[ 2013/06/19 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux30 (続き29) ☆☆☆
                        *** Freely Linux30. (it continues, 29) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
xine の検索で、ここに来た場合は ( stdin 等)
"かってに Linux11" が、xine の、インストール等の記録です。
xine の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。

xine [メディアプレイヤー]
[ xine は、2007/06/01 以降(バージョン 0.99.6) を使用のこと ]
[ 0.99.5, 0.99.6 で文字化けする時 $ LANG="en_US" /usr/bin/xine & ]
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8,9,10 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9, 10 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9, 10 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9, 10 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 7(2.6.21-1.3194.fc7) の、
F-7-i386-DVD.iso ダウンロード先(入手先)等は、
"かってに Linux4" に。 左記クリック。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ かってに mplayer (メディアプレイヤー)[開始] >>*******
● <<< mplayer [ Fedora core5 で確認済 ] >>>
	注) Fedora core5 インストール時、Xソフトウェア開発を追加し、
	    その詳細の全てを、チェックすること。


http://www.mplayerhq.hu/homepage/design6/dload.html

又は、( 下記の方が、便利かも [ 手っとり早い ])

http://www2.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/

1. 上記から、ダウンロード
   ( ここでは、Fedora core5, core6 の場合の例
     Fedora core5, core6 にて、確認済み )
注) Fedora core5, core6 は、MPlayer-1.0pre8.tar.bz2 以前のものは、
    gcc が異なる為、make できなかった。
http://www2.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/ から、 MPlayer-1.0pre8.tar.bz2 11-Jun-2006 20:39 7.8M MPlayer-1.0rc1.tar.bz2 23-Oct-2006 00:38 8.0M MPlayer-1.0rc2.tar.bz2 07-Oct-2007 22:29 8.9M
下記、4つが、必要。

	MPlayer-1.0pre8.tar.bz2
	MPlayer-1.0rc1.tar.bz2
	MPlayer-1.0rc2.tar.bz2
	all-20060611.tar.bz2
		( ここでは、essential ではなく、allを、入れる例 )
	font-arial-iso-8859-1.tar.bz2
	Blue-1.6.tar.bz2
2. Win32用コーデック を、インストールする。
	( Win32用コーデック をインストールする必要がある )
essential*.tar.bz2 ではなく、 all-20060611.tar.bz2 を、 下記から、ダウンロード
Index of /MPlayer/releases/codecs
http://www1.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/codecs/
ここでは、/usr/local/src/mplayer に、インストールする例。
( /usr/local/src/mplayer は、各自による )
$ su
# mkdir /usr/local/src/mplayer
# chmod 777 /usr/local/src/mplayer
# exit
 ここに、下記、4つを、ダウンロードしてある場合の例。
	MPlayer-1.0pre8.tar.bz2
	MPlayer-1.0rc1.tar.bz2
	MPlayer-1.0rc2.tar.bz2
	all-20060611.tar.bz2
		( ここでは、essential ではなく、allを、入れる例 )
	font-arial-iso-8859-1.tar.bz2
	Blue-1.6.tar.bz2
$ cd /usr/local/src/mplayer $ tar jxvf all-20060611.tar.bz2 $ su # mkdir /usr/lib/codecs
    /usr/lib/codecs ディレクトリ内 にコピー
	/usr/local/lib/codecs の下に置く。
	ここは codec の default directory なので、
	置くだけで configure の時に見付けてくれる。
	( $ ./configure --confdir=/etc/mplayer --enable-gui )
# chmod 777 /usr/lib/codecs # exit $ cp -p all-20060611/*.dll /usr/lib/codecs/
3. MPlayer を、インストールする。
$ cd /usr/local/src/mplayer
$ tar jxvf MPlayer-1.0pre8.tar.bz2
$ tar jxvf MPlayer-1.0rc1.tar.bz2
$ tar jxvf MPlayer-1.0rc2.tar.bz2
$ cd MPlayer-1.0pre8
$ cd MPlayer-1.0rc1
$ cd MPlayer-1.0rc2

### $ ./configure --confdir=/etc/mplayer --enable-gui --with-win32libdir=/usr/local/lib/w32codecs
$ ./configure --confdir=/etc/mplayer --enable-gui
	/usr/local/lib/codecs の下に置く。
	ここは codec の default directory となっていて、
	ここに、置くと、
	--with-win32libdir=/usr/local/lib/w32codecs 等と、
	指定しなくとも、configure の時に見付けてくれる。
	( $ ./configure --confdir=/etc/mplayer --enable-gui )

