[ 2017/01/05 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux17 (続き16) ☆☆☆
                       *** Freely Linux17. (it continues, 16) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
kterm の検索で、
ここに来た場合は ( kterm ダウンロード等)
"かってに Linux3" が、
kterm の、インストール等の実践記録です。
kterm ダウンロード へ
   Fedora core6,
   Fedora 7, 8, Fedora 9 対応に、パッチを改定。
kterm の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
============================================================== *******<< ★ かってに SSL の設定 ( 暗号化通信 ) [ 開始 ] >>*******

1) ユーザーが、使用可能な暗号の種類をサーバに送信。( https:// )
2) サーバは、両者が使える共通鍵暗号を選択。
3) サーバは、CA証明書や、サーバ証明書、
   サーバー用公開鍵(パブリックキー)を、ユーザーに送信。
   ( 認証局からのサーバー証明書の取得により、サーバの
     なりすまし[ spoofing スプーフィング ]  を防ぐ )
   ( ここでは、CA [ Certification Authority ] 証明書 は、
     認証局からのサーバー証明書の取得はしない。
     サーバのなりすましを防ぐことはできないが、通信の暗号化は可能 )
4) クライアントは、共有鍵を生成しサーバの公開鍵で暗号化してサーバ送信。
5) 暗号化通信開始。 


SSL( Secure Socket Layer)
電子証明書 ( Digital certificate )
デジタル証明書 ( Digital certificate )
CA ( Certification Authority  認証局 )

http://x68000.q-e-d.net/~68user/net/ssl-1.html 
TLS(Transport Layer Security)
インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコルの一つ。
SSL/3.0 を元にした TLS(Transport Layer Security) が RFC として定められている。
SSL/3.0 と TLS/1.0 はほぼ同じ規格。
openssl ( 無料の、CAアプリケーション ) [ ここでは、これを使用 ] openssl-0.9.7d 以上使用が、お勧め。
openssl 0.9.8 が、2005/07/05 に、正式リリース。
	既定の署名アルゴリズムがMD5からSHA-1になった。
# rpm -qa | grep openssl openssl-0.9.8b-8 ( Fedora core6 ) openssl-0.9.7f-7 ( Fedora core4 ) openssl-0.9.7a-40 ( Fedora core3 )
参考) メモ
$ /usr/bin/openssl enc -h
    abc.txt を DES で暗号化し、abc.des に出力。
$ /usr/bin/openssl enc -e -des -in abc.txt -out abc.des
	enter des-cbc encryption password:
	Verifying - enter des-cbc encryption password:

    復号化する場合は以下のようにする。
$ /usr/bin/openssl enc -d -des -in abc.des -out abc.org
	enter des-cbc decryption password:

    DES でなく AES 256bit で暗号化。
$ /usr/bin/openssl enc -e -aes256 -in abc.txt -out abc.aes
	enter aes-256-cbc encryption password:
	Verifying - enter aes-256-cbc encryption password:

++++++++++++++++++++++++
$ openssl md5 filename
$ echo aaaa | openssl md5
	e5828c564f71fea3a12dde8bd5d27063
Webサーバー間通信内容暗号化( Apache[httpd] + mod_ssl )
http://fedorasrv.com/apache-ssl.shtml

ここの、ページは、上記のHP等を参考にしました。
ありがとうございます。
ここでの、SSL は、 認証局に認証してもらうのでは無く、 自己署名証明書を発行してSSLを利用するようにする。 ( 自己署名証明書だと、ホスト認証が不完全なので、 サーバのなりすましを防ぐことはできないが、通信の暗号化は可能 )
商業認証局からのサーバー証明書の取得は、
http://www.verisign.co.jp/
等から、取得するが、うん十万費用がかかる。
SSL(port:443)
ルータ、及び、NAT変換で、
443 tcp/udp を、開けること。

mod_ssl モジュールが必要
Fedora core4 の場合。 # rpm -qa | grep mod_ssl mod_ssl-2.0.54-10 Fedora core4 に、インストールされていない時。 CD-ROM から、rpm で、インストールするか、 yum で、インストールする。 # yum -y install mod_ssl ← mod_sslインストール # yum clean packages ← ダウンロードしたパッケージを削除
mod_ssl モジュールのインストール確認後、下記へ。 とりあえず、バッチ・ファイル的に、 メモしてあるが、 徐々に、整理していきます。
#!/bin/sh
#  .ps20
# makessl.bat
# ver 1.2
# feb.14,2012
# aug.22,2005
# by H.MATSUMOTO ( macmil.co.jp )
#  .ps99

