[ 2013/08/22 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux36 (続き35) ☆☆☆
                        *** Freely Linux36. (it continues, 35) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。 ・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>*******
Fedora 7 から、Fedora core7(FC7) でなく、Fedora 7(F-7) に名称変更
Fedora core4,5,6, Fedora 7,8 の、
ダウンロード、インストール、update の方法含む(構築)は、ここをクリック
Fedora 18 (F18, F-18)(FC18) Fedora 17 (F17, F-17)(FC17) Fedora 17 Preview (test3) Fedora 17 Beta (test2) Fedora 17 Alpha (test1) Fedora 16 (F16, F-16)(FC16) 2011/11/08 Fedora 15 (F15, F-15)(FC15) 2011/05/25 Fedora 14 (F14, F-14)(FC14) 2010/11/02 Fedora 13 (F13, F-13)(FC13) 2010/05/25 Fedora 12 (F12, F-12)(FC12) 2009/11/17 Fedora 11 (F11, F-11)(FC11) 2009/06/09 Fedora 10 (F10, F-10)(FC10) 2008/11/25 Fedora 9 (F9, F-9)(FC9) 2008/05/13 Fedora 8 (F8, F-8)(FC8) Fedora 7 (F7, F-7)(FC7) Fedora 7 test4 Fedora core6 (FC6)
Fedora core5, 6, Fedora 7, 8, 9, 10 の検索で、
ここに来た場合は ( DVD.iso ダウンロード等)
"かってに Linux4" が、
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9, 10 の、インストール等の実践記録です。
Fedora core5, 6,
Fedora 7, 8, 9, 10 の検索で、来た方は、
お手数ですが、ここをクリックして下さい。
Fedora 17 (F-17) リリース(release) スケジュール 2012/05/22 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/17/Schedule
============================================================== *******<< ★ かってに ffmpeg で、録画[開始] >>*******
注) ここは、古いです。[2006/04/09 のもの]
参考の為、残してあります。
Fedora core6 の場合は、
ずっと下の方に、
★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換
として、掲載してあります。[ 2007/01/27 現在 ]
◆ 2005/04/09 現在、 ダウンロードできないみたい。 参考の為、下記を残しておきます。
   ◆ 結局、当方は、現在では、録画に関しては、
      IO-DATA GV-MVP/RX, GV-MVP/RX2 で、
       快適に、TV録画(予約)してます。
       ( ハードウェアで、mpg 変換 )
   ★ かってに GV-MVP/RX2 で録画(予約)( ivtv利用 ) を参照のこと。
● 2005/04/09 現在、の、内容ですので、
   2007/01/28 現在、あくまで、参考です。
http://ffmpeg.mplayerhq.hu/ 1. 上記から、ダウンロード
ffmpeg-0.4.8.tar.gz
2. make, インストール実施 /usr/local/bin/ffmpeg ができる
  $ tar zxvf ffmpeg-0.4.8.tar.gz
  $ cd ffmpeg-0.4.8
  $ ./configure
Fedora core4 の場合。
gcc4 で、コンパイル・エラーとなるので、
compat-gcc-32-3.2.3-47.fc4.i386.rpm
compat-gcc-32-c++-3.2.3-47.fc4.i386.rpm
  $ su
  # rpm -ivh compat-gcc-32*.rpm
  # exit
  ( gcc バージョン 確認 )
  $ gcc32 -dumpversion
を、インストールし、gcc32 でコンパイル。