下記、make は、かなり時間がかかる。
$ make $ su # make install install -m 755 -s mplayer /usr/local/bin/mplayer ln -sf mplayer /usr/local/bin/gmplayer ( # make uninstall 削除する場合 [ アンインストール ] ) # exit
下記の、/dev/video2 は、
各自による。
通常は、1枚だけ、使用時は、/dev/video0 となる。
[ 当方は、複数枚、使用の為、/dev/video2 を使用 ]
( $ /usr/local/bin/mplayer /dev/video2 ) ex.) $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv - & $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv - > /dev/null 2>&1 & $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv -aspect 720:512 - & $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv - > /dev/null 2>&1 & $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv -quiet -framedrop -aspect 720:512 - & $ cat /dev/video2 | mplayer -vo xv -cache 8192 -quiet -framedrop -aspect 720:512 - & $ mplayer -vf crop=720:480:0:0 -dr -quiet -double -framedrop -aspect 720:512 -demuxer rawvideo -rawvideo ntsc:hm12 /dev/video32
  -quiet
      ターミナルへの無駄な出力を抑えて負荷を軽くする。ただし、
      MP3 再生時などの曲名表示(ID3 タグ表示)は行われるが、
      現在の再生時間の表示等は行われなくなる。 

  -dr
      フレームバッファに直接描画する。

  -framedrop
      映像と音の同期が取れない場合にフレームを飛ばして同期を取る。

  -double
      ダブルバッファリングを行う。
ivtv の場合の例。[ 2006/11/23 追加 ]
当方では、主に、xine を利用しているが、 ぱ研 CX23416GYC-STVLPの解析 にて ブロックノイズがでる件で、 かなり、苦戦している状態なので、 試しに、当方でも、なにかわかればと、 Fedora core6 にて、 MPlayer-1.0rc1.tar.bz2 を使用し、試してみた。 あれ、少ししたら、ブロックノイズがでる..... なんで〜〜〜 [ 2006/11/23 AM 02:54 追加 再立上げしたら、当方のも、 ブロックノイズがでるようになったのだ....... しかも、いままで、正常に動作していた、xine までもが.... これでは、ivtv が使用てきない..... GV-MVP/RX 7枚、GV-MVP/RX2 2枚 を、 それぞれ、入れ替えみたら、 やはり、 GV-MVP/RX が、やられていた、 別の、PC で、やられていた、GV-MVP/RX を付けたが、ダメ。 試しに、PCI の位置を変更したら、正常にもどった。 そこで、再度、xine と、mplayer(/dev/video32)の 試験開始、結果、下記の画像のとうり ] ◆ 対策にならなかっだが、なぜか、しばらくの間は、良かったこと。 -asepect 4:3 を、-aspect 720:512 にすると、いい時もあったが.....    ( 再立上げしたら、ダメになりました )
重要事項) 2006/11/23  AM 09:30 追加
         当方の、2006/11/23 時点の、test 結果。
xine が、OKで、mplayer(/dev/video32)が、 ダメだったという状態です。 [ 画像の、左上が、xine、右下が、mplayer(/dev/video32 利用)での、 最初、OK で、5時間経過の状態 ] ・画像は、クリックで、大きくなります。 現在、[ 2006/11/23 AM 10:40 ] $ cat /dev/video2 | mplayer -quiet -framedrop -vo xv -aspect 720:512 - & で、どうなるか、試験開始中。 2006/11/24 16:20 問題ない。
$ ivtv-tune -d /dev/video2 -t "japan-bcast" -c 57

$ mplayer -dr -quiet -fps 30 -aspect 4:3 -demuxer rawvideo -rawvideo ntsc:hm12 /dev/video32
を使用すると、ブロックノイズがでる。 その後、xine で、使用すると、xine でも、ブロックノイズがでる。 再立ち上げしたが、 mplayer を実施すると、やはり、ブロックノイズがでる。 気になる点。 xine (OK) と、mplayer (4:3 ブロックノイズ) では、 画面比率が、mplayer の方が、縦長になっている。 そこで、試しに、確か、以前、bttv 等で、 監視、検査システムを作成した時、720 x 5?? が、 あったことを、思い出して、 試行錯誤の末、720 x 512 にしてみた。 xine を動作したまま、(ブロックノイズが出ている状態)
$ ivtv-tune -d /dev/video2 -t "japan-bcast" -c 57

$ mplayer -dr -quiet -fps 30 -aspect 720:512 -demuxer rawvideo -rawvideo ntsc:hm12 /dev/video32

$ /usr/bin/aplay -q -f dat < /dev/video24
xine と、mplayer の、サイズが一致し、
なんと、xine と、mplayer 両方の、
ブロックノイズが消え、

xine と、mplayer が、時差付きで、動作している。

う〜〜ん、キレイな画面となったね〜〜。
[ 注) 結局、数時間後、ダメになるのだが... ]

参考になるか、どうか、
これから、ぱ研 に、報告してみよう。 ( macmil_co_jp )

と、報告したまでは、よかったのだが.....

