--nodeps を付け、強制的に、インストール(install)する。
#    rpm -Uvh --nodeps mplex/mjpegtools-1.6.3-0.1.rc1.2.fc4.i686.rpm
#    =================================
#
# dvdauthor
#    ● dvdauthor で、???.mpg ファイルに、通常の、???.mpg を指定すると、
#	WARN: Skipping sector, waiting for first VOBU...
#    となり、うまくいかない。
#    dvdauthor での、???.mpg ファイルは、
#    通常の、???.mpg を、???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離)の後、
#    多重化(映像のエリア + 音声のエリア)した ???.m2p を使用する。
#
#    下記参照し、インストール(install)する。
#    www.macmil.co.jp/macmil/linux015.htm#dvdauthor_01
#    Fedora core4 で、dvdauthor ( DVDオーサリング )
#
# mpeg2desc
#    上記、dvdauthor を、インストール(install)すると、入っている。
#
# /usr/bin/growisofs ( Fedora core4 に有り )
#    dvd+rw-tools-5.21.4.10.8-6.i386.rpm に、入っている。



#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ◆ makevob.bat 開始

if [ $# -lt 2 ]; then
	echo -e "Usage: ./makevob.bat sourcempg destvob"

	exit 0
fi


DVD_DIR=/home2/dvd/  # ◆ 各自の、好みに変更の事。


#=============================
# ◆◆◆ 1) ivtv + GV-MVP/RX2等 で、作成した、 MPEG2(???.mpg) を用意する。
#
# 注) ドライブの、空き容量を、作成物に合わせ、十分用意する事。


#=============================
# ◆◆◆ 2) MPEG2(???.mpg) --> ???.m2v, ???.m2a(音声と映像分離)
# ???.m2v (MPEG2 映像)
# ???.m2a (MPEG2 音声) [ ???.mp2 (MPEG2 Audio)と同じ ]
#	  [ 例) MPEG 1.0 layer II, 224 kbit/s, 48000 Hz stereo ]
mpeg2desc -v0 -o "$2.m2v" < "$1" > /dev/null 2>&1
mpeg2desc -a0 -o "$2.m2a" < "$1" > /dev/null 2>&1


#=============================
chmod 666 "$2.m2v"
chmod 666 "$2.m2a"



#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
# ● 今回、使用しないツール
# /usr/bin/sox ( Fedora core4 に有り )
#	sox(Sound eXchange)
#
# mpg123 --> /usr/bin/mpg321
#
# ● 今回、ここは、使用しない。
# soxsox(Sound eXchange)で音声形式を変換する
#	(wav <--> aiff <--> au <--> wav)
#		AIFF(SGI, Machintosh の標準) や
#		AU(SUN の標準)
#	-r ヘルツ数	サンプルレートを変換
#	-c 2		ステレオの場合 (チャンネル引数 -c に 2 )
# lame ( CBR  固定ビットレート )
# mpg123 -r 48000 --stereo -s "$2.m2a" | sox -c 2 -s -r 48000 -w -t raw - -r 48000 -t wav - | lame -s 48 -b 224 /dev/stdin "$2.m2a2"
# /usr/bin/mpg123 -r 48000 --stereo -s "$2.m2a"
# /usr/bin/mpg123 -w "$2.wav" "$2.m2a"
#
# lame    wav --> mp3
#
# mpg123 test.mp3
# mpg123 -s test.mp3 > test.pcm
#	raw (ヘッダ無し)形式、16 ビット、ステレオの PCM オーディオデータ
#	リニアPCM, PCM(ヘッダなしwav)
#	PCM(Pulse Code Modulation) 音楽CDはPCM方式
#
#	CD のサンプリング周波数は  PCM 44.1kHz
#
#	DATや 衛星放送は PCM 32kHz〜48kHz
#	CD にデジタル音源を録音する為には、サンプリングコンバーターで、
#	サンプリング周波数を 44.1kHzに合わせ録音する。
#
#	WAV(PCM Wave Format / Microsoft ADPCM Format ) .wav
#+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



#=============================
# ◆◆◆ 3) ???.m2v, ???m2a(音声と映像分離) --> ???.m2p(多重化)
# multiplex(多重化)
#	-V  VBRオプション
#	無  CBRオプション

# mplex -v0 -f 8 -V -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a"
# mplex -v0 -f 8 -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a"
mplex -f 8 -o "$2.m2p" "$2.m2v" "$2.m2a" >& "$2.mpl"


#=============================
chmod 666 "$2.m2p"




#=============================
# ◆◆◆ 4) ???.m2p(多重化) --> VOB(DVD-Video形式のMPEG-2ファイル)

# 注) 下記、rm は、複数追加の時は、最初のみで、次から、rm しない事。

rm -f "$DVD_DIR"VIDEO_TS/*


#----------------
#     ◆ 4-1) 
#	/home2/dvd/VIDEO_TS/VTS_01_1.VOB
#	/home2/dvd/VIDEO_TS/VTS_01_0.IFO
#	/home2/dvd/VIDEO_TS/VTS_01_0.BUP

dvdauthor -o "$DVD_DIR" "$2.m2p"

### 10min 毎にチャプター分けしたい場合
### dvdauthor -o "$DVD_DIR" -c 0,10:00,20:00,30:00 "$2.m2p"


# WARN: GOP is not closed on cell 1 of source test.m2p of pgc 1
#    GOP(Group of Pictures) 何枚かの画面データをひとまとまりにしたもの
#
#    MPEGの動画ファイルでは、
#    フレーム単位でデータを圧縮して作られた Iフレーム、
#    前の Iフレームを基準に、
#    変化があった差分だけをデータ化して作られる Pフレーム、
#    前だけでなく後のフレームとの差分も利用する Bフレームが存在する。
#    1つ以上の Iフレームと複数の P/Bフレームからなるひと固まりを GOP と呼ぶ。
#
#    Closed GOPとは GOP間の関連性をなくすもの。
#
#    VOB(Video Object)
#    VOBU(VOB Unit)


