[ 2013/06/19 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux29 (続き28) ☆☆☆
                        *** Freely Linux29. (it continues, 28) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ かってに タブレット( wacom tablet + GIMP ) [ 開始 ] >>*******
● Fedora core5, core6 (Window版 GIMPも、OK) で、
     ペン・タブレット( wacom tablet ) を使う。
	GIMP (GNU Image Manipulation Program) [ gimp ギンプ ]
  [ Fedora core5, core6 では、wacom の、ドライバーが、入っているので、
    /etc/X11/xorg.conf に、
    下記、wacom ディバイスについての記述を追加。

    Stylus(スタイラス)、Cursor(カーソル)、Eraser(イレーサー) ]

 ◆ 大部、下の方に、当方で、使用中の、
   Fedora core5, core6 の、xorg.conf の、追加部分を、
   下記に、掲載。
現在、メモの段階。
だんだん、まとめていきます。
● 下記、表の、左側の数値は、当方の所有使用数 [ 動作確認済 ] 1 WACOM FAVO CTE-440/P1 2 WACOM FAVO CTE-440/W2 2 WACOM FAVO CTE-440/S0 1 WACOM FAVO CTE-440/S4 14,980円(税込) 2007/03/16発売 Adobe Photoshop Elements 5.0 Windows版(DirectX 9以上必要) 2006/11 (14,490) フォトギャラリー機能ではFlashを使ったアニメーションが可能 2008/11/19 Yahoo 6,040 + ゆうパック 550= 6,590円 2 WACOM intuos2 i-420UGIB USB 1 WACOM intuos2 i-620UGIB USB 1 WACOM intuos2 i-620UGBB USB 1 WACOM intuos3 PTZ-430/S0 1 WACOM intuos3 PTZ-630/G0 で、使用中。 WACOM FAVO CTE-440/P1 http://tablet.wacom.co.jp/products/favo4/
 ◆ ペン先を交換する方法 ( 替え芯 )
   ( 替え芯 FAVO, intuos2, intuos3 共通利用可能 )
1. ラジオペンチか大きな毛抜きなどを用意。
2. キャップは取らないで、そのままペン先を抜き取る。
3. 新しいペン先を交換します。新しいペン先はそのまま押しむ。
   手で入らないときは、机の上を使うなどして押し込む。
http://tablet.wacom.co.jp/download/down1.html
 ◆ Windows ドライバー ダウンロード
v496-8Jwi.exe (2996222byte)
当方メモ)  \wacom\drive2-3\V496-8Jwi\

