[ 2020/03/07 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux32 (続き31) ☆☆☆
                        *** Freely Linux32. (it continues, 31) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ かってに V4L2 ビデオキャプチャー(UVC) [ 開始 ] >>******* "linux002.htm", "linux032.htm"
uvc ではなく、pwc の場合は、下記へ。
● V4L (USB WebCam YUV420P )、キャプチャ・サンプルプログラム
   ( Fedora core2, 3, 4, 5, core6 にて、Qcam Pro 4000 QV-4000WH 動作確認済み )
   ( Qcam Pro 4000 QV-4000WH で、ビデオキャプチャー ) 下記を、クリック。
   ★ かってに V4L(V4L1) ビデオキャプチャー を参照のこと。
core4, core5 標準の、pwc.ko で、問題ある時、
QV-4000 等( pwc )の、ドライバーは、ここを、クリック 
2008/12/22 改訂)
  Fedora 10, CentOS 動作確認済み。

  uvc の、ダウンロードと、インストールは、
  ずっと、下の方にあります。
● Linux UVC driver and tools ( linux-uvc )
   UVC [ USB Video Class ]

下記、左側の、数値は、当方、所有台数。
● 4 Quickcam Pro 5000 USB2.0 ( CentOS で、監視用は、ダメ 2017/07/02 )
	( .idVendor  = 0x046d )
	( .idProduct = 0x08c5 )
	.idProduct = 0x08ce
   Quickcam Pro 5000  200?/??/??  2007/06/28 10570
   Quickcam Pro 5000  200?/??/??  2007/06/28 10570
   Quickcam Pro 5000  200?/??/??  2007/06/29 11140
   Quickcam Pro 5000  200?/??/??  2008/02/17  5100



● 1 Logicool Qcam Orbit MP QVR-13
http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/245&cl=jp,ja
USB2.0
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  200?/??/??  2007/02/13 7800 + 788= 8588
ケーブル長 2.70m
130万画素センサー
	.idVendor  = 0x046d
	.idProduct = 0x08c2
	( .idProduct = 0x08cc )

● 6 QVX-13NS Qcam for Notebook 
http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/204&cl=jp,ja
USB2.0
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2006/12/02 5980 + 805= 6785
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2007/02/13 5980 + 787= 6767
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2007/02/17 5980 + 725= 6705
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2007/04/13 3980 + 525= 4505
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2007/04/13 3980 + 525= 4505
   QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0  2006/09/15  2007/06/16 4980 + 525= 5505
   H60xW25xD39mm
ケーブル長 0.76m
130万画素センサー
	.idVendor  = 0x046d
	( .idProduct = 0x08c3 )
	.idProduct = 0x08cb

USB2.0延長ケ−ブル A-A 1.8m  じゃんぱら 240 x 12= 2880  2007/04/22
imgformat.fmt.pix.pixelformat= V4L2_PIX_FMT_YUYV; ( PAN, TILT は、使用不可 )
    [ Orbit MP QVR-13  1280x960 (1024x576 可能 [640x480 不可]) となる ]
    [ QVX-13NS          640x480 (960x720, 1280x960  可能) となる ]
    [ QCAM-200S         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]
    [ QCAM-200V         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]
imgformat.fmt.pix.pixelformat= V4L2_PIX_FMT_MJPEG; (PAN, TILT 640x480で 使用可)
が、使用可能だった。( Fedora core6 にて、現在使用中 )