#----------------
#     ◆ 4-2) 
#	/home2/dvd/VIDEO_TS/VIDEO_TS.IFO
#	/home2/dvd/VIDEO_TS/VIDEO_TS.BUP
#	( VIDEO_TS.VOB )

# -Tオプション ( Table of contentsファイルを作成 )
dvdauthor -T -o "$DVD_DIR"


#=============================
ls -l "$DVD_DIR"VIDEO_TS/



#=============================
# ◆◆◆ 5) ファイルの削除
#           生成結果を、見たい時は、ここを、コメントにすること。

rm -f "$2.m2v" "$2.m2a" "$2.mpl"

rm -f "$2.m2p"



#=============================
# ◆◆◆ 6) 可能なら、xine 等で、DVD を、作成する前に確認する。
# LANG="en_US" /usr/bin/xine dvd:"$DVD_DIR"VIDEO_TS/
### LANG="en_US" /usr/bin/xine dvd:/home2/dvd/VIDEO_TS/



#=============================
# ◆◆◆ 7) VOB(DVD-Video形式のMPEG-2ファイル)
#                                 --> DVD-Video の作成 ( ISO + DVD )
# growisofs -dvd-compat -dvd-video -udf -Z /dev/scd0 "$DVD_DIR"
### growisofs -dvd-compat -dvd-video -udf -Z /dev/scd0 /home2/dvd/



exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します


# end makevob.bat
● mpg2desc で、mpg ファイル から、mp3 ファイル だけ抜出す。
  ( 音楽だけ、聴きたい時 )
	大部、上の、dvdauthor を、インストール(install)すると、
	その中の、ツールが、mpg2desc。

lame 又は、
gogo [ 午後のこ〜だ ] ★ かってに mp3 へは、ここをクリック
が必要。
下記の、バッチファイルを、カット・アンド・ペーストで、 $ vi makemp3.bat を、作成する。 $ chmod +x makemp3.bat 使用例) test.mpg ファイル から、abc.mp3 ファイル として、音声のみ抜出す。 $ ./makemp3.bat test.mpg abc 注) abc.mp3 としない事 [ バッチファイルにより、自動で、mp3 が付く為 ] ◆ 下記が、バッチファイル lame の替わりに、 gogo [ 午後のこ〜だ ] ★ かってに mp3 へは、ここをクリック を使用している例。
#!/bin/bash
#  .ps20
# makemp3.bat
# ver 1.1
# nov. 9,2005
# jul. 9,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# chmod +x makemp3.bat


if [ $# -lt 2 ]; then
	echo -e "Usage: ./makemp3.bat sourcempg destmp3"

	exit 0
fi


mpeg2desc -a0 -o "$2.m2a" < "$1" > /dev/null 2>&1


/usr/bin/mpg123 -w "$2.wav" "$2.m2a"

# lame -s 48 -b 224 "$2.wav" "$2.mp3"
/usr/bin/gogo "$2.wav" "$2.mp3"

chmod 666 "$2.mp3"

ls -l $2.mp3

rm -f "$2.m2a" "$2.wav"


exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します


# end makemp3.bat
*******<< ★ かってに ivtv から、DVD-Video の作成 [ 終り ] >>******* ============================================================== ============================================================== *******<< ★ かってに mp3 [ 開始 ] >>*******
午後のこ〜だ(「誰彼の午後」という名称もある )
インストール方法は、下記。
http://homepage2.nifty.com/kei-i/ ( http://homepage1.nifty.com/herumi/gogo_e.html ) Pathed NASM patch and Windows binary / Linux binary 上記がでるので、Linux binary を、クリック。 nasmsse2.tar を、ダウンロードし、以下の処理をする。
$ tar zxvf nasmsse2.tar     [ .tar となってるが、.tgz 用の、処理をすること ]
$ su
# cp nasmsse2/nasm /usr/bin/
必ず、上記実施の後、下記を実施のこと。 ( 下記 make で、nasm が、必要な為 ) 次に、 source code ソースコード ShiftJIS CRLF(for Windows) / EUC LF(for Linux) EUC LF(for Linux) を、クリック。 petit313.tgz を、ダウンロードし、以下の処理をする。 ( 古いバージョン petit312.tgz )
$ tar zxvf petit313.tgz
$ cd petit313/linux
$ make
$ su
# cp gogo /usr/bin/
読込みが、/dev/scd0 の場合で、"1" --> 1番目の曲。
$ su
# cdparanoia -d /dev/scd0 -vsQ
# cdparanoia "1" -w filename.wav
# gogo [-v,-q] filename.wav [ mp3file.mp3 ]

( Fedora core3 )
読込みが、/dev/hdc の場合で、"3" --> 3番目の曲。
$ su
# cdparanoia -d /dev/hdc -vsQ
# cdparanoia -d /dev/hdc "3" -w filename.wav
# gogo [-v,-q] filename.wav [ mp3file.mp3 ]
( /dev/hdc は、それぞれで異なる )
  /dev/hda プライマリのマスターに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdb プライマリのスレーブに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdc セカンダリのマスターに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdd セカンダリのスレーブに、ドライブが付いている場合。
 ◆ 主なオプション解説
 -v [0-9]   VBR指定
            値が小さいほど高音質になりますが、エンコード時間は長くなります。

 -q [0-9]   音質設定(デフォルト 5)
            値が小さいほど高音質になります。-nopsy は -q 8に相当します。 
*******<< ★ かってに mp3 [ 終り ] >>******* ==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2013 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る