  $ ./configure --cc=gcc32
  ( $ ./configure --cc=gcc32 --enable-shared )
Fedora core6 の場合 ( gcc32 ではなく、 gcc34 になる )
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/6/i386/os/Fedora/RPMS/
[ 当方メモ) /mnt7/mpg2/fc6/compat-gcc-34-3.4.6-4.i386.rpm ]
( rpm -qpl compat-gcc-34-3.4.6-4.i386.rpm )
( Fedora 10 /mnt7/mpg2/fc10/compat-gcc-34-3.4.6-9.i386.rpm )
( rpm -qpl compat-gcc-34-3.4.6-9.i386.rpm )
	/usr/bin/gcc34
	( gcc バージョン 3.46 )
$ su
# rpm -ivh compat-gcc-34-3.4.6-4.i386.rpm
# exit
( gcc バージョン 確認 )
$ gcc34 -dumpversion
$ ./configure --cc=gcc34
( $ ./configure --cc=gcc34 --enable-shared )
$ make $ su # make install
3. /usr/local/bin/ffmpeg で録画
参考) 必要な、関連コマンド一覧
注) v4lctl の位置は、kernel によって、異なる。
( kernel 2.4 --> /usr/bin/v4lctl,  kernel 2.6 --> /usr/local/bin/v4lctl ) 
$ v4lctl setinput Television
$ v4lctl setinput Composite1
$ v4lctl setinput S-Video

・注) チャンネル の数字は、地域で異なる
      地区によって、[名称] 及び、channel の数字を変えること。
$ v4lctl setchannel 61    # [SUT]
$ v4lctl setchannel 57    # [ASAHI]
$ v4lctl setchannel 59    # [FNN]
$ v4lctl setchannel 55    # [SBS]
 ◆ KMix の、入力で、 該当入力ラインの
   「録音」(赤●) が有効になっていないと、
    音声が録音されず動画のみになる。
対策) /usr/bin/kmix ( Fedora core4 の例 ) KMix の、入力で、 入力ラインが、Line の場合、 Line の赤● と、Capture の赤● を選択し、ボリュームを調整する。 入力ラインが、CD の場合、 CD の赤● と、Capture の赤● を選択し、ボリュームを調整する。 入力ラインが、Mic の場合、 Mic の赤● と、Capture の赤● を選択し、ボリュームを調整する。 録音時の、音声の調整は、 Capture のボリューム等で、調整する。
★ ffmpeg の、オプション
      最適なオプションを探して調整します。
      -s : フレームサイズ(画素数)
      e.g. 240x180, 320x240, 480x360, 560x420, 640x480
      -r : フレームレート(コマ数)
      e.g. 29.97(通常), 59.97(スポーツ等動きの激しいもの)
      -b : ビットレート(データ量)
      e.g. 2000, 4000, 6000, 8000

<< MPEG-1 の例 >>
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 320x240 -r 29.97 -b 2500 -ab 224 -ac 2 -f mpeg /mnt6/aaa2.mpg

<< VideoCD規格に適合したファイル の例 >>
    *  352x240 ピクセル
    * 29.97 
    * 全体ビットレート 1150kbps
    * オーディオビットレート 224kbps
    * オーディオチャンネル 2ch
    * ファイルフォーマット vcd
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 320x240 -r 29.97 -b 1150 -ab 224 -ac 2 -f vcd /mnt6/aaa.mpg

<< MPEG-4 の例 >>
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 320x240 -r 29.97 -b 2000 -ab 224 -ac 2 -f avi -vcodec mpeg4 /mnt6/aaa.avi
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 320x240 -r 29.97 -b 4000 -ab 224 -ac 2 -f avi -vcodec mpeg4 /mnt6/aaa.avi

<< ビットレート変換 >>
ffmpeg -i "test.mpg" -b 2000 -ab 224 -ac 2 test5.mpg

++++++++++++++++
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 640x480 -r 29.97 -b 2000 -ab 224 -ac 2 -vcodec mpeg2video test5.mpg
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 10 -s 640x480 -r 29.97 -b 2000 -ab 224 -ac 2 -f avi -vcodec mpeg4 test5.mpg
-------------------------------------------------------
4. /usr/local/bin/ffmpeg で録画例
・録音音量調整 [ RedHat 9.0, Fedora の場合 ]
    KMix で、IGain の、赤ランプ ON し、音量調整(ex. 目盛り 3.8)する。
    又は、音量コントロールで、igain の、録音に、チェックをし、音量調整する。