# for Fedora core4 SSL(ssl)[ Secure Socket Layer ]
# need su

# chmod +x makessl.bat


# for ssl


##### http://fedorasrv.com/apache-ssl.shtml 参考


### Makefileへのリンクを作成
ln -s /etc/pki/tls/certs/Makefile /etc/httpd/conf/

cd /etc/httpd/conf



### サーバー用秘密鍵作成(サーバーだけが所持する)
###	秘密鍵で暗号化されたデータは対応する公開鍵でしか復号できない。
###	公開鍵で暗号化されたデータは対応する秘密鍵でしか復号できない。
### +++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.key の、作成 >>>
### +++++++++++++++++++++++++++

make server.key

## umask 77 ; \
## /usr/bin/openssl genrsa -des3 1024 > server.key
## Generating RSA private key, 1024 bit long modulus
## .........................++++++
## .......................++++++
## e is 65537 (0x10001)
## Enter pass phrase:  ←  パスワード入力(下記で、削除するので、なんでもいい)
## Verifying - Enter pass phrase:  ←  パスワード入力(確認)



### サーバー用秘密鍵からパスワード削除
### ( Webサーバー起動時にパスワードを要求されないようにするため )
/usr/bin/openssl rsa -in server.key -out server.key
## Enter pass phrase for server.key:  ←  make server.key 時のパスワード入力
## writing RSA key

### +++++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.key が、できる >>>
### +++++++++++++++++++++++++++++



### サーバー用公開鍵(パブリックキー)作成(ユーザーが使用する)
###	公開鍵暗号基盤(PKI)とは 
###	対になる2つの鍵を使ってデータの暗号化・復号化を行なう暗号方式 
###
###	秘密鍵で暗号化されたデータは対応する公開鍵でしか復号できない。
###	公開鍵で暗号化されたデータは対応する秘密鍵でしか復号できない。
### +++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.csr の、作成 >>>
### +++++++++++++++++++++++++++
make server.csr
## umask 77 ; \
## /usr/bin/openssl req -new -key server.key -out server.csr
##    |
## -----
## Country Name (2 letter code) [XX]:JP ← JPと入力
## State or Province Name (full name) [Berkshire]:Shizuoka ← 都道府県名入力
# Locality Name (eg, city) [Default City]:Numazu ← 市町村名入力
# Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]:macmil.co.jp ← サイト名入力(なんでもいい)
# Organizational Unit Name (eg, section) []: ← リターン・キーを押す
### 以下は、使用するサーバー名( *.(domain name) ) を入力
# Common Name (eg, your name or your server's hostname) []:*.macmil.co.jp ← サーバー名入力
# Email Address []:??????@macmil.co.jp ← 管理者メールアドレス入力

# Please enter the following 'extra' attributes
# to be sent with your certificate request
# A challenge password []: ← リターン・キーを押す
# An optional company name []: ← リターン・キーを押す

### +++++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.csr が、できる >>>
### +++++++++++++++++++++++++++++



### サーバー用証明書作成
###	ユーザーには、このサーバー用証明書が送付される
### 	PEM(pem) [ Privacy Enhanced Mailの略 ]
### +++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.crt(pem) の、作成 >>>
### +++++++++++++++++++++++++++
### Certificate Authority (CA) 認証局
### -d 365 --> 証明書の有効期限 1年間有効 ( 必要に応じて変える )
/usr/bin/openssl x509 -in server.csr -out server.crt -req -signkey server.key -days 365
## Signature ok
## subject=/C=JP/ST=Shizuoka/L=Numazu/O=macmil.co.jp/CN=macmil.co.jp/emailAddress=??????@macmil.co.jp
## Getting Private key