"videodev2.h"
V4L2_PIX_FMT_YUYV  v4l2_fourcc('Y','U','Y','V') [ 16  YUV 4:2:2 ]
V4L2_PIX_FMT_MJPEG v4l2_fourcc('M','J','P','G') [ Motion-JPEG ]
● 3 QVX-13NSHS Qcam for Notebook http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/428&cl=jp,ja USB2.0 QVX-13NSHS Qcam for Notebook USB2.0 2006/09/15 2007/02/17 6280 + 425= 6705 QVX-13NSHS Qcam for Notebook USB2.0 2006/09/15 2007/02/17 6280 + 425= 6705 QVX-13NSHS Qcam for Notebook USB2.0 2006/09/15 2007/04/13 4980 + 525= 5505 ケーブル長 0.76m 130万画素センサー ● Qcam Ultra Vision QVU-13 http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/238&cl=jp,ja 14800 2006/10 11753 F1.6 ( 従来の一般的ウェブカメラの開放F値は、F2 または、それ以上 ) ケーブル長 1.80m ● Qcam Fusion QVX-13 http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/245&cl=jp,ja USB2.0 ケーブル長 1.85m ● Qcam Fusion QVX-13S USB2.0 http://www.logitech.com/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/245&cl=jp,ja USB2.0 6920 ケーブル長 1.80m ● 1 Qcam Pro 9000 (QCAM-200S) http://www.logicool.co.jp/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/3056&cl=jp,ja ケーブル長 1.80m .idVendor = 0x046d .idProduct = 0x0990 200万画素センサー カールツァイス社製( Carl Zeiss )の光学ガラスレンズ採用 960x720ピクセル(毎秒30フレーム)で記録できる 720p High-Definition(HD)ビデオフォーマットに対応 最大1,600x1,200ピクセル 最短距離は10cm Webカメラとして初めてオートフォーカス機能を備え、 撮影対象のピントを3秒以内に合わせることが可能。 Qcam Pro 9000 (QCAM-200S) USB2.0 2007/08/10 2007/08/16 6980 + 787= 7767 ● 1 Qcam Pro for Notebooks ( QCAM-200V) http://www.logicool.co.jp/index.cfm/webcam_communications/webcams/devices/3055&cl=jp,ja ケーブル長 0.76m .idVendor = 0x046d .idProduct = 0x0991 200万画素センサー カールツァイス社製( Carl Zeiss )の光学ガラスレンズ採用 960x720ピクセル(毎秒30フレーム)で記録できる 720p High-Definition(HD)ビデオフォーマットに対応 最大1,600x1,200ピクセル 最短距離は10cm Webカメラとして初めてオートフォーカス機能を備え、 撮影対象のピントを3秒以内に合わせることが可能。 QCAM-200V-HS USB2.0 2007/08/10 2007/08/16 5980 + 787= 6767
USB2.0ハイスピードポート
USB規格2.0
ハイスピード(480Mビット/秒)
フルスピード(12Mビット/秒)
ロースピード(1.5Mビット/秒)
usbカメラ 最近USBでビデオカメラを扱う規格が決まった。 Linux UVC driver and tools ( linux-uvc ) http://linux-uvc.berlios.de/ http://developer.berlios.de/softwaremap/trove_list.php?form_cat=257 Linux UVC - Linux driver and user-space tools for USB Video Class devices. Package: linux-uvc-source (0.1.0.svn54-1, 0.1.0-1) http://packages.debian.org/unstable/graphics/linux-uvc-source ロジクール Qcam Fusion ロジクール Qcam Notebook Pro ロジクール Qcam Orbit (QVR-13) Quickcam Pro 5000 USB2.0 http://www.logitech.com/index.cfm/products/details/US/EN,CRID=2204,CONTENTID=10556 ( 2006/10/09 現在、日本国内では、USER SIDE ) USER SIDE http://www.users-side.co.jp/2/shopping/list_nfrm_other_webcam.php Quickcam Pro 5000 11340 ( 2006/10/09 現在 ) 送料 1890 合計 13230 http://us.yesasia.com/jp/Search/SearchResult.aspx http://us.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/section-electronics/code-c/preorder-n/version-all/pid-1004115948/
Device ID      Name  	Manufacturer
041e:4057     Creative Live! Cam Optia 	Creative Labs
046d:08c1     Logitech Quickcam Fusion 	Logitech
046d:08c2     Logitech Quickcam Orbit MP 	Logitech
046d:08c3     Logitech Quickcam Pro for Notebooks 	Logitech
046d:08c5     Logitech Quickcam Pro 5000 	Logitech
046d:08c6     Logitech Quickcam OEM Dell Notebook 	Logitech
046d:08c7     Logitech Quickcam OEM Cisco VT Camera II 	Logitech
046d:08c9     Logitech Quickcam Ultra Vision 	Logitech
046d:08ca     Logitech Quickcam Fusion (2006 model) 	Logitech
046d:08cb     Logitech Quickcam QVX-13NS Qcam for Notebook (2006 model)
046d:08cc     Logitech Quickcam Orbit MP (2006 model) 	Logitech
046d:08ce     Logitech Quickcam Pro 5000 (2006 model) 	Logitech
04cb:0172     Fujifilm FinePix E550 	Fujifilm
19ab:1000     Bodelin ProScope HR 	Bodelin
2008/12/22 改訂)
  Fedora 10 動作確認済み。

  ここら、uvc の、ダウンロードと、
  インストール方法の、開始。
Fedora core6, Fedora 7, 8, 10 に、uvc インストールの例。
[ 2008/12/22 Fedora 7, 8, 10 確認済
  ( 画面下に若干ノイズが出る時があった )]
注) kernel-develが インストールされていること。
    使用する、kernel バージョンの、
    i586用、i686用を確認し、同じ、i?86用の、
    kernel-devel を使用すること。
  ( 下記コマンドで、kernel バージョンの確認 )
$ uname -r

  ( 下記コマンドで、i586、i686 の確認 )
$ uname -m

  ( 下記コマンドで、kernel-devel インストールの確認 )
$ rpm -qa | grep kernel-devel
    インストールされていない場合、(kernel と同じバージョン)
    kernel-develを、インストールすること。
 ◆ svn の、HP
BerliOS project page http://developer.berlios.de/projects/linux-uvc 上記のHPで、下記画面の箇所。
 SVN Repository
  - Browse SVN with HTTP
  - Browse SVN with ViewCVS
  - Browse SVN with WebSVN
uvcvideo の、ダウンロードHP http://svn.berlios.de/svnroot/repos/linux-uvc/linux-uvc/trunk/
2008/12/22 現在 Revision 263 と、なっているので、
以下を、Revision 263 用に、書き換えました。
上記 HPより、
uvcvideo.h
uvc_video.c
uvc_v4l2.c
uvc_status.c
uvc_queue.c
uvc_isight.c
uvc_driver.c
uvc_ctrl.c
uvc_compat.h
svn-version.sh
dynctrl.txt
Makefile
を、svn を使用して、ダウンロードする。
● svn を使用して、ダウンロードする例。
 ◆ subversion パッケージが、
   インストールされているか、確認。
subversion パッケージが、インストールされているか、下記にて、確認。 Fedora core6 の例。
$ rpm -qa | grep subversion
subversion-1.3.2-6
又は、
$ which svn
    /usr/bin/svn
$ rpm -qf /usr/bin/svn
    subversion-1.3.2-6
 ◆ ダウンロードする、ディレクトリを作成する。

    Fedora core6, Fedora 7, 8, 9, Fedora 10 で、
    /usr/local/src/uvc に、ダウンロードする例。

    [ 2007/04/29 Fedora 7 確認済み ]
    [ 2008/12/22 Fedora 10 確認済み ]
$ su
# mkdir /usr/local/src/uvc
# chmod 777 /usr/local/src/uvc
$ exit
$ cd /usr/local/src/uvc
 ◆ svn による、ダウンロードの開始。
$ /usr/bin/svn checkout svn://svn.berlios.de/linux-uvc/linux-uvc/trunk
A    trunk/uvc_ctrl.c
       |
A    trunk/Makefile
リビジョン 263 をチェックアウトしました。
上記の様に、/usr/local/src/uvc/trunk/ に、ダウンロードされる。 ( リビジョン 263 は、2008/12/22 現在 )
 ◆ ダウンロードした、ディレクトリで、
  下記を、実施する。
$ cd、/usr/local/src/uvc/trunk