重要事項) 2006/11/23  AM 09:30 追加
2006/11/23  AM 03:55 に、
OK の、状態( xine, mplayer(/dev/video32))で、
仮眠し、今、起きて観たら、

xine の、方は、時々、若干ノイズが出るが、
十分、鑑賞できる。

mplayer(/dev/video32)の方は、
悲惨なことに、ピンクと、グリーンの大きなモザイクの塊で、
判別不能状態です。
xine が、OKで、mplayer(/dev/video32)が、
ダメだったという状態です。
[ 画像の、左上が、xine、右下が、mplayer(/dev/video32 利用)での、
  最初、OK で、5時間経過の状態 ]
 (上の方の画像と同じもの)

  ・画像は、クリックで、大きくなります。
● kernel 毎の、ivtv 違い
  kernel 下記以前用 ivtv 0.2 --> "かってに Linux7"   左記クリツク
  kernel 2.6.16 用、ivtv 0.6 --> "かってに Linux25"  左記クリツク
  kernel 2.6.17 用、ivtv 0.7 --> "かってに Linux34"  左記クリツク

  Fedora core6 (kernel 2.6.18) は、下記へ行ってください。
  kernel 2.6.18 用、ivtv 0.8 --> "かってに Linux27"  左記クリツク
  ( 2006/10/31 現在 ivtv 0.8 で、GV-MVP/RX系 OK でした )
参考) xine の場合。
$ cat /dev/video2 | LANG="en_US" /usr/bin/xine stdin://mpeg2 &

xine の、インストールは、下記を、クリック。( かってに Linux11 ヘ )
● xine [メディアプレイヤー]
4. GUI 用の font と skin を、インストールする。
最後に GUI 用の font と skin を install する。
$ cd /usr/local/src/mplayer
$ tar jxvf font-arial-iso-8859-1.tar.bz2
$ tar jxvf Blue-1.6.tar.bz2
$ su
# cp font-arial-iso-8859-1/font-arial-14-iso-8859-1/* /usr/local/share/mplayer/font/
# mkdir /usr/local/share/mplayer/Skin
# ln -s /usr/local/src/mplayer/Blue /usr/local/share/mplayer/Skin/default

skin は幾つ導入しても良く、起動時には default が使われる。

$ /usr/local/bin/gmplayer
xine は、/usr/local/src/kaff/libdvdcss-1.2.8-2.network.i386.rpm

++++++++

xine を、使用していない場合、
gmplayer で、DVD を観る。

http://developers.videolan.org/libdvdcss/
	releases. の箇所を、クリックすると下記にいく。


http://download.videolan.org/pub/libdvdcss/

下記となるので、

http://download.videolan.org/pub/libdvdcss/1.2.8/
libdvdcss-1.2.8.tar.bz2   21-Jan-2006
を、ダウンロード。

$ tar jxvf libdvdcss-1.2.8.tar.bz2
$ su
# cd libdvdcss-1.2.8
# ./configure --prefix=/usr/local
# make
# make install 
gmplayer を起動 右クリック メニュー [Open...] --> [playe DVD...]
**************************************************


http://contribware.caixamagica.pt/repository/contribution.2005-09-22.8283827916
win32codec-all-20050412-0.i586.rpm  (12.4 MB) とりあえず、使用しない。

/usr/lib/codecs -> win32 ( /usr/lib/win32 )
ivtv の、 w32codec-0.52-1.i386.rpm は、/usr/lib/win32
**************************************************
参考)
お家で使うLinuxTux
http://shino.pos.to/linux/mplayer.html

mplayer (Movie Player for Linux)
http://www.nucl.phys.titech.ac.jp/~kenichi/mplayer.html
*******<< ★ かってに mplayer (メディアプレイヤー)[終り] >>******* ============================================================== ==============================================================
[ 2007/06/03 ]
ivtv 0.10.2, ivtv 0.10.3 での、サンプル
xine を、一旦中止し、再立上げで、通常に戻る。
・画像は、クリックで、大きくなります。
==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2013 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る