### +++++++++++++++++++++++++++++
### <<< server.crt(pem) が、できる >>>
### +++++++++++++++++++++++++++++



### パーミッション変更
### -rw-------  1 root   server.key
### -rw-------  1 root   server.csr
### -rw-r--r--  1 root   server.crt
chmod 400 server.*
### -r--------  1 root   server.key
### -r--------  1 root   server.csr
### -r--------  1 root   server.crt



### SSL設定
### WebサーバーSSL設定ファイル編集 ( 3 箇所 )
vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
##
## #  General setup for the virtual host, inherited from global configuration
## #DocumentRoot "/var/www/html"  ←  #を削除(コメント解除)
## ↓
## DocumentRoot "/var/www/html"
##
## SSLCertificateFile /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt ( Fedora core3 )
## SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/localhost.crt ( Fedora core4 )
## ↓
## SSLCertificateFile /etc/httpd/conf/server.crt  ←  サーバー用証明書を指定
##
## SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key ( Fedora core3 )
## SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/private/localhost.key ( Fedora core4 )
## ↓
## SSLCertificateKeyFile /etc/httpd/conf/server.key  ←  サーバー用秘密鍵を指定

/etc/init.d/httpd restart
### Fedora 15, Fedora 16 は、httpd restart の替わりに、サービスの設定で実施
/bin/systemctl reload httpd.service
/bin/systemctl restart httpd.service


exit $?		# $?  -->  直前のコマンドの終了ステータスを表します

# end makessl.bat
ex.)
https://www.??????.???/ ( ?????? 実際には、それぞれによる )
注) http:// ではなく、https://
以下のような画面が出る。 はいを選ぶ。 ( IEの場合、証明書の表示からインポートすれば 次回から、この警告画面は出なくなる ) 更に、以下のような画面が出た場合。 はいを選ぶ。 ブラウザの右下等に 鍵のマークが付いて、ページが表示できれば、 SSL 接続できてる。( 通信は暗号化される ) Firefox の表示
ドメイン名が一致しない場合、更に下記表示がでる ( 問題なければ、OK を選ぶ )
メモ)
Web(http [ apache ])サーバー
Fedora core4
$ rpm -qa | grep httpd
httpd-2.0.54-10

http での引数の受け渡し

引数
"?" で始まり "&" で区切られる A=B の形式

A,B の部分は,以下のルールで変換する.
	英字 数字 "-" "_" "." は、そのまま、
	空白は,"+" に、
	それ以外は %xx(xx は、該当文字コードの 16進数表現)
	変換。
メモ)
/*+++++++++++++++++++++++++*/
/* An additional start MMM */
/*+++++++++++++++++++++++++*/
/*
 * 2005/08/27
 */
    UID_T mygid    = -1;
    UID_T apache_gid    = -1;
    mygid= pw->pw_gid;
    pw = getpwnam( "apache" );
    apache_gid= pw->pw_gid;
#if MMM
    adios ( HERE, "apache_gid= %d, mygid= %d\n", apache_gid, mygid);
#endif	/* MMM */
/*+++++++++++++++++++++++++*/
/* An additional end   MMM */
/*+++++++++++++++++++++++++*/

    pw = getpwnam ( POPUID );
    if ( pw == NULL)
        adios ( HERE, "\"%s\": userid unknown", POPUID );
    pop_pw = *pw;

#if MMM
    if ( pop_pw.pw_uid == myuid )
#endif	/* MMM */
    if ( (pop_pw.pw_uid == myuid) || (apache_gid == mygid) )
        popuser = TRUE;
メモ)
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <fcntl.h>
#include <ctype.h>
#include <errno.h>
#include <pwd.h>
#include <string.h>
#include <signal.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/time.h>

struct passwd *pw;
/* ユーザ名を取得*/
pw= getpwuid(getuid());
if(pw) username = pw->pw_name;
uid_t	my_euid;
gid_t	my_egid;

/* 実効ユーザIDを取得 */
my_euid= geteuid();

/* 実効グループIDを取得 */
my_egid= getegid();

int seteuid(uid_t uid);
int setegid(gid_t gid);
uid_t	my_uid;
gid_t	my_gid;

/* 実ユーザIDを取得 */
my_uid= getuid();

/* 実グループIDを取得 */
my_gid= getgid();

/*+++++++++++++++*/
/* << set uid >> */
/*+++++++++++++++*/
setuid(0);