・Television 選択
$ v4lctl setinput Television

・55 チャンネル 選択
$ v4lctl setchannel 55 

・VideoCD規格で、/tmp/aaa.mpg を 600秒(-t 600) 録画作成 
$ ffmpeg -vd /dev/video0 -t 600 -s 320x240 -r 29.97 -b 1150 -ab 224 -ac 2 -f vcd /tmp/aaa.mpg

・xine 等で、再生
$ xine /tmp/aaa.mpg
*******<< ★ かってに ffmpeg で、録画[終り] >>****** ============================================================== ============================================================== *******<< ★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換[開始] >>*******
Fedora core6 にて、
ivtv で、録画した後、
Fedora core6 上の、
ffmpeg で、PSP, W44S への、動画変換 する際の、
当方用メモです。
( PSP, PS3, W44S にて、H.264[AVC]  利用中 )
( W44S は、ffmpeg 処理後、Windows にて、
  cores\QT3GPPFlatten 
  cores\ATOMChanger 
  の追加処理が、必要 )
Fedora core6 にて、 /usr/local/src/ffmpeg/ に、ダウンロードの例。 ------------------------------------------------------- Fedora core6 http://livna.cat.pdx.edu/fedora/6/i386/ 参考) Fedora 7 http://livna.cat.pdx.edu/fedora/7/i386/ 参考) Fedora 8 http://livna.cat.pdx.edu/fedora/8/i386/repodata/repoview/ 参考) Fedora 9 http://livna.cat.pdx.edu/fedora/9/i386/repodata/repoview/ 参考) Fedora 10 http://livna.cat.pdx.edu/fedora/10/i386/repodata/repoview/
Fedora core6 の例。

 faac-1.25-2.lvn6.i386.rpm ( libfaac.so )
 faac-devel-1.25-2.lvn6.i386.rpm
 ffmpeg-0.4.9-0.25.20061030.lvn6.i386.rpm
 ffmpeg-devel-0.4.9-0.25.20061030.lvn6.i386.rpm
 ffmpeg-libs-0.4.9-0.37.20070503.lvn6.i386.rpm
 lame-3.97-3.lvn6.i386.rpm
 lame-devel-3.97-3.lvn6.i386.rpm
 lame-libs-3.97-3.lvn6.i386.rpm
 libdca-0.0.2-3.lvn6.i386.rpm
 libdca-devel-0.0.2-3.lvn6.i386.rpm
 x264-0-0.8.20061028.lvn6.i386.rpm
 x264-devel-0-0.8.20061028.lvn6.i386.rpm
 xvidcore-1.1.2-1.lvn6.i386.rpm
 xvidcore-devel-1.1.2-1.lvn6.i386.rpm
Fedora 7 の例。
	当方メモ) # /usr/local/src/ffmpeg/fed7/faac.bat ( 2010/01/28 )
$ ffmpeg -formats
  ffmpegで mp4ファイルを 3g2ファイルに変換
  ffmpeg -y -i abc.mp4 -ac 1 -ab 64k -ar 44100 -vcodec mpeg4 -s qcif -r 25 -f 3g2 abc.3g2
faac-1.25-2.lvn7.i386.rpm ( libfaac.so ) faac-devel-1.25-2.lvn7.i386.rpm ffmpeg-0.4.9-0.37.20070503.lvn7.i386.rpm ffmpeg-devel-0.4.9-0.37.20070503.lvn7.i386.rpm ffmpeg-libs-0.4.9-0.37.20070503.lvn7.i386.rpm lame-3.97-4.lvn7.i386.rpm lame-devel-3.97-4.lvn7.i386.rpm lame-libs-3.97-4.lvn7.i386.rpm libdca-0.0.2-3.lvn7.i386.rpm libdca-devel-0.0.2-3.lvn7.i386.rpm x264-0-0.8.20061028.lvn7.i386.rpm x264-devel-0-0.8.20061028.lvn7.i386.rpm xvidcore-1.1.3-1.lvn7.i386.rpm xvidcore-devel-1.1.3-1.lvn7.i386.rpm
上記の、他に、下記が必要。
Fedora core6 の例。( Feodra 7 は、無いので、下記使用 ) a52dec-0.7.4-10.lvn6.i386.rpm a52dec-devel-0.7.4-10.lvn6.i386.rpm djbfft-0.76-6.lvn6.i386.rpm faad2-2.0-19.20050131.lvn6.i386.rpm faad2-devel-2.0-19.20050131.lvn6.i386.rpm
上記の、他に、下記が必要。
/Linux/fedora/core ではなく、 /Linux/fedora/extras から、 Fedora core6 の場合 http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/6/i386/
 gsm-1.0.10-12.fc6.i386.rpm
 gsm-devel-1.0.10-12.fc6.i386.rpm
 libmp4v2-1.5.0.1-2.fc6.i386.rpm
 libmp4v2-devel-1.5.0.1-2.fc6.i386.rpm
 imlib2-1.3.0-3.fc6.i386.rpm
 imlib2-devel-1.3.0-3.fc6.i386.rpm
Fedora 7 の場合 http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/7/Everything/i386/os/Fedora/
gsm-1.0.12-3.fc7.i386.rpm
gsm-devel-1.0.12-3.fc7.i386.rpm
libmp4v2-1.5.0.1-3.fc7.i386.rpm
libmp4v2-devel-1.5.0.1-3.fc7.i386.rpm
imlib2-1.3.0-3.fc7.i386.rpm
imlib2-devel-1.3.0-3.fc7.i386.rpm
Fedora 10 の場合 http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/10/Everything/i386/os/Packages/
( 当方専用メモ) /mnt7/mpg2/fc10/ )
gsm-devel-1.0.12-6.fc9.i386.rpm
gsm-1.0.12-6.fc9.i386.rpm
libmp4v2-1.5.0.1-6.fc10.i386.rpm
libmp4v2-devel-1.5.0.1-6.fc10.i386.rpm
imlib2-1.4.2-1.fc10.i386.rpm
imlib2-devel-1.4.2-1.fc10.i386.rpm
    ( 当方専用メモ) Fedoar 7 の場合 $ cd /usr/local/src/ffmpeg/fed7 )
$ su
# rpm -Uvh libmp4*.rpm
# rpm -Uvh faac*.rpm
	/usr/include/faaccfg.h
	/usr/include/faac.h
# rpm -Uvh xvidcore*.rpm
	/usr/include/xvid.h