intuos3 PTZ-430/S0
intuos3 PTZ-630/G0
 ◆ intuos3(PTZ-xxx)オンラインマニュアル

intuos3(PTZ-xxx)オンラインマニュアルhttp://tablet.wacom.co.jp/download/download_detail.html?drv_c=264
*********************************************************** *********************************************************** *********************************************************** http://blog.livedoor.jp/turbomorimo/archives/50636338.html タブレットの描画面と モニターの画面とがフィットしない。 xorg.conf 中の "TopX", "TopY", "BottomX", "BottomY" の値で調節。 /usr/bin/xidump Stylus タブレット上の座標の値がダンプされる。 四隅の座標を、"TopX", "TopY", "BottomX", "BottomY" に設定し、調整。
当方用メモ)
/etc/X11/xorg.conf での、設定で、Wacom を、event2 に設定したが、
$ vi /proc/bus/input/devices
で、確認すると、Wacom が、event3 等と、xorg.conf の設定と異なっている場合、
/usr/bin/xidump Stylus は、
エラーとなる使用できないので、注意のこと。
++++++++++++++++++++++++ The GIMPでタブレットを使うには、 File → Preferencesの順にクリックし Input Devicesのペインを開いて設定しておかなければならない。 Configure Extended Input Devices と記された ボタンを クリックすると ダイアログボックスが開くので、 タブレットのスタイラス、イレーサー、マウス・カーソルに 関するオプションを設定する。 ここに示された「拡張入力機器」は xorg.confに 追加した記述に対応したもので、 独立して管理される。 したがって、イレーサーをThe GIMPの消しゴムツールにし、 スタイラスをペイントブラシ・ツールにした場合、 ペンのいずれの端を使うかによってツールが自動的に切り替わることになる。 Linux Wacomドライバーの感度を調整するとよい。 調整はコマンドライン(xsetwacom)でも、 GUI(wacomcpl)でもできる。自分に合った感度に設定しよう。 ++++++++++++++++++++++++ The GIMP 2.2 でタブレットを使うには、 ファイル(File) → 環境設定(Preferences) → 入力機器(Input Devices) → 追加された入力機器の設定(Configure Extended Input Devices...) をクリック。 入力(Input)の "デバイス(Device):" で、 Stylus(スタイラス)、Cursor(カーソル)、Eraser(イレーサー) の、いづれかを選択し、 "モード(Mode):" を、画面(Screen)にする。 *********************************************************** *********************************************************** *********************************************************** USB の入力デバイスは udev によって認識された順に /dev/input/event* というデバイスファイルが割り当てられる 毎度異なる番号が振られてしまい、不便。 Wacom のタブレットに限っては毎度 "/dev/wacom" にリンクを張ってもらえるよう設定。
    # cat /etc/udev/rules.d/70-wacom.rules
    DRIVER=="wacom", SYMLINK+="wacom0"
    #
++++++++++++++++++++++++++++++++++++ LinuxでWacomタブレットを使おう http://opentechpress.jp/developer/06/06/02/0126256.shtml The Linux Wacom Project http://linuxwacom.sourceforge.net/index.php/dl inuxwacom-0.7.4-3.tar.bz2 2006-06-19 Supports kernels 2.6.15/16 標準の ./configure と make でビルドする。 /lib/modules/2.6.16-1.2133_FC5/kernel/drivers/usb/input/wacom.ko /usr/lib/xorg/modules/input/wacom_drv.so ダウンロードしたパッケージに含まれている wacom_drv.oファイルを、システムにコピーして 既存の wacom_drv.o ファイルを上書きする方法 http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=8&TID=1925 Fedora core4 + Gimp でタブレットを使う。 $ rpm -qa | grep linuxwacom linuxwacom-0.6.6-5 http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=9&TID=3489 Fedora core5, core6 + Gimp でタブレットを使う。 $ rpm -qa | grep linuxwacom linuxwacom-0.7.2-1.2 $ vi /proc/bus/input/devices
I: Bus=0011 Vendor=0001 Product=0001 Version=ab41
N: Name="AT Translated Set 2 keyboard"
P: Phys=isa0060/serio0/input0
S: Sysfs=/class/input/input0
    H: Handlers=kbd event0 
B: EV=120013
B: KEY=4 2000000 3802078 f840d001 f2ffffdf ffefffff ffffffff fffffffe
B: MSC=10
B: LED=7

I: Bus=0011 Vendor=0002 Product=0005 Version=0000
N: Name="ImPS/2 Generic Wheel Mouse"
P: Phys=isa0060/serio1/input0
S: Sysfs=/class/input/input1
    H: Handlers=mouse0 event1 
B: EV=7
B: KEY=70000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=103

 ◆ WACOM FAVO CTE-440/P1 の場合。
I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0015 Version=0403
N: Name="Wacom Graphire4 4x5"
P: Phys=
S: Sysfs=/class/input/input2
    H: Handlers=mouse1 event2 
B: EV=1f
B: KEY=1c63 0 700ff 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=100
B: ABS=3000003
B: MSC=1
 ◆ WACOM intuos2 i-620UGIB USB の場合。
I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0042 Version=0126
N: Name="Wacom Intuos2 6x8"
P: Phys=
S: Sysfs=/class/input/input2
H: Handlers=mouse1 event2 
B: EV=1f
B: KEY=1cdf 0 1f0000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=100
B: ABS=f000163
B: MSC=1
当方用メモ)
 ◆ 当方で、通常 Wacom が、event2 だが、
    Wacom が、event3 の場合。
/etc/X11/xorg.conf は、
xorg.conf.fed6.nvidia.4200.1920.wacom では、なく、
xorg.conf.fed6.nvidia.4200.1920.wacom.event3 を使用のこと。
/etc/X11/xorg.conf での、設定で、Wacom を、event2 に設定したが、
$ vi /proc/bus/input/devices
で、確認すると、Wacom が、event3 等と、xorg.conf の設定と異なっている場合、
/usr/bin/xidump Stylus は、
エラーとなる使用できないので、注意のこと。
$ vi /proc/bus/input/devices
I: Bus=0011 Vendor=0001 Product=0001 Version=ab41
N: Name="AT Translated Set 2 keyboard"
P: Phys=isa0060/serio0/input0
S: Sysfs=/class/input/input0
H: Handlers=kbd event0 
B: EV=120013
B: KEY=4 2000000 3802078 f840d001 feffffdf ffefffff ffffffff fffffffe
B: MSC=10
B: LED=7