/*+++++++++++++++*/
/* << set gid >> */
/*+++++++++++++++*/
setgid(0);

printf("getuid= %d\n", getuid());


/* 処理実施 */

/* 後方で、setuid() を、使用する場合は、ここは、コメント */
/*+++++++++++++++*/
/* << set uid >> */
/*+++++++++++++++*/
setuid(my_uid);

/*+++++++++++++++*/
/* << set gid >> */
/*+++++++++++++++*/
setgid(my_gid);
uid_t	my_uid;
gid_t	my_gid;
uid_t	user_uid;
gid_t	user_gid;


/* 実ユーザIDを取得 */
my_uid= getuid();

/* user IDを取得 */
my_uid= getuid();

/*==============================================*/
/* << パスワードファイルのエントリの取り出し >> */
/*==============================================*/
pw= getpwnam( "user" );

if (pw != 0)
{
	user_uid= pw->pw_uid;

	/*+++++++++++++++*/
	/* << set uid >> */
	/*+++++++++++++++*/
	setuid(user_uid);

} /* if (pw != 0) */

printf("getuid= %d\n", getuid());


/* 処理実施 */


/*+++++++++++++++*/
/* << set uid >> */
/*+++++++++++++++*/
setuid(my_uid);
当方用メモ)
$ rpm -qa | grep SSLeay
perl-Net-SSLeay-1.30-4.fc6

$ perl -MLWP::Simple -e 'getprint "http://www.hoge.jp"'
$ perl -MLWP::Simple -e 'getprint "https://www.hoge.jp"'
*******<< ★ かってに SSL の設定 ( 暗号化通信 ) [ 終り ] >>******* ============================================================== ============================================================== *******<< ★ かってに KDEメニューエディタ [ 開始 ] >>*******
● KDE コントロールセンター
	 ( user での設定 )
	$ /usr/bin/kcontrol

	 ( root での設定 )
	$ su
	# /usr/bin/kcontrol
( 日付と時刻 )(タイムゾーンの、システムクロックで UTC を使用の、チェックを外す)
# /usr/bin/system-config-time

( ユーザーとグループ )
# /usr/bin/system-config-users

( ネットワーク設定 )
# /usr/bin/system-config-network

( サービス管理 )
# /usr/bin/system-config-services

( ログイン画面 )
# /usr/sbin/gdmsetup
 ◆ 自動ログイン の、設定の仕方(方法) は、
下記を、クリックして下さい。
★ かってに 自動ログイン  へ
● KDE コントロールセンター
セッションロック(画面ロック) 有効、解除(無効)方法
KDE コントロールセンター ( kcontrol ) --> "外観 & テーマ" --> ( /usr/bin/kcontrol )
セッションロック 有効にするには、下記を、チェックし設定する。
□ スクリーンセーバーを、自動的に軌道する □ スクリーンセーバー停止にはパスワードが必要
セッションロック 解除(無効)は、下記の、チェックを、はずす。
□ スクリーンセーバーを、自動的に軌道する □ スクリーンセーバー停止にはパスワードが必要
● gnomo は、gconf-editor
gnomo の場合 ( Fedora 7, 8, 9 )
セッションロック(画面ロック) 有効、解除(無効)方法
gnomo の場合 ( Fedora 7, 8, 9 ) $ su # yum install gconf-editor で、インストールする。 又は、下記から、ダウンロードし、 rpm で、インストールする。 gnome 設定エディタで修正
$ su
# gconf-editor
システムツール・設定エディタの
apps
  gnome-power-manager
    lock_on_blank_screen
    lock_on_hibemate
    lock_on_suspend
    lock_on_use_screensaver_settings
のチェックをはずす これで、ロック解除の画面がでなくなった。 ~/.gconf/apps/ に、設定ファイル等ができる。 電源管理 /usr/bin/gnome-power-manager
 ◆ gconf-editor ダウンロード先
Fedora 7
gconf-editor-2.18.0-1.fc7.i386.rpm
ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/releases/7/Everything/i386/os/Fedora/

Fedora 8
gconf-editor-2.20.0-1.fc8.i386.rpm
gconf-editor
http://ftp-stud.hs-esslingen.de/pub/fedora/linux/releases/8/Everything/i386/os/Packages/