# rpm -Uvh libdca*.rpm
	/usr/lib/libdts.so
# rpm -Uvh faad2*.rpm
	/usr/include/faad.h
	/usr/include/neaacdec.h
# rpm -Uvh x264*.rpm
	/usr/include/x264.h
# rpm -Uvh lame*.rpm
# rpm -Uvh djbfft*.rpm
# rpm -Uvh a52*.rpm
# rpm -Uvh gsm*.rpm
# rpm -Uvh imlib2*.rpm

# rpm -Uvh ffmpe*.rpm

$ /usr/bin/ffmpeg -version
FFmpeg version SVN-r6835
( Fedora 7 の場合、FFmpeg version SVN-r8876 )
携帯動画変換君 と、同じようにする。
 -bitexact: 厳密なアルゴリズムを適用する。
MP4ファイル PSP-1000 向け AVC QVGA/29.97fps/VBR QB25 Stereo/128kbps
ffmpeg-051130-0.33.tar.gz でないと、
ここでの、ffmpeg で、作成したものは、
PSP H.264[AVC] では、再生できなかった( 認識は、された )
-bitexact は、この ffmpeg では、-flags -bitexact としないと、ダメだった ) $ ffmpeg -y -i test.mpg -title test -flags -bitexact -vcodec h264 -coder 1 \ -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test11.mp4
サムファイル(thm)の作成
$ ffmpeg -y -i test.mpg -f image2 -ss 8 -vframes 1 -s 160x120 -an test11.thm
● pspmp4-3.bat ( linux036.htm )
mpg を、mp4 に変換 ( 上下左右をトリミングする )
2012/08/12 追加 ( 当方用メモ for A700 ) mpg を、mp4 に変換 ( 上下左右をトリミングする ) pspmp4-3.bat ( linux036.htm ) Usege: pspmp4-3.bat input_file output_file title $cmd -y -i $input_file -title $title_name -bitexact -vcodec h264 -croptop 20 \ -cropbottom 32 -cropleft 6 -cropright 10 -vprofile baseline -coder 0 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp $output_file ex. ( Fedora 7 にて ) pspmp4-3.bat /mnt6/mpg2/ri9/ri9-01.mpg /mnt7/mpg2/ri9-01.mp4 ri9-01
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
参考)
● ffmpegのソースを入手する場合。
/usr/bin/svn checkout --revision {"2006-10-30 08:00"} svn://svn.mplayerhq.hu/ffmpeg/trunk ffmpeg6835
リビジョン 6835