I: Bus=0011 Vendor=0002 Product=0005 Version=0000
N: Name="ImPS/2 Generic Wheel Mouse"
P: Phys=isa0060/serio1/input0
S: Sysfs=/class/input/input1
H: Handlers=mouse0 event1 
B: EV=7
B: KEY=70000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=103

I: Bus=0010 Vendor=001f Product=0001 Version=0100
N: Name="PC Speaker"
P: Phys=isa0061/input0
S: Sysfs=/class/input/input2
H: Handlers=kbd event2 
B: EV=40001
B: SND=6

I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0015 Version=0403
N: Name="Wacom Graphire4 4x5"
P: Phys=
S: Sysfs=/class/input/input3
H: Handlers=mouse1 event3 
B: EV=1f
B: KEY=1c63 0 700ff 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=100
B: ABS=100 3000003
B: MSC=1
++++++++++++++++++++++++ /etc/X11/xorg.conf に、 wacomディバイスについての記述を追加。 Stylus(スタイラス)、Cursor(カーソル)、Eraser(イレーサー) ************************************ 毎度異なる番号が振られてしまい、不便。 Wacom のタブレットに限っては毎度 "/dev/wacom" にリンクを張ってもらえるよう設定。
    # cat /etc/udev/rules.d/70-wacom.rules
    DRIVER=="wacom", SYMLINK+="wacom0"
    #
************************************
● 当方で、使用中の、
   Fedora core5, core6 の、xorg.conf の、追加部分を、
   下記に、掲載。

注) 上記で掲載してある様に、
    $ vi /proc/bus/input/devices で、
    wacom の、event* のディバイス名を、調べておくこと。
    下記の例では、
	Option "Device" "/dev/input/event2"
    の箇所。
    ( event2 や、event3 等、各自のシステムに合わせること )
Section "ServerLayout"
	Identifier     "single head configuration"
	Screen      0  "Screen0" 0 0
	InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
	InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"

#+++++ start wacom tablet +++++
	### wacom tablet
	# ペン先 ( スタイラス )
	InputDevice "Stylus" "SendCoreEvents"
	# 消しゴム ( イレーサー )
	InputDevice "Eraser" "SendCoreEvents"
	# マウスとして使用 ( カーソル )
	InputDevice "Cursor" "SendCoreEvents"
#+++++ end   wacom tablet +++++
EndSection

### mice をコメントアウトしてマウスの設定を mouse0にしておくと、
### 切り替えた際にタブレットの入力は正常なのに
### マウスはアチコチにカーソルが飛んでいってしまって利用できない。
### mice に戻すと通常動作 ( web より )

#+++++ start wacom tablet +++++
# "Wacom Graphire4 4x5" ( Model: CTE-440 )

Section "InputDevice"
	Identifier "Eraser"
	Driver "wacom"
	### 最後のwacom部分は先に調べた、event* のディバイス名に変える
###	Option "Device" "/dev/input/wacom0"
	Option "Device" "/dev/input/event2"
	Option "Type" "eraser"
	Option "USB" "on"

#	Option "Mode" "Absolute"
#	Option "KeepShape" "Off"
#	Option "TopX" "3"
#	Option "TopY" "44"
#	Option "BottomX" "10205"
#	Option "BottomY" "7386"
EndSection

Section "InputDevice"
	Identifier "Stylus"
	Driver "wacom"
	### 最後のwacom部分は先に調べた、event* のディバイス名に変える
###	Option "Device" "/dev/input/wacom0"
	Option "Device" "/dev/input/event2"
	Option "Type" "stylus"
	Option "USB" "on"
	Option "Button2" "3"
	Option "Button3" "2"

#	Option "Mode" "Absolute"
#	Option "KeepShape" "Off"
#	Option "TopX" "3"
#	Option "TopY" "44"
#	Option "BottomX" "10205"
#	Option "BottomY" "7386"
EndSection