  ( Revision 263 は、make だけでは、ダメで、下記のように、実行 )
$ make uvcvideo
  ( uvcvideo.ko が、できる )

コメント) ( ここは、無視してよい )
Fedora core6 の例。

Logicool Qcam Orbit MP QVR-13 と、
Logitech Quickcam QVX-13NS Qcam for Notebook 使用。
xawtv は、2007/02/14 現在、うまくいかなかったので、
( luvcview は、OK )
V4L2 用の、当方、プログラムにて、
Fedora core6 で、動作確認済み、現在使用中。

imgformat.fmt.pix.pixelformat= V4L2_PIX_FMT_YUYV; ( PAN, TILT は、使用不可 )
    [ Orbit MP QVR-13  1280x960 (1024x576 可能 [640x480 不可]) となる ]
    [ QVX-13NS          640x480 (960x720, 1280x960  可能) となる ]
    [ QCAM-200S         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]
    [ QCAM-200V         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]
( こちらの方が、今までの、bttv が、流用できる )
又は、
imgformat.fmt.pix.pixelformat= V4L2_PIX_FMT_MJPEG; (PAN, TILT 640x480で 使用可)
( こちらは、jpeg decord が、必要となる )
が、使用可能だった。( Fedora core6 にて、現在使用中 )
 ◆ uvcvideo.ko を、自動で、インストールする。
$ su
# make install

# /sbin/depmod -a
# /sbin/modprobe uvcvideo
# /sbin/lsmod | grep uvcvideo
 ◆ これで、ダウンロードと、
   インストールおわり。
参考) 
 ◆ uvcvideo.ko を、
   手動で、インストールする方法。
$ su
  ( # make install で、よいが、当方は、手動で、下記を実施している
 [ 異なるバージョンや、複数台に、インストールする為 ])
# cp -p uvcvideo.ko /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/media/video/
# chown root:root /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/media/video/uvcvideo.ko
# chmod 744 /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/media/video/uvcvideo.ko

# /sbin/depmod -a
# /sbin/modprobe uvcvideo
# /sbin/lsmod | grep uvcvideo
下記は、当方用メモ[当方専用ですので、無視のこと])
$ cd ...../webcam/uvc/
$ su
# cp -p uvcvideo.ko.263.fed7 /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/media/video/uvcvideo.ko
# cp -p uvcvideo.ko.263.fe10 /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/media/video/uvcvideo.ko
参考) USB の状況確認する場合。当方の例
# cat /proc/bus/usb/devices | grep P:
P:  Vendor=0000 ProdID=0000 Rev= 2.06
P:  Vendor=0409 ProdID=0059 Rev= 1.00
P:  Vendor=056a ProdID=0015 Rev= 4.03
P:  Vendor=046d ProdID=08c2 Rev= 0.05 <-- Qcam Orbit MP QVR-13 の場合
P:  Vendor=0000 ProdID=0000 Rev= 2.06
# cat /proc/bus/usb/devices | grep I:
I:  If#= 0 Alt= 0 #EPs= 1 Cls=09(hub  ) Sub=00 Prot=00 Driver=hub
I:  If#= 0 Alt= 0 #EPs= 1 Cls=03(HID  ) Sub=01 Prot=02 Driver=wacom
I:  If#= 0 Alt= 0 #EPs= 1 Cls=ff(vend.) Sub=01 Prot=00 Driver=uvcvideo
I:  If#= 2 Alt= 0 #EPs= 0 Cls=01(audio) Sub=01 Prot=00 Driver=snd-usb-audio
● 注) 上記の他に、SVN svn ( subversion ) が必要。
( プログラム開発を共同で行う際のバージョン管理システム(CVS の後継 ?)) ( Video4Linux2 (not video4linux) が、インストールされていること ) subversion パッケージが、インストールされているか、下記にて、確認。 Fedora core6 の例。
$ rpm -qa | grep subversion
subversion-1.3.2-6
● Fedora core6 で、ffmpeg と、xine を使用し、
   QVX-13NS の、mp4 録画(ffmpeg)と、鑑賞(xine)をする。
   注) Orbit MP QVR-13 は、320x240 のモードがないので、
       最低、1024x576 から、320x240 等に変換するので、
       実用的ではない。
/usr/bin/ffmpeg を使用し、mp4 録画する。
( ffmpeg リビジョン 6835 を使用 )
( /dev/video3 は、各自による。 ex. video0, video1, video2 )
$ ffmpeg -t 10 -y -vd /dev/video3 -title test -flags +bitexact -vcodec h264
 -coder 0 -level 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25
 -maxrate 1500 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test.mp4
上記は、一行に連結すること。( -vol 256 は、不要 [当方用]) 尚、-coder 0 の替わりに、-coder 1 にすると、数秒で、うまくいかなくなる。 xine で、再生する。
$ LANG="en_US" /usr/bin/xine test.mp4
( 上記、xine の他、QuickTime で、再生OK

  QVX-13NS の、mp4 録画(ffmpeg)は、
  ffmpeg-051130-0.33.tar.gz が、v4l2 に対応していないので、
  使用できない為、ffmpeg リビジョン 6835 を使用しているが、
  PSP, W44S では、認識するが、再生できない )
xine [メディアプレイヤー] へ
"かってに Linux36" に用意しました、
"★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換"  へは、ここをクリック )
注) 上記には、2種類の、ffmpeg を、掲載してあるが、
ffmpeg-051130-0.33.tar.gz を用いた、
ffmpeg ( ffmpeg_psp ) では、
上記の、QVX-13NS (uvc) 等の、録画ができないので、注意すること。
( v4l2 に対応していない )
当方メモ) 2007/04/29
● Fedora core6, Fedora 7,8 にて、
Quickcam Pro 5000 と、
Qcam Orbit MP QVR-13 と、
QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0 動作OK

luvcview-20060706.tar.gz

$ cd /usr/local/src/webcam/uvc/

$ tar xvzf luvcview-20060706.tar.gz
$ make

( 下記は、( ) の中は、ivtv も使用している場合 )
( $ /usr/local/src/ivtv/v4l2-ctl.082 -d /dev/video3 -c brightness=128 初期値 )
( $ /usr/local/src/ivtv/v4l2-ctl.082 -d /dev/video3 -c brightness=157 )
( $ /usr/local/src/ivtv/v4l2-ctl.082 -d /dev/video3 -c brightness=254 )