当方専用メモ) $ cp -p movenc.c.6835.mac ffmpeg6835/libavformat/movenc.c
$ cp -p aviobuf.c.6835.mac ffmpeg6835/libavformat/aviobuf.c
( $ ls -l ffmpeg6835/libavformat/.svn/text-base/movenc.c.svn-base )

./configure --enable-mp3lame --enable-libogg --enable-vorbis --enable-faad
 --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid --enable-pthreads
 --enable-a52 --enable-a52bin --enable-pp --enable-shared --disable-debug
ffmpeg-0.4.9-0.25.20061030.lvn6.i386.rpm では、 下記、使用しているみたいだが、 --disable-strip は、当方では、使用しない --disable-static は、当方では、使用しない --disable-opts は、使用しない(error) 当方専用メモ)
注) ここは、ソースから、インストールする場合の、
   当方用のメモ[ 通常 *.rpm 使用の為、不要 ]
$ make
/usr/lib/libavformat.so
/usr/lib/libavformat.so.50
/usr/lib/libavformat.so.50.6.0
$ su
( # cp -p /usr/lib/libavformat.so.50.6.0 /usr/lib/libavformat.so.50.6.0.org )
# cp -p libavformat/libavformat.so.50 /usr/lib/libavformat.so.50.6.0
参考)
http://svn.mplayerhq.hu/ffmpeg/trunk/
/usr/bin/svn checkout svn://svn.mplayerhq.hu/ffmpeg/trunk ffmpeg
リビジョン 8002 をチェックアウトしました。 [ 2007/02/17 現在 ]
上記は、configure が、大部変わっていた。
下記に、一部抜粋。
$ ./configure --help
--enable-faac  --->  --enable-libfaac
--enable-faad  --->  --enable-libfaad
--enable-mp3lame  --->  --enable-libmp3lame
--enable-vorbis  --->  --enable-libvorbis
--enable-a52  --->  --enable-liba52
--enable-a52bin  --->  --enable-liba52bin
とりあえず、試したが、h264 等が、うまく、
変換できないので、当方では、使用中止とした。
$ ffmpeg --help
FFmpeg version SVN-r6835, Copyright (c) 2000-2006 Fabrice Bellard, et al.
  configuration:  --prefix=/usr --incdir=/usr/include/ffmpeg
   --libdir=/usr/lib --shlibdir=/usr/lib --mandir=/usr/share/man
   --arch=x86 --extra-cflags=-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2
   -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m32
   -march=i386 -mtune=generic -fasynchronous-unwind-tables --enable-mp3lame
   --enable-libogg --enable-vorbis --enable-faad --enable-faac
   --enable-libgsm --enable-xvid --enable-x264 --enable-a52
   --enable-a52bin --enable-pp --disable-static --enable-shared
   --enable-gpl --disable-debug --disable-opts --disable-strip 
参考)
● ffmpeg level対応表
http://en.wikipedia.org/wiki/H.264/MPEG-4_AVC#Levels

H.264 日本語
http://ja.wikipedia.org/wiki/H.264
参考)
● 共有ライブラリ 作成方法
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Program-Library-HOWTO/shared-libraries.html
共有ライブラリの作成
共有ライブラリは「soname」と呼ばれる特別な名前を持っている。
soname は、「lib」というプレフィックス、
ライブラリの名前、「.so」という語句で構成される。