Section "InputDevice"
	Identifier "Cursor"
	Driver "wacom"
	### 最後のwacom部分は先に調べた、event* のディバイス名に変える
###	Option "Device" "/dev/input/wacom0"
	Option "Device" "/dev/input/event2"
	Option "Type" "cursor"
	Option "USB" "on"

#	Option "Mode" "Relative"
#	Option "KeepShape" "Off"
#	Option "TopX" "3"
#	Option "TopY" "44"
#	Option "BottomX" "10205"
#	Option "BottomY" "7386"
EndSection
#+++++ end   wacom tablet +++++
● GIMP(GNU Image Manipulation Program)
The Gimp http://www.tcp-ip.or.jp/~shochan/linux/gimp.html [Ctrl]+P で、カラーパレットを開く。 GIMP seminar ( gimp 使いかた ) http://www.ecl.sys.hiroshima-u.ac.jp/system/seminar/gimp/GIMP.htm
Gold
	#FFD700	rgb(255,215,0)
LightGoldenrodYellow
	#FAFAD2	rgb(250,250,210)
PaleGoldenrod
	#EEE8AA	rgb(238,232,170)
DarkGoldenrod
	#B8860B	rgb(184,134,11)

goldに近い?
R:200
G:181
B: 61
******************************************************** gimp ペンの傾き http://gimp2.info/my/conv.php?url=toollist.html ******************************************************** gimp ギンプとは http://www.geocities.jp/gimpfile/gum_jp/content.html 鉛筆と絵筆ツール http://www004.upp.so-net.ne.jp/iccii/usegimp/UseBrush.html GIMP の使い方 http://www004.upp.so-net.ne.jp/iccii/usegimp/usegimp.html http://www.kyoto-su.ac.jp/~kbys/cstext/gimp.html http://chezmii.blog18.fc2.com/blog-category-12.html +++++++++++++++++++++++++++++++++++ GIMP for Windows http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se190877.html 上記は、古いので、下記を使用のこと。
● Windows版 GIMPのダウンロード ( GIMP 2.2.13 )
参考) http://www.yukiyama.net/gimp/index.html Windows版 GIMPのダウンロード http://gimp-win.sourceforge.net/stable.html
gimp-2.2.13-i586-setup-1.zip
gtk+-2.8.18-setup-1.zip
上記を、解凍する
gimp-2.2.13-i586-setup-1.exe
gtk+-2.8.18-setup-1.exe
先に
gtk+-2.8.18-setup-1.exe
を、実行し、インストールする
注) インストールすると、最後の方で、
□ Choose language for GTK+ programs now
とでるので、 □ に、チェックをして、"Finish" を、クリックする。 次に、
Current user's language: Japanese[ja]
All user's language: Japanese[ja]
に、設定し、"OK" を、クリックする。 これを、しないと、日本語表示とならない。
+++++++++++++++++++++++++++ 次に、
gimp-2.2.13-i586-setup-1.exe
を、実行し、インストールする +++++++++++++++++++++++++++ vi \PROGRA~1\COMMON~1\GTK\2.0\etc\gtk-2.0\gtkrc +++++++++++++++++++++++++++ ◆ ファーボ ( FAVO ) 4代目 [ 2005/09/16 ] WACOM FAVO CTE-440/P1 ( @14,973 ) WACOM FAVO CTE-440/P1 WACOM FAVO CTE-440/W2 ( オープン価格 ) WACOM FAVO CTE-440/W2 WACOM FAVO CTE-440/S0 分解能 0.0125mm 注) FAVO コミックパックには、ファーボマウス、ペンスタンドは付属しない。 コミックパック広場 Sofmap 6480 + 525 - 118 = 6888 ( 2006/09/11 ) じゃんぱら 5980 + 1575 / 2 = 6768 ( 2006/10/07 ) Sofmap 6500 + 0 - 73 = 6423 ( 2007/01/17 ) じゃんぱら 3680 + 1575 / 2 = 4468 ( 2007/05/16 ) PenTablet_494-3.exe タブレットを、接続して、 ドライバーを、setup する。 当方用メモ
注) 必ず、現在、入っている、タブレットの、ドライバーを削除してから、
    インストールすること。( 2種類入っていると、GA-M55plus-S3G は、
    Windows が、□□□□□.... の箇所で、ハングアップし、立上らず。
cd \wacom\favo\driver
PENTAB~1.EXE
WACOM FAVO CTE-440 発売
 ◆ DVD-RAM をセットしたり、 USB メモリ、カードリーダをマシンに挿すと 
    Adobe Photo Downloader が、勝手に起動して、困る。
Adobe Photo Downloader を止めるには。
Photoshop Elements を、写真整理モード で起動。