Fedora 9
gconf-editor-2.22.0-1.fc9.i386.rpm
ftp://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/releases/9/Everything/i386/os/Packages/
● Fedora での、Cool'n'Quiet
KPowersave で、コントロールする。
インストールされてない時は、下記のように、
インストールする。
(linux017.htm, tanni003.htm 2ヶ所有)
Fedora core6 の場合
$ su
# rpm -Uvh dbus-qt-0.70-1.fc6.i386.rpm 
# rpm -Uvh kpowersave-0.7.2-1.fc6.i386.rpm
Fedora 7 の場合
$ su
# rpm -Uvh dbus-qt-0.70-1.fc7.i386.rpm 
# rpm -Uvh kpowersave-0.7.2-1.fc7.i386.rpm
Fedora 9, 10 の場合
( fc10も同じ releases/10/Everything/ )
$ su
# rpm -Uvh dbus-qt-0.70-4.fc9.i386.rpm  
# rpm -Uvh kpowersave-0.7.3-3.fc9.i386.rpm
Fedora 11 の場合
$ su
# rpm -Uvh dbus-qt-0.70-6.fc11.i586.rpm
# rpm -Uvh kpowersave-0.7.3-3.fc9.i386.rpm
Fedoar で、CPU動作周波数を、MAX にするには。( KDE の例 ) ( 現在のCPUCPU動作周波数ポリシー: ダイナミックから、パフォーマンスにする) Fedora 7 の、KDE での例 kpowersave が、パネルの、アイコン(KPowersave)に、出てなければ、
$ /usr/bin/kpowersave &
で、立ち上げる。 パネルの、KPowersave(プラグ接続等)の、アイコンを、右クリックする。 下記に、設定する。
CPU クロックポリシーを設定する: ダイナミックから、パフォーマンスに。
有効なスキームを設定する: パフォーマンス
● KPowersave ( Fedora 7 KDE の場合の例 )

コントロールセンターで、スクリーンセーバーを、なし にしても、
一定時間で、画面が、消える ( スタンバイ、サスペンド、電源オフ )
Fedora 7 の、KDE での例 kpowersave が、パネルの、アイコン(KPowersave)に、出てなければ、
$ /usr/bin/kpowersave &
で、立ち上げる。 パネルの、KPowersave(プラグ接続等)の、アイコンを、右クリックする。 下記に、設定する。 KPowersaveを設定する を選択する。 例として、 パフォーマンス の、スクリーンセーバーとDPMS の、
    □ 特定のスクリーンセーバー設定を有効にする
    □ 特定のディスプレイ電源管理を有効にする
に、チェックが、付いていたら、はずす。 上記でも、まだ、 一定時間で、画面が、消える ( スタンバイ、サスペンド、電源オフ )時は、 更に、
    □ 特定のスクリーンセーバー設定を有効にする
	の、チェックが、付いていたら、はずすまでは、同じ。
今度は、
    □ 特定のディスプレイ電源管理を有効にする
	に、チェックを、付け、更に、
	    □ ディスプレイ電源管理を無効にする
		(  これにより、DPMS サポートが、無効になる )
	に、チェックを、付ける。