$ ### ./luvcview -d /dev/video0 -f jpg -s 640x480
$ ./luvcview -d /dev/video2 -f jpg -s 640x480

当方用メモ)
$ /usr/local/src/webcam/uvc/luvcview-20060706/luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 640x480
$ luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 768x576 ( MV QVR-13 704x576 となる )
    注) -f jpg -s 640x480 は、PAN, TILT は、使用可
    注) -f jpg -s 768(704)x576 は、PAN, TILT は、当方では、使用不可だった。
$ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 640x480 ( MV QVR-13 1024x576 となる )
$ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 960x720 ( QVX-13NS 960x720 となる )
$ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 1280x960 ( MV QVR-13 1280x960 となる )
    注) -f yuv は、PAN, TILT は、使用不可

-f yuv は、
    [ Orbit MP QVR-13  1280x960 (1024x576 可能 [640x480 不可]) となる ]
    [ QVX-13NS          640x480 (960x720, 1280x960  可能) となる ]
    [ QCAM-200S         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]
    [ QCAM-200V         640x480 (960x720, 1600x1200 可能) となる ]

Quickcam Pro 5000 は、CCD の為、640x480 のみ。
$ luvcview.fed7 -d /dev/video3 -f jpg -s 640x480 $ luvcview.fed7 -d /dev/video3 -f yuv -s 640x480
Qcam Pro 9000 (QCAM-200S) "UVC Camera (046d:0990)"
$ luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 640x480 $ luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 800x600 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 640x480 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 960x720 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 1600x1200
QCAM-200V "UVC Camera (046d:0991)"
$ luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 640x480 $ luvcview -d /dev/video3 -f jpg -s 800x600 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 640x480 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 960x720 $ luvcview -d /dev/video3 -f yuv -s 1600x1200
*******<< ★ かってに V4L2 ビデオキャプチャー(UVC) [ 終了 ] >>******* ============================================================== ==============================================================
● Modelineを生成してくれるコマンド。
   ( /usr/bin/gtf )
Fedora core6 の例。 $ /usr/bin/gtf 1920 1200 60 ( FC4 $ /usr/X11R6/bin/gtf 1920 1200 60 )
  # 1920x1200 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 74.52 kHz; pclk: 193.16 MHz
  Modeline "1920x1200_60.00"  193.16  1920 2048 2256 2592  1200 1201 1204 1242  -HSync +Vsync
● Fedora core4 core5 core6 での、
MITSUBISHI RDT261WH への、WUXGA(1920x1200)出力
DVI-I 及び、VGA コネクタにて、確認済み。

DVI-D は、PLAYSTATION 3 ( PlayStation3, PS3 ) を、
HDMI端子 DVI 変換 にて、接続。

2010/10/23追加
Fedora 13 は、ずっと下のほうに追加
nVIDIA GF6x00系(NV40コア)以降のVGAなら、ほぼ出力可能。 [ DVI コネクタ付 ] それ以前の、モデルは DVIトランスミッタが外付けの、VGAのみ可能。 ( Sil164などの外付け TMDS ) Ti4200はTDMSを内蔵するものと、[ DVI コネクタ付 ] 10x10mm位の、配線パターンのみ(TMDS無)がある。[ VGAコネクタ のみ? ] [ ex. Silicon Image Sil164CT64 ( サイズ 10x10 mm位 ) ] [ ex. SILICON BRIDGE SB10172AB ( サイズ 10x10 mm位 ) ] TMDS (transition minimised differential signalling) http://lists.debian.or.jp/debian-users/200603/msg00075.html nv で 1920x1200 を表示する方法 参考。
当方使用中の、MITSUBISHI RDT261WH での、
( ベンキュー G2400W 24型 WUXGA(1920x1200) も共通 [2007/10/23 追加])
Feodar core6 + ti4200 の、xorg.conf の一部。
詳細は、下記へ。
● Fedora core4, 5, 6, Fedora 7, 8, Fedora 9 での、
MITSUBISHI RDT261WH への、WUXGA(1920x1200)出力
( ベンキュー G2400W 24型 WUXGA(1920x1200) も共通 [2007/10/23 追加])
へは、下記を、クリック
RDT261WH, G2400W への、WUXGA(1920x1200)出力 を、参照
/usr/bin/gtf で、調べる。 $ /usr/bin/gtf 1920 1200 60 ( FC4 $ /usr/X11R6/bin/gtf 1920 1200 60 ) # 1920x1200 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 74.52 kHz; pclk: 193.16 MHz Modeline "1920x1200_60.00" 193.16 1920 2048 2256 2592 1200 1201 1204 1242 -HSync +Vsync それを、xorg.conf に追加する。 # vi /etc/X11/xorg.conf
Section "Monitor"

 ### Comment all HorizSync and VertSync values to use DDC:
	Identifier   "Monitor0"
	VendorName   "Monitor Vendor"
	ModelName    "Mitsubishi RDT261WH"
 ### Comment all HorizSync and VertSync values to use DDC:
	# MITSUBISHI RDT261WH
	HorizSync 31.5-82.3
	VertRefresh 56-76
	# 1920x1200 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 74.52 kHz; pclk: 193.16 MHz
#	Modeline "1920x1200_60.00" 193.16 1920 2048 2256 2592 1200 1201 1204 1242 -HSync +Vsync
	ModeLine "1920x1200_60.00" 193.2 1920 2048 2256 2592 1200 1201 1204 1242 -hsync +vsync
	Option	    "dpms"
EndSection