$ gcc -fPIC -g -c -Wall a.c
$ gcc -fPIC -g -c -Wall b.c
$ gcc -shared -Wl,-soname,libtest.so.1 -o libtest.so.1.0.1 a.o b.o -lc
参考)
● uvc で、V4L2 キャプチャー
   ( Fedora core6 で、Qcam Orbit MP QVR-13 と、QVX-13NS 動作確認済み )
   ★ かってに V4L2 ビデオキャプチャー(uvc) を参照のこと。

 Quickcam Pro 5000 USB2.0
 Logicool Qcam Orbit MP QVR-13 USB2.0
 QVX-13NS Qcam for Notebook USB2.0
 Qcam Ultra Vision QVU-13
 Qcam Fusion QVX-13S

● Fedora core6 で、ffmpeg と、xine を使用し、
   QVX-13NS の、mp4 録画(ffmpeg)と、鑑賞(xine)をする。
   注) Orbit MP QVR-13 は、320x240 のモードがないので、
       最低、1024x576 から、320x240 等に変換するので、
       実用的ではない。

/usr/bin/ffmpeg を使用し、mp4 録画する。
( ffmpeg リビジョン 6835 を使用 )
( /dev/video3 は、各自による。 ex. video0, video1, video2 )
$ ffmpeg -t 10 -y -vd /dev/video3 -title test -bitexact -vcodec h264
 -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25
 -maxrate 1500 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test.mp4
上記は、一行に連結すること。( -vol 256 は、不要 [当方用]) 尚、-coder 0 の替わりに、-coder 1 にすると、数秒で、うまくいかなくなる。 xine で、再生する。
$ LANG="en_US" /usr/bin/xine test.mp4
( 上記、xine の他、QuickTime で、再生OK

  QVX-13NS の、mp4 録画(ffmpeg)は、
  ffmpeg-051130-0.33.tar.gz が、v4l2 に対応していないので、
  使用できない為、ffmpeg リビジョン 6835 を使用しているが、
  PSP, W44S では、認識するが、再生できない )
xine [メディアプレイヤー] へ 注) 下記に掲載してある、 ffmpeg-051130-0.33.tar.gz を用いた、 ffmpeg ( ffmpeg_psp ) では、 上記の、QVX-13NS (uvc) 等の、録画ができないので、注意すること。 ( v4l2 に対応していない )
ffmpeg-051130-0.33.tar.gz は、v4l(v4l1, video4linux) のみで、
video4linux2(v4l2) を、サポートしていな為
上記での、ffmpeg で、作成したものは、
PSP H.264[AVC] では、再生できなかったので、( 認識は、された )
下記を、インストールしたら、OK だった。
携帯動画変換君の ffmpeg 
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg )
( Fedora core6 で、現在、使用中 )
PSP-1000 (AVC Main Profile) で、 \MP_ROOT\101ANV01\MAQ*****.MP4 にて、動作OK。 W44S (AVC Baseline Profile) で、 \MP_ROOT\101ANV01\MAQ*****.MP4 にて、動作OK。 ( ただし、W44S 用の、mp4 は、PSP-1000 で観る時は、 \MP_ROOT\101ANV01\MAQ*****.MP4 ではなく、  \VIDEO\filename.MP4 とすれは、OK ) PLAYSTATION 3 ( PlayStation3, PS3 ) mpg2, mp4(PSP用 H.264 OK) ファイル → \MP_ROOT で、動作確認済み。( 通常の、????.mp4 で、OK ) ( PSP用、W44S用共に、OK )
nasm が必要。( 無いと、エラーとなる )

Fedora core6 の場合
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/6/i386/os/Fedora/RPMS/
nasm-0.98.39-3.2.2.i386.rpm

Fedora 7 の場合
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/7/Everything/i386/os/Fedora/
nasm-0.98.39-5.fc7.i386.rpm

Fedora 10 の場合
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/10/Everything/i386/os/Packages/
nasm-2.03.01-2.fc10.i386.rpm