 [編集] メニューから [環境設定] − [カメラまたはカードリーダ] を選択。

 [取り込み] セクションの 

 [Adobe Photo Downloader を使用してカメラまたは
  カードリーダから写真を取り込む]  のチェックをはずす。 
◆ インテュオス2 ( intuos2 ) [ 2001/09 ] http://tablet.wacom.co.jp/products/intuos2/intuos2_index.html 分解能 0.01mm WACOM intuos2 i-620UGIB USB ( アイシーブルー @36,500 ) 343x258x14mm Sofmap 11800 + 525 - 125 = 12200 ( 2006/09/10 ) http://tablet.wacom.co.jp/what/detail/detail_press.html?nno=265 WACOM intuos2 BONUS PACK i-620USB BP intuos2+SmartSCroll 2003/11/21 ( ボーナスパック @38,000 ) 型番: i-620UGBP WACOM intuos2 i-620 USB(CS クールシルバー) WACOM Smart Scroll SS-100(S) じゃんぱら 9800 + 1050 + 525 = 11375 ( 2006/11/25 ) WACOM intuos2 i-420UGIB USB ( アイシーブルー @23,500 ) 225x210x7.5mm Sofmap 9700 + 105 - 64 = 9741 ( 2006/10/06 振込み ) じゃんぱら 5980 + 1575 / 2 = 6768 ( 2007/04/15 ) タブレットドライバ Windows V4.93-3Jwi 2006/01/10 V493-3Jwi.exe タブレットを、接続して、 ドライバーを、setup する。 当方用メモ
注) 必ず、現在、入っている、タブレットの、ドライバーを削除してから、
    インストールすること。( 2種類入っていると、GA-M55plus-S3G は、
    Windows が、□□□□□.... の箇所で、ハングアップし、立上らず。
cd \wacom\intuos2\driver
setup.exe
◆ インテュオス3 ( intuos3 ) [ 2004/09 ] PTZ-630 分解能 0.005mm intuos3 PTZ-630/G0 じゃんぱら 7480 + 1575 / 2 = 8268 ( 2006/12/12 ) intuos3 PTZ-430/S0 ( 未使用 ) じゃんぱら 9800 + 1575 / 3 = 10308 ( 2006/12/13 ) intuos2 から大きく変わったのは、 入力にグリップペンと 5ボタンマウス(コードレス/電池レス)のほか、 ExpressPad(エクスプレスパッド) が利用できるようになった点。 +++++++++++++++++++++++++++ FAVO CTE-440 208x203.8x17.8mm CTE-640 278x263.8x18mm
*******<< ★ かってに タブレット( wacom tablet + GIMP ) [ 終了 ] >>******* ============================================================== =====<< start HD#2 >>========================================= ### scsi HD#2 -> sdb ### ide HD#2 -> hdb
$ su -l
# fdisk /dev/hdb  ( パーティションを作る )
	p  ..... 領域テーブルを表示する
	l  ..... 既知の領域タイプをリスト表示する
	n ..... パーティションの作成
	d ..... パーティションの削除
	w ..... パーティション情報の書き込みと終了
	m ..... コマンドヘルプ 
	Command (m for help):n
		e extended
		p primary partition (1-4)
	p
	Partition number(1-4):1
	First cylinder(1-256):1
	Last cylinder ...(1-256):256
	Command (m for help):p
	Command (m for help):w
# mkfs -t ext2 /dev/hdb1 ( フォーマット )
	ext2 …… ファイルシステムの種類
	hdb1 …… パーティション名 
# mount -t ext2 /dev/hdb1 /mnt2
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
/sbin/fsck
◆ /sbin/fsck - Linux ファイルシステムのチェックと修復を行う

◆ /sbin/e2fsck - Linux ext2/ext3 ファイルシステムをチェックする
  -p     ファイルシステムを質問なしで自動的に修復 (preen) する。