Section "Device"
	Identifier  "Videocard0"
	Driver      "nv"
	VendorName  "Videocard vendor"
	BoardName   "nVidia Corporation NV25 [GeForce4 Ti 4200]"
EndSection

Section "Screen"
	Identifier "Screen0"
	Device     "Videocard0"
	Monitor    "Monitor0"
	DefaultDepth     24
	SubSection "Display"
		Viewport   0 0
		Depth     16
		Modes    "800x600" "640x480"
	EndSubSection
	SubSection "Display"
		Viewport   0 0
		Depth     24
		Modes    "1920x1200" "1280x1024" "1152x864" "1152x768" "1024x768" "800x600" "640x480"
	EndSubSection
EndSection
2007/10/23 追加 "linux024.htm", "linux032.htm"
● Fedora 10 以降での、
Fedora 11
Fedora 12
Fedora 13 で、確認済み (2010/10/23)
MITSUBISHI RDT261WH への、WUXGA(1920x1200)出力
( ベンキュー G2400W 24型 WUXGA(1920x1200) も共通 )
◆ Fedora 10 以降での、
Fedora 13 に NVIDIA ドライバを導入する場合
( Ti4200 は、ダメだった。)
RPMFusion から( http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/ ) rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm と rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm を ダウンロードしインストールします。 # rpm -ivh rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm # rpm -ivh rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm 先に、カーネルを、バージョンアップしておく。 # yum -y install kernel-PAE # yum -y install kernel-PAE-devel # yum -y install kmod-nvidia # yum -y install kmod-nvidia-PAE kernel-2.6.34.7-56.fc13.i686.PAE kmod-nvidia-PAE.i686 1:256.53-1.fc13.4 kmod-nvidia-2.6.34.7-56.fc13.i686.PAE.i686 1:256.53-1.fc13.4 xorg-x11-drv-nvidia.i686 1:256.53-2.fc13 xorg-x11-drv-nvidia-libs.i686 1:256.53-2.fc13 このまま、再起動すると スプラッシュ画面で止まり、Xが起動しないので、 NVIDIAドライバ "NOUVEAU" ( nouveau ) Fedoraに搭載されている「nouveau」を使わないように grub.confに以下を追記 /boot/grub/grub.conf の kernel から始まる行の末尾に、 半角スペースを空けて以下を追記します。 rdblacklist=nouveau nouveau.modeset=0 再起動すると、nvidia ドライバが有効になっています。 当方用) Fedora 14 レガシーでなく インストールした場合 1920x1200 の設定で、 スプラッシュ画面で止まり、Xが起動しないので、 /etc/grub.conf の、 ..... KEYTABLE=jp106 の後ろに、 nomodeset SYSFONT=latarcyrheb-sun16 を追加する。 #+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ### KEYTABLE=jp106 # ### KEYTABLE=jp106 nomodeset SYSFONT=latarcyrheb-sun16
2007/10/23 追加
Fedora 13 で、NVIDIA ドライバを使わずに、
MITSUBISHI RDT261WH WUXGA(1920x1200)出力で、
Ti4200 を、使う方法。
◆ Fedora 13 に NVIDIA ドライバを導入しない場合
"nvidia"(kmod-nvidia) を使用しないで、"nv"で。
( Ti4200 は、OK )
Fedora 13 で、Ti4200 で、1920x1200 ( WUXGA ) 表示させる。 "nvidia"(kmod-nvidia) を使用しないで、"nv"で。 ( Fedora 13 で、Ti4200 は、"nvidia"(kmod-nvidia) は、ダメな為)
http://www.komoto.org/etc/wuxga.html X.orgでWUXGA表示を行う
上記より、抜粋。
DVIでは 165MHzまで(1秒間にDVI端子から出力できる情報は1億6500万pixelまで)

193.16(193.2)では、ダメなので、
"Reduced Blanking"という方法を取る。
    ( 上下左右に余白のついた 2592x1242pixel分の画像を送る為、
      2592x1242x60Hz=193155840Hz=193.16MHzとなっている。
      この、帰線期間[液晶では不要]を削り、165Mhzの pixel clockに抑える )
X.orgで Reduced Blankingを使うためには、/etc/X11/xorg.confの
Section "Monitor" に
        Option      "ReducedBlanking"
        ModeLine     "1920x1200" 154.012 1920 1968 2000 2080 1200 1203 1209 1235 -hsync +vsync
を、追加する。
当方が、MITSUBISHI RDT261WH + Fedora 13 で、 動作確認した、xorg.conf の、一部抜粋
Section "Monitor"
        # MITSUBISHI RDT261WH
        # 1920x1200 @ 60.00 Hz (GTF) hsync: 74.52 kHz; pclk: 193.16 MHz
###     ModelName    "Mitsubishi RDT261WH"
###     ModeLine     "1920x1200_60.00" 193.2 1920 2048 2256 2592 1200 1201 1204 1242 -hsync +vsync
        Identifier   "Monitor0"
        VendorName   "Monitor Vendor"
        ModelName    "LCD Panel 1920x1200"
        HorizSync    31.5 - 82.3
        VertRefresh  56.0 - 76.0
###     ModeLine     "1920x1200" 154.012
        ModeLine     "1920x1200" 154.0 1920 1968 2000 2080 1200 1203 1209 1235 -hsync +vsync
        Option      "dpms"
        Option      "ReducedBlanking"
EndSection

Section "Device"
	Identifier  "Videocard0"
	Driver      "nv"
	VendorName  "Videocard vendor"
	BoardName   "NVIDIA GeForce 4 (generic)"
EndSection

Section "Screen"
	Identifier "Screen0"
	Device     "Videocard0"
	Monitor    "Monitor0"
	DefaultDepth     24
	SubSection "Display"
		Viewport   0 0
		Depth     16
		Modes    "800x600" "640x480"
	EndSubSection
	SubSection "Display"