 ◆ DPMS(Display Power Management Signalling)
コンピュータの状態に応じて自動的に節電モードに移行したり、
電源が入ったりする。
1993年に業界団体VESAによって策定された。 
● Fedora 7  pm-suspend,  pm-hibernate
   pm-suspend ( サスペンド [ スタンバイ ] )
   pm-hibernate ( ハイバネート [ 休止 ] )
   サスペンド ( suspend [ スタンバイ ])
   ハイバネーション ( hibernation [ 休止 ])
ハイバネーション(hibernation 休止状態)  コンピュータの電源を切る直前の状態を保存して、 次に電源を入れたときに電源を切る直前の状態から作業を再開する機能。 「休止状態」とも呼ばれる。 ( ハードディスクに保存、コンピュータの電源を完全に切ってしまう ) 「サスペンド」機能に似ているが、 サスペンドは作業状態をメモリに、 ハイバネーションはハードディスクに保存する点が異なる。 サスペンド機能のことを「レジューム」と呼んだり、 サスペンド状態から復帰する動作を「レジューム」と呼ぶこともある。 サスペンド機能 ACPIの S3ステート ( Suspend-to-RAM ) では、 RAMを除いて、システム内のすべてのデバイスが、低消費電力の状態になる 使っているノートPCとカーネルがSuspend-to-RAMに対応しているかどうかは、 $ cat /sys/power/state standby disk 対応していれば、mem diskという結果が返ってくる mem disk パワーセーブ ++++++++++++++++++++++ LinuxノートPC上でサスペンド/ハイバネーションする方法 http://sourceforge.jp/magazine/07/02/20/0144246 FCでは ACPIを利用して サスペンド や ハイバネーション(hibernation 休止状態) Fedora 7 ノートPCを閉じるとサスペンド機能 suspend ( サスペンド [ スタンバイ ] ) サスペンドは作業状態をメモリに、保存 pm-suspend ( サスペンド [ スタンバイ ] ) /usr/bin/pm-suspend -> consolehelper /usr/bin/pm-suspend --quirk-s3-bios --quirk-s3-mode /usr/sbin/pm-suspend /usr/sbin/pm-suspend -> /usr/lib/pm-utils/bin/pm-action
2013/09/21 追加)
CentOS 6.4 + (CF-T8 or CF-W8) で、
$ su
# /usr/bin/pm-suspend --quirk-s3-bios --quirk-s3-mode
問題なく動作
電源SW で、戻る
++++++++++++++++++++++ ハイバネーション(hibernation 休止状態) 電源ボタンを押すとハイバネーション機能 ハイバネーションはハードディスクに、保存 pm-hibernate ( ハイバネート [ 休止 ] ) /usr/bin/pm-hibernate /usr/bin/pm-hibernate -> consolehelper /usr/sbin/pm-hibernate /usr/sbin/pm-hibernate -> /usr/lib/pm-utils/bin/pm-action ++++++++++++++++++++++ # vi /var/log/pm-suspend.log ノートPCを閉じるとサスペンド機能が、 電源ボタンを押すとハイバネーション機能が 働くように設定することができる。 ++++++++++++++++++++++
セッションがロックされてます
スタンバイモード サスペンドモード
2013/06/07
当方専用メモ)
Fedora 16 ( KDE にて )で、
画面消さない サスペンド(スリープ) パワーセーブモードを止める
Fedora 16 KDE システム設定 電源管理 Activity settings Desktop Act Like ( PC running on AC power )
● Kメニューを編集-KDEメニューエディタ
	/usr/bin/kmenuedit

RealPlayer インストールは、ここを、クリックxine インストールは、ここを、クリック
	[ xine 0.99.3 で文字化けする時 $ LANG="en_US" /usr/bin/xine & ]
◆ Fedora core2 で、KDEメニューエディタの登録が無効なので、 手動で、登録することにしました。 ( Fedora core3 は、OK だが、手動登録可能 ) ・xine, realplayer は、rpm で、下記ができて、メニューに登録されます。
/etc/X11/applnk/Multimedia/xine.desktop
/usr/share/xine/desktop/xine.desktop
/usr/share/apps/Multimedia/realplayer.desktop
共通時は、下記のそれぞれの下に、????.desktop を作ると、良いみたい。
/usr/share/applnk/Toys/
/usr/share/applnk/System/
/usr/share/applnk/Settingsmenu/
/usr/share/applnk/Utilities/
/usr/share/applnk/Applications/
/usr/share/applnk/Settings/
/usr/share/applnk/Graphics/
/usr/share/applnk/Internet/
/usr/share/applnk/Multimedia/
参考) Fedora 10, Fedora 11 〜
注) Fedora 11 は $HOME/.kde/share/applnk/xine.desktop はダメになった。
cp -p kterm.desktop /usr/share/applnk/Utilities/
cp -p xine.desktop /usr/share/applnk/Utilities/

cp -p firefox.desktop /usr/share/applnk/Internet/
・ユーザー毎は、下記のそれぞれの下に、????.desktop を作ると、良いみたい。
例) Fedora core1 の時 $HOME/.kde/share/applnk-redhat/xine.desktop
    Fedora core2 の時 $HOME/.kde/share/applnk/xine.desktop