アンマウントされた /dev/sdb3 デバイス上で
ファイルシステムを検査する例。

$ su
# umount /dev/sdb3
# /sbin/e2fsck /dev/sdb3
( # /sbin/e2fsck -p /dev/sdb3 )
( # /sbin/e2fsck -y /dev/sdb3 )
( # /sbin/e2fsck -p -f /dev/sdb3 [ -f 強制的に ] )
( # /sbin/e2fsck -y -f /dev/sdb3 [ -f 強制的に ] )

http://www.linux.or.jp/JM/html/e2fsprogs/man8/e2fsck.8.html
-p  ファイルシステムを質問なしで自動的に修復 (preen) する。
-y  全ての問いに対して「yes」と答える。これによって
    e2fsck を非対話的に動作させることができる。
ext3 ファイルシステムに対しては、
e2fsck は通常ジャーナルを実行して終了。
◆ swapファイル   Linuxで使用するスワップ領域を、システム構築後、 拡張したい場合、下記のように、スワップ領域を作成可能。  HDD領域に使用していない領域がある場合 "fdisk" でパーティションの設定をした後、 "mkswap" コマンドで、 スワップ領域としてのフォーマットする。 ( /dev/sda3 の、例 ) # /sbin/mkswap /dev/sda3 "swapon"コマンドで、 フォーマットしたスワップ領域を、使用開始する。 # /sbin/swapon /dev/sda3 /etc/fstab を 設定しておけば、 システム起動時に自動的に "swapon"が実行されてスワップ領域として利用できるようになる。
ext3 の時
	# fdisk /dev/hdb  ( パーティションを作る )
	# /sbin/mke2fs /dev/hdb1 ( フォーマット )
	# /sbin/tune2fs -j /dev/hdb1 ( ext2 ファイルシステムを  ext3にする )
	( /sbin/tune2fs -J size=8 /dev/hdb1 )
	# mount -t ext3 /dev/hdb1 /mnt2

# mount -t ext3 -o data=journal /dev/sdb1 /mnt2
( journalモードの書き込み速度は極めて低速 )

# mount -t ext3 -o data=ordered /dev/sdb1 /mnt2
"-o data=ジャーナルモード" の部分は省略することもできる。
省略した場合には、デフォルトであるorderedが使われる。
( 安全性重視という意味においてorderedモードを使うほうがよい )

ext2としてマウントし時の差は、
ファイルの作成や削除といった場合は、2倍位になる時がある。

# /bin/dmesg | grep internal
EXT3 FS on hda1, internal journal
EXT3 FS on hda2, internal journal
EXT3 FS on hda5, internal journal
ext3ファイルシステムを作成するには、
# mke2fs -j フォーマットしたいブロックデバイス名
( 上記の、/sbin/tune2fs -j /dev/???? が、不要となる )

mke2fsコマンドでext3ファイルシステムを作成した場合、
35回マウントされるかマウント後に180日間経過した後、
再マウントしようとした場合には、
再起動時に強制的にfsckコマンドが実行されるようになっている。

これを解除するには、tune2fs コマンドを次のように実行する。
# /sbin/tune2fs -c0 -i0 ブロックデバイス名 
ext3 から ext2 に戻すには # /sbin/tune2fs -O^has_journal [ext2 に戻したい device] +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ # /etc/fstab /dev/hdb1 /mnt2 ext2 defaults 1 2
=====<< end HD#2 >>========================================= =====<< start fd format >>==================================== ### fd format
# fdformat /dev/fd0H1440 (unix)
# mke2fs /dev/fd0 1440 (unix)
# mformat a: (ms-dos)
# mount -t ext2 /dev/fd0 /mnt/floppy (unix)
# mount -t ext2 /dev/fd0 /media/floppy ( Fedora core3 )
# mount -t msdos /dev/fd0 /mnt/floppy (ms-dos)
# mount -t msdos /dev/fd0 /media/floppy ( Fedora core3 )
=====<< end fd format >>==================================== =====<< start hdparm >>========================================
# /sbin/hdparm -t /dev/hda
# /sbin/hdparm -t -d1 /dev/hda ( dma on )
# /sbin/hdparm -t -d0 /dev/hda ( dma off )
# vi /etc/rc.d/rc.local
	/sbin/hdparm -t -d1 /dev/hda

● DMA転送モードが有効になっているかどうかの確認方法
 ( "using_dma = 1 (on)"となっていれば、DMA転送は有効 )