		Modes    "1920x1200" "1680x1050" "1600x1200" "1280x1024" "1152x864" "1152x768" "1024x768" "800x600" "640x480"
		Viewport   0 0
		Depth     24
	EndSubSection
EndSection
● PLAYSTATION 3 ( PlayStation3, PS3 )
外付USBハードディスクの接続 (FAT32) で、mp3 や、mpg2 を再生する。
PS3 では、ミュージック、又は、ビデオ等の下に、 USB機器(?????) 等と、表示されるので、 コントローラーの、△を押し、 "すべて表示" を選択する。 必要な、フォルダーに移動し、ファイル選択する。 フォルダーの、作成例
mpg2ファイル → \MP_ROOT
mp3ファイル → \PS3\MUSIC\
jpgファイル → \PS3\PHOTO\
● MPEG4 ( mpeg4, mp4 )
MPEG2 -> MPEG4変換すれば、容量(ファイルサイズ)は、 8分の1 〜 6.5分の1(MPEG4-AVC [ H.264 ])くらいになる。 MPEG1 352x240
● PSP-1000   20,790 2004/12/12
PSP プレイステーション・ポータブル
http://www.jp.playstation.com/psp/
MPEG2ファイルを、MPEG4にエンコード(変換)する
PSP などで、MPEG4-AVC (Advanced Video Coding)[H.264] (MP4) を利用する。
Fedora core6 での、携帯動画変換君の ffmpeg 
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg )
( Fedora core6 で、現在、使用中 )
PSP-1000 で、
\MP_ROOT\101ANV01\MAQ*****.MP4 にて、動作OK。

PLAYSTATION 3 ( PlayStation3, PS3 )
mpg2, mp4(PSP用 H.264 OK) ファイル → \MP_ROOT
で、動作確認済み。( 通常の、????.mp4 で、OK )

"かってに Linux36" に用意しました、
"★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換" へは、ここをクリック )
Fedora core6 で、PSP, W44S 用、ffmpeg-051130-0.33.tar.gz は、上記へ。
下記は、携帯動画変換君 Windows の場合。
◆ 携帯動画変換君 http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/ktai/ktaipic/keitaidouga.html
Windows で、
1) 3GP_Converter034.zip を上記より、ダウンロード
2) 解凍
3) Setup.exe
4) 3GP_Converter.exe
   出力先ディレクトリ を、選択
   ex. \mp4

次回からは、同じ、設定の時は、
   3GP_Converter.exe

PSP の場合。
16:9 の、max サイズ
320x240=76800 までの為、 368x208=76544 が、いまのところ限界

368x208	標準的な mp4に関しては、正規の Fwが対応してない為、
	QVGA(320x240)以上の高解像度での再生は不可能
-------------------------------------------------------
http://www.geocities.jp/bdrom1280/index.html
カスタムファームウェア3.03 OE-A用DATA.DXAR

カスタムファームウェア 3.03 OE-B がリリース
( http://pspupdates.qj.net/3-03-OE-B-Released-Movie-Madness-/pg/49/aid/78858 )
http://blog.livedoor.jp/p-3474574/archives/50868874.html
	QVGA(320x240)以上の高解像度での再生は可能

FWが2.71以下
・IC6001の記述がある。→ TA-081基盤。
    ダウングレード可能

・記述がない(無印)。→ TA-080もしくわそれより古い基盤。
    ダウングレード可能

TA-082でもFW2.80から1.50へダングレードできる
『v2.80 Downgrader』
http://www.noobz.eu/joomla/index.php?option=com_content&task=view&id=35&Itemid=1
設定 Transcoding.iniに項目を追加
Windows 携帯動画変換君 での、
W44S 用 Transcoding.ini の設定値 ( macmil_co_jp 用 )
W44S 用、設定値 ( macmil.co.jp で、使用している値 )の、 Windows での、Transcoding.ini の場合を下記に、掲載。 [Item18] は、各自の、構成で、異なるので、変えること。 ( 当方では、PSP 用の、Transcoding.ini の、 後ろに追加し使用している )
; ---------------------------------- 2007/01/30 macmil_co_jp for W44S
[Item18]
Title=W44S /AVC Baseline QVGA/29.97fps/VBR QB25 ステレオ/128kbps 
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>"
 -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec h264
 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240
 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64
 -f psp "<%OutputPath%>1.mp4""
注) 上記は、1行に連結すること。
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%OutputPath%>1.mp4"
 "<%OutputPath%>2.mp4" -c QT_H264_QVGA_AAC.ini -t mpg4"
注) 上記は、1行に連結すること。
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%OutputPath%>2.mp4"
 "<%OutputFile%>.mp4" "Camouflage_MP4_for_PSP.ini" "<%Title%>""
注) 上記は、1行に連結すること。
Command3="cmd /c "del "<%OutputPath%>2.mp4""" Command4="cmd /c "del "<%OutputPath%>1.mp4"""
上記の設定は、16:9 の、ソースでも、下記の様にすると、320x240 のままで、 PSP で、16:9(432x240) の オリジナル表示となる [ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない その場合は、フル表示にする ] W44S で、16:9(432x240) の フル再生表示となる。( 当方は、これで利用中 ) ivtv等 で、16:9 の映画等を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、 下記、ツール で、PSP, W44Sで、 16:9 (Anamorphic) で、鑑賞(観る)している。 http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?W44S W44S_full_02.zip を使用し、 PSP, W44S で、4:3 --> 16:9 にする。( 00AD, 00AF の、バイトデータを変更 ) [ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない その場合は、フル表示にする ]
設定を変える時は、 Setup.exe ◆ 当方利用の、PSP用の例) 4:3 で、作成する場合。 携帯動画変換君 で、 ( QVGA/29.97fps/768kbps ステレオ/128kbps \mp_root\100mnv01\m4v*****.MP4 にする。中止 ) 下記、AVC の方が、サイズが小さくなるので、上記は、中止した。 AVC QVGA/29.97fps/VBR QB25 ステレオ/128kbps \mp_root\101anv01\MAQ*****.MP4 にする。( ex. MAQ00001.MP4 ) ◆ 当方利用の、PSP用の例) 16:9 で、作成する場合。 16:9 映像を、 RDZ-D97A --> (Fedora core + GV-MVP/RX + ivtv) mpg作成(縦長) 携帯動画変換君 で、 ( 368x208/29.97fps/768kbps ステレオ/128kbps 中止 ) AVC QVGA/29.97fps/VBR QB25 ステレオ/128kbps \mp_root\101anv01\MAQ*****.MP4 にする。( ex. MAQ00001.MP4 ) PSP 再生時、オリジナルでは、縦長になるので、フル表示にする。 当方用メモ) \mp4\mpg4tool\
PSP タイトル ライター
PSPTitleWriter