    Fedora core3 の時 $HOME/.local/share/applications/kde-xine.desktop
    ( Fedora core3 の時 $HOME/.kde/share/applnk/xine.desktop )

・ユーザー毎 タスクバー・メニュー [ KDEパネル ( kicker ) ] へは、
  下記に、????.desktop を作ると、良い。
例) $HOME/.kde/share/apps/kicker/mozilla.desktop
	・上記でダメな時、左下の、メニューで、マウスを右クリック。
	パネルメニュー  -->  追加  -->  アプリケーションボタン
	で、目的の、アプリケーションを
	タスクバー・メニュー [ KDEパネル ( kicker ) ] へ登録。
・サンプル1 ( 2004/12/18 xine 0.99.3 では、一部、日本語化されてるが、font の関係で 表示が、ダメな場合があるので、LANG="en_US" /usr/bin/xine を適用 ) $ vi xine.desktop
[Desktop Entry]
Comment=Video Player
### Exec=/usr/bin/xine
Exec=LANG="en_US" /usr/bin/xine
MimeType=video/mpeg;video/quicktime;video/x-msvideo;audio/x-mp3;audio/x-mp2;
Hidden=false
# Icon=/usr/share/pixmaps/gnome-term-tiger.png
Icon=xine.xpm
Name=xine
Path=
Terminal=0
TerminalOptions=
Type=Application
X-KDE-SubstituteUID=false
X-KDE-Username=
・サンプル2 $ vi kterm.desktop Fedora core2,3, core4 の場合、kterm が、ないので、 Fedora core1 の、/usr/X11R6/bin/kterm を持ってくる。 [ $ ps ax | grep kinput2 で、確認すると、 kinput2 -canna +kinput -xim になってる事 ]
[Desktop Entry]
Comment=kterm
### Exec=/???/kterm.bat /usr/???
Exec=/usr/X11R6/bin/kterm -xim -km euc -fg green -bg black -geometry 80x28
Hidden=false
Icon=kterm
Name=kterm
Path=
Terminal=0
TerminalOptions=
Type=Application
X-KDE-SubstituteUID=false
X-KDE-Username=
kterm に関しては、下記を、クリックして下さい。
● kterm ダウンロード へ
   Fedora core6,
   Fedora 7, 8, Fedora 9 対応に、パッチを改定。
・サンプル3 $ vi mozilla.desktop ・メニュー --> インターネット への登録。 $ cp mozilla.desktop /usr/share/applnk/Internet/ ・タスクバー・メニュー [ KDEパネル ( kicker ) ] への登録。 $ cp mozilla.desktop $HOME/.kde/share/apps/kicker/ ・上記でダメな時、左下の、メニューで、マウスを右クリック。 パネルメニュー --> 追加 --> アプリケーションボタン で、目的の、アプリケーションを タスクバー・メニュー [ KDEパネル ( kicker ) ] へ登録。 下記の、????? は、それぞれで異なる。
[Desktop Entry]
Comment=
Exec=/usr/local/?????/mozilla/mozilla
Icon=unused-text-internet
Name=mozilla
Path=/usr/local/?????/mozilla/searchplugins/
Terminal=0
TerminalOptions=
Type=Application
X-KDE-SubstituteUID=false
X-KDE-Username=
◆ Fedora core3 の場合 ・メニュー --> インターネット への登録。
$ su
# cp -p mozilla.desktop /usr/share/applnk/Internet/
# exit
上記で、ダメな時、 メニューエディターで、 好みの場所に、新規項目で、 項目名: mozilla を、作成。
$ cp -p mozilla.desktop $HOME/.local/share/applications/
$ ls -l $HOME/.local/share/applications/mozilla.desktop
● スキームをインポート(色) (当方用メモ)
myname.kcsrc ( fedora 7 ) $HOME/.kde/share/apps/color-schemes/Myname.colors ( fedora 10 )
cp -p Kde4macmil.colors /home/mac/.kde/share/apps/color-schemes/
# ボタン 
# H 118, S 189, V 227
# R  64, G 227, B  59
# 背景
# H 113, S 128, V 255
# R 142, G 255, B 127
*******<< ★ かってに KDEメニューエディタ [ 終り ] >>******* ==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2017 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る