# /sbin/hdparm /dev/hda
	/dev/hda:
	multcount    = 16 (on)
	IO_support   =  1 (32-bit)
	unmaskirq    =  1 (on)
	using_dma    =  1 (on)
	keepsettings =  0 (off)
	readonly     =  0 (off)
	readahead    =  8 (on)
	geometry     = 2501/255/63, sectors = 40188960, start = 0

# /sbin/hdparm /dev/cdrom
( /sbin/hdparm /dev/hdc)
( /dev/hdc は、それぞれで異なる )
  /dev/hda プライマリのマスターに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdb プライマリのスレーブに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdc セカンダリのマスターに、ドライブが付いている場合。
  /dev/hdd セカンダリのスレーブに、ドライブが付いている場合。
/dev/cdrom: HDIO_GET_MULTCOUNT failed: Invalid argument IO_support = 1 (32-bit) unmaskirq = 1 (on) using_dma = 1 (on) keepsettings = 0 (off) readonly = 1 (on) readahead = 8 (on) HDIO_GETGEO failed: Invalid argument ● DMA転送を有効にする方法 /etc/rc.d/rc.local /sbin/hdparm -d1 /dev/hda などで、 システム起動時に以下のコマンドが 実行されるようにしてください。
=====<< end hdparm >>========================================
● /etc/printcap
pr001:\
        :sh:\
        :rm=192.168.0.10:\
        :rp=lp:\
        :sd=/var/spool/lpd/pr001:\
        :lf=/var/log/lpd/pr001-errs:

pr001 	システム上で使用するプリンタ名
sh  	ヘッダページを出力するかしないかを設定します。
	この設定は禁止を意味します。
rm 	プリントサーバのIPアドレスまたはホスト名を設定します。
rp 	プリントサーバに設定されているキュー名を設定します。
sd 	システム上のスプールディレクトリを設定します。
	このディレクトリを作成する必要があります。
lf 	エラーログファイルを格納するディレクトリを設定します。
	このディレクトリを作成する必要があります
● その他、各種サーバー等の設定ファイル等
/etc/hosts
/etc/aliases
/etc/resolv.conf
/etc/exports
/etc/ftpusers
/etc/ftpaccess
/etc/httpd/conf/httpd.conf
	### MMM Options Indexes FollowSymLinks
	### index.htmlなど存在しないディレクトリにアクセス時、
	### ディレクトリのファイル一覧を表示しない。
	    Options -Indexes FollowSymLinks
/etc/httpd/conf/access.conf (Fedora core2 以後使用しなくなった) /etc/httpd/conf/srm.conf (Fedora core2 以後使用しなくなった) /etc/samba/smb.conf /etc/named.conf (DNS) /var/named/?????.co.jp他 /etc/sendmail.cf /etc/mail/local-host-names /etc/mail/access
============================================================== *******<< ★ 不要なサービスの停止 [ 開始 ] >>******* ● 不要なサービスの停止の例
  システム設定  →  サーバ設定  →  サービス
	apmd
	isdn
	pcmcia
	rhnsd
	sshd
	mdmonitor ( Fedora core2, core3 で raidを使用していない場合 )
	mdmpd ( Fedora core2, core3 で raidを使用していない場合 )
参考)
●  Fedora core3 のサービス一部抜粋
-------------   -----------------------------------------------------
サービス名 		機能と対処
-------------   -----------------------------------------------------
FreeWnn 	かな漢字変換のFreeWnnを使う。
acpid 		Advanced Configuration and Power Interfaceの
		イベントデーモン。
		ACPI対応のマザーボードを使っている場合にはオン。
anacron 	システム停止時等でcronが起動できなかった定時作業実行。
apmd 		ノートパソコンのバッテリ残量が少なくなった時に
		自動シャットダウンさせる。
atd 		所定した時刻にコマンドを実行する。
autofs 		ファイルシステムの自動マウントおよびアンマウントする。
canna 		かな漢字変換のcannaを使う。
chargen 	デバックなどで利用するCharacter Generator。
chargen-upd 	デバックなどで利用するCharacter Generator。
cpuspeed 	システムのアイドル比率に応じ、
		CPUの動作周波数を上下させて消費電力を最小化する。
crond 		定期的にジョブを実行するためのジョブスプーラ。
cups 		プリンターを使わない場合はオフ。
cups-lpd 	プリンターをネットワーク上で共有する。
daytime 	日時を通知する。
daytime-upd 	日時を通知する。
dbskkd-cdb 	高速データベースを用いたSKKサービス。
echo 		デバックなどで利用するDiscard。
echo-upd 	デバックなどで利用するDiscard。
gpm 		テキストモードでマウスを使う。
iiim 		IIIMF(htt) 入力メソッド。
iptables 	ネットワークセキュリティ設定(パケットフィルタリング)。
	( ファイアウォール )
	# /etc/rc.d/init.d/iptables stop ← ファイアウォール停止
irda 		赤外線通信を行う。
irqbalance 	マルチCPU環境で2nd CPU以降も割込処理を行えるように。
isdn 		ISDNカードを使えるようにする。
kudzu 		起動時に新しく接続されたハードウェアを検出する。
mdmonitor 	ソフトウェアRAIDのモニター。
mdmpd 		ソフトウェアRAIDのモニター。
messagebus 	アプリケーション間のメッセージを送るデーモン。
microcode_ctl 	Intel IA32 マイクロコードの更新をできるようにする。
named           BIND はツール群の総称なので、
                実際の DNSサーバのプログラム は named になる。
netdump 	ネットワーク越しに、データとメモリダンプを送る。
netfs 		起動時にマウントするように設定された
		ネットワークファイルシステムをマウントする。
netplugd 	ネットワークケーブルのホットプラグ管理デーモン。
network 	起動時にネットワークの設定をする。
		オフにするとネットワークの接続ができなくなる。
nfs 		UNIX系OSでよく使われているNFS)サーバーを有効にする。
nfslock 	NFSファイルロック機構を提供する。
nscd		ネームサービスキャッシュデーモン
ntpd 		NTPを使用してシステム時刻の同期化を実現する。
		時刻の設定ツールによって設定される。
pcmcia 		PCMCIA(PCカード)のデバイスドライバーをロードする。
		設定がされていると起動する。
portmap 	RPCと呼ばれる通信の仕組みで使われる。
		NFSは RPCの働きに依存
psacct 		プロセスアカウントサービス。
		ユーザのコマンド実行数管理などではオン。
readahead 	ページ・キャッシュ内ファイルのページを前もって読出。
readahead-early	ページ・キャッシュ内ファイルのページを前もって読出。
rhnsd 		アップデート情報を一定時間ごとにチェック。
rpcgssd 	RPCと呼ばれる通信の仕組みで使われる。
rpcidmapd 	RPCと呼ばれる通信の仕組みで使われる。
rpcsvcgssd 	RPCと呼ばれる通信の仕組みで使われる。
rsync 		ネットワーク上でファイルを同期させる。
saslauthd 	OpenLDAPというディレクトリサーバなどの認証デーモン。
sendmail 	メールサーバを使用する場合はオン。
smartd 		HDDの障害予測サービス。
smb 		Windowsとファイルを共有するサービス。
snmpd		Simple Network Management Protocol (SNMP) デーモン
squid		高機能なWeb proxyサーバ
sshd 		SSHによるリモートログインを可能にする。
swat 		Webブラウザを用いてsambaの設定を行う。
syslog 		システムのログをファイルに保存する。
time 		timeプロトコル。
time-upd 	timeプロトコル。
vncserver 	リモートコントロールシステム。
winbind 	LinuxとWindowsの間の統一ログオン。
xinetd 		管理下に置かれたサービスの起動などを制御する。
		sgi_famも使っている。
ypbind
yum 		パッケージを最新に保つためのデーモン。
		yumコマンドを実行すると起動する。
*******<< ★ 不要なサービスの停止 [ 終了 ] >>******* ==============================================================
当方用メモ)
xtool.bat
#=================
##### kmix
#=================
/usr/bin/kmix &


# スクリーンサイズ と、リフレシュレート の、変更
#=================
##### システムツール スクリーンのリサイズ & 回転
#=================
/usr/bin/krandrtray &


#=================
##### システムモニタ
#=================
/usr/bin/gnome-system-monitor &


#=================
##### xclock
#=================
xclock -update 1 -geometry 120x120+60-30 -bg gray -fg White -hands green -highlight Blue &


#=================
##### cut past 表示
#=================
# /usr/bin/klipper &

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2013 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る