http://takami.xrea.jp/psp.html
PSPタイトルライターv0.3.7 beta  1m.htmSize:433KB(2005/11/28) 
( 442,820 PSPTitleWriter0.3.7_beta.lzh )

注) RDZ-D97A から、PSP への、MAQ*****.MP4 は、
    上記を実施すると、破損した。
    RDZ-D97A 側て、タイトル編集してから、PSP へ。

    又、すでに、PSP 用を作成してある場合は、
    サムネイルを編集しても、PSP 用には、
    反映されなかったので、再度、PSP 用作成必要?
    ( 携帯動画変換君 で、作成したものは、OK )

当方用メモ)  \mp4\psputil\PSPTitleWriter.exe
             Pro Duo
注) Memorystick Pro Duo 4GB PSP等と、USB2.0 HUB に、Pro Duo 等を、
    取り付ける場合、電源付き、HUB を利用した方が良い。
    ( たくさん、HUB に、付けると、電源不足になることがある )

 ◆ メモリースティック PRO Duo(デュオ) MSX-M8GS(容量8GB) 2007/03/09
PSPで使うにはシステムソフトウェアがバージョン2.81以上
31389 26900
\MP_ROOT\100MNV01\ フォルダに、コピーすれば完了。 M4V*****.MP4 ( ex. M4V00001.MP4 ) M4V*****.THM ( ex. M4V00001.THM )
PSP の、*.thm ( サムネイル表示用 )
サムネイル表示させたい場合には、 160x120サイズのJPEGファイルを作成し、
同名で拡張子が *.THM というファイルを作成すると、サムネイルが表示できる
注) ***** の箇所を、00001 〜 数字を増やしていくとよい。 M4VTEST.MP4 等では、ダメだった。 というファイルに、ファイル名を替えて、 それをメモリースティックDuoの "\MP_ROOT\100MNV01\"にコピーすれば完了。 "\MP_ROOT\100MNV01\"がない場合は、 フォルダを作成してそこにコピーすればOK。 linux mpg2 mpg4 変換 GV-MVP/RX2 ビデオ画素数 Full D1(720x480)、Half D1(352x480) 720x512, 720x486, 720x480 720x544 362x272 PSP 4:3 --> 368x272 ( 23 x 16= 368 )
PSP ファイル例 ( それぞれによる )

     +- PSP
     |  |
     |  +- GAME
     |  |
     |  +- MUSIC
     |  |
     |  +- PHOTO
     |  |
     |  +- SAVEDATA
     |  |
     |  +- COMMON
     |  |
     |  +- SYSTEM
     |
     +- ( W44S  \MOBILE\SEMC\MAIL\AU )
     +- ( W44S  \OMGAUDIO )
     +- MUSIC   ( 初期の、バージョンでは、作成されない )
     +- PICTURE ( 初期の、バージョンでは、作成されない )
     +- VIDEO   ( 初期の、バージョンでは、作成されない )
     |  |
     |  | V2.8アップデートから、OK
     |  | [VIDEO] フォルダ内のH.264(AVC)ファイルについては、
     |  | 従来のAVC MPだけでなく、
     |  | W44S (Baseline) のものも再生OK
     |  | 注) サムネイルファイル(〜.THM)は、ここでは、使えない。
     |  |
     |  +- ????????.MP4
     |
     +- MP_ROOT
     |  |
     |  +- 100MNV01
     |  |  |
     |  |  +- M4V00001.MP4 
     |  |     m4v00001.THM [ サムネイル ]
     |  |  
     |  +- 101ANV01 [ AVC(H.264)でエンコードされたmp4ファイル ]
     |     |
     |     +- MAQ00001.MP4 
     |        maq00001.THM [ サムネイル ]
     |
     +- MPE_ROOT
        |
        +- 100AEV01
           |
           +- MAQ00001.MGV ( RDZ-D97A 1回録画)
              maq00001.MGL

 ◆ AVC Main Profile: PSP ( PS3 では、OK )
 ◆ AVC Baseline Profile: PSP, W44S ( W44S 用は、\VIDEO に入れると、OK )
    ( ffmpeg  の、-vcodec h264 の後ろに、-vlevel 13 が必要 )
    ( PS3 では、OK )
 ◆ MPEG-4: PSP, W44S ( W44S, PSP, PS3 共通で、問題無し )
    [ 参考) W44S  3インチ 16:9  432x240  (27 x 16= 432) ]

http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?W44S
M.S.Video / 映像:H.264 768kbps 29.97fps 音声:192kbps 48kHz Stereo
W44S_full_02.zip

PSP, W44S で、4:3 --> 16:9 にする。( 00AD, 00AF の、バイトデータを変更 )
[ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない
      その場合は、フル表示にする ]
00AB 0F
00AD 01 04
00AF 01 03

PSP の、*.thm ( サムネイル表示用 )
サムネイル表示させたい場合には、 160x120サイズのJPEGファイルを作成し、
同名で拡張子が *.THM というファイルを作成すると、サムネイルが表示できる
注) \VIDEO では、サムネイルファイル(〜.THM)は、使えない。
PSP-1000 V2.80 H.264(AVC)
	ビデオ: 768kbps 以下、320x240pixel 以下、30 フレーム/秒(fps)以下、

ベースラインプロファイル
    Level 1.3 以下の、Baseline Profile
	I, Pフレーム、エントロピー符号化は、CAVLC + UVLCのみ

メインプロファイル
Level 2.1 以下の、Main Profile( Baseline Profile に、CABACのみ追加 )
	[ CABACは、AVC/H.264デフォルトのCAVLC (別名UVLC)より強力な圧縮方式。
	  ビットレートを約10-15% 節約できる(特に高ビットレート時)。 
	  CABACは (CAVLCも同様) ロスレスで画質低下がない。
	  エンコードとデコード速度は低下 ]
	[ CABAC (Context-Adaptive Binary Arithmetic Coding) ]
オーディオ: AAC 128kbps 以下、48kHz 以下、ステレオ

あくまで、参考)
	当方設定の、条件で、Baseline Profile は、Main Profile より、
	サイズが、2〜7% 位、大きくなった。

MEMO/MPEG-4_AVC
http://www.wikihouse.com/htumenc/index.php?cmd=read&page=MEMO%2FMPEG-4_AVC
"かってに Linux36" に、Fedora core6 で、ffmpeg を利用し、
W44S の、動画変換 の例、掲載中。
"かってに Linux36" に掲載の、 "★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換" へは、ここをクリック ) Fedora core6 で、PSP, W44S 用、ffmpeg-051130-0.33.tar.gz は、上記へ。 ( W44S は、ffmpeg 処理後、Windows にて、 cores\QT3GPPFlatten cores\ATOMChanger の追加処理が、必要 )
◆ 4:3(縦長)の映像を、16:9 で観る。[2007/02/10 追加]
   ( PSP, W44S 用の、H.264(MPEG4-AVC) も、
     Fedora core6 の、
     ivtv で、16:9 を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、
     この方法で、鑑賞している )
ivtv で、16:9 を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、 xine で、 アスペクト比率を 16:9 (Anamorphic) で、鑑賞(観る)する。 [ スクイーズとは 映像メディアの映像データ収録方法において、 映像を横方向に圧縮して記録するものを呼ぶ。 再生は、記録時と同じ比率で、横方向に拡大すると正常な画面比になる。 日本では、圧縮記録をスクイーズ、 拡大表示することを、アナモフィック(anamorphic)と呼び分ける場合もある ] xine で、 アスペクト比率を 16:9 (Anamorphic) に、するには、 1) xine の、起動し、 出てきたウインドウ(画面上)で、 マウスを、右クリックすると 操作用のGUIが表示される。 Video --> Aspectratio --> Anamorphic を、選択する。 又は、 2) xine -r anamorphic ex. $ LANG="en_US" /usr/bin/xine -r anamorphic test.mpg & PSP, W44S 用の、H.264(MPEG4-AVC) の場合。 $ LANG="en_US" /usr/bin/xine -r anamorphic test.mp4 &
● W44S の、SonicStage Ver 4.1
取り込んだ MP3 形式の音楽ファイルを変換するときは
マイ ライブラリに取り込んだあと、OpenMG Audio 形式に変換できるのは、
以下の条件を満たす MP3 ファイルのみ。 
サンプリング周波数:32 kHz、44.1 kHz または 48 kHz 

◆ mp3 から、ATRAC3 に変換する
  注) W44S は、卓上ホルダーに装着して、USB 接続のこと。
      ( メモリースティック PRO Duo に、直接は、不可 )
転送モードの設定
    通常モード

指定転送
    "指定されたフォーマットに変換して転送を行う" に、チェックする。
	フォーマット:	ATRC
	ビットレート:	132kbps(ATRAC3)
++++++++++++++++++++++++ http://www2.jp.onkyo.com/what/news.nsf/view/vr1000j オンキヨー メディアレコーダー VR-1000J MPEG4 スーパーファインモード(320x240 15fps) QVGA : 320x240ドット QCIF : 176x144ドット SD 512MB 記録レート(最大)約1050kbps 約1時間 DS Lite PLAY-YANmicro プレイヤンミクロ プレイやんミクロ ビデオやテレビを、SDカードに録画して見ることのできる ds lite 拡張メモリパック SDカード
● PLAYSTATION 3 ( PlayStation3, PS3 )  20G 49,980 (60G 75390位?) 2006/11/11
プレイステーション3, プレステ3, ピーエススリー
http://www.jp.playstation.com/ps3/
消費電力 最大380W
● Vedor, Device
	----------------------------------------------------------
	Vendor  Device  Type_id Product Name(Sensor name)
	------  ------  ------- ----------------------------------
	0x046D	0x0840
	0x046D	0x0850
	0x046D	0x0870  730     Qcam Express QV-30(HDCS1000)
	0x046D	0x0870  730     Qcam for Notebook QV-300N(HDCS1020)	
	0x046D	0x0870  730     Qcam Express QV-31N

	0x046D	0x08A0  730     Logitech Qcam QV-60HS
class=0xFF, vendor=0x046D, product=0x08A0
	------  ------  ------- -------------------------------
	0x0419	0xA002          X-Bar
	------  ------  ------- -------------------------------

	0x046D	0x0920
	0x046D	0x0921

	Vendor  Device  Type_id Product Name(Sensor name)
	------  ------  ------- ----------------------------------
	0x046D  0x08B0  740     Logitech QuickCam Pro 3000
	0x046D  0x08B1  740     Logitech QuickCam Notebook Pro
	0x046D  0x08B2  740     Logitech QuickCam Pro 4000
class=0x00, vendor=0x046D, product=0x08B2
		   |
	0x046D  0x08B8  730     Logitech QuickCam (res.)

	type_id = 740; /* CCD sensor */
	type_id = 730; /* Assuming CMOS */
	----------------------------------------------------------
==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2020 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る