Fedora のバージョンにあわせた、
nasm を、ダウンロードし、
$ su
# rpm -Uvh nasm*.rpm
で、インストールしておくこと。
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/sources/ http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/sources/ffmpeg-051130-0.33.tar.gz 3GP_Converter 0.33同梱バイナリのソースリスト ffmpeg-051130-0.33.tar.gz 0.33同梱バージョンffmpeg全ソースリスト ********************************************* ===== ffmpeg with h.264/AVC for the PSP ===== ********************************************* http://can.homeunix.org/sw/psp/ffmpeg_psp/ You need * gcc and dev libraries * libfaac-dev (1.24-04) * libxvidcore-dev (4 2:1.0.0-final-0.0) (or disable xvid below) * ffmpeg-051130-0.33.tar.gz (MobileHackerz version) * x264_051028.tar.gz (MobileHackerz version) * ffmpeg-mh-unix.patch (my patches) http://can.homeunix.org/sw/psp/ffmpeg_psp/ffmpeg-mh-unix.patch ffmpeg-mh-unix.patch
上記より、x264_051028.tar.gz を、ダウンロードし、
インストールする。
$ tar zxvf x264_051028.tar.gz
$ cd x264_051028/
$ ./configure --enable-pthread --prefix=${HOME}
$ make
$ su
# make install
[ /home/abc は、各自による ]
install -d /home/abc/bin /home/abc/lib /home/abc/include
install -m 644 x264.h /home/abc/include
install -m 644 libx264.a /home/abc/lib
install x264 /home/abc/bin
ranlib /home/abc/lib/libx264.a
● ffmpeg-051130-0.33 の、インストール方法。
 ◆ tar zxvf ffmpeg-051130-0.33.tar.gz
	ffmpeg_psp
	( ffmpeg_fc6 )
	( ffmpeg_fc7 )
	( ffmpeg_fc10 )

注意) ずっと上の方の、ffmpeg 関係の
    rpm を、インストールしておくこと。
1) ずっと上の方の、ffmpeg 関係の rpm を、インストールしておくこと。
( Fedora core6 )
 faac-1.25-2.lvn6.i386.rpm ( libfaac.so )
 faac-devel-1.25-2.lvn6.i386.rpm
 libmp4v2-1.5.0.1-2.lvn6.i386.rpm
 libmp4v2-devel-1.5.0.1-2.lvn6.i386.rpm
 xvidcore-1.1.2-1.lvn6.i386.rpm
 xvidcore-devel-1.1.2-1.lvn6.i386.rpm

$ su
# rpm -Uvh libmp4*.rpm
# rpm -Uvh faac*.rpm
# rpm -Uvh xvid*.rpm
2) x264_051028.tar.gz の、インストール。
x264-0-0.8.20061028.lvn6.i386.rpm
x264-devel-0-0.8.20061028.lvn6.i386.rpm
x264-0-0.8.20061028.lvn7.i386.rpm
x264-devel-0-0.8.20061028.lvn7.i386.rpm
を、使うと、エラーがでるので、 ( 上記は、削除しなくて、OK )
下記、エラーがでる。

ffmpeg_051130/libavcodec/x264.c
x264.c:186: error: 'struct ' has no member named 'b_cbr'
	L186
	// MMM        x4->params.rc.b_cbr = 1;

./libavcodec/libavcodec.a(x264.o): In function `X264_init':
x264.c:(.text+0x2ab): undefined reference to `x264_encoder_getsps'
x264.c:(.text+0x2dd): undefined reference to `x264_encoder_getpps'
ここの、上の方に、書いてある、 x264_051028.tar.gz を、インストールしておく。 ( 上の方で、書いてあるが、nasm も、インストールしておくこと )
$ tar zxvf x264_051028.tar.gz
$ cd x264_051028/
$ ./configure --enable-pthread --prefix=${HOME}
$ make
$ su
# make install
[ /home/abc は、各自による ]
install -d /home/abc/bin /home/abc/lib /home/abc/include
install -m 644 x264.h /home/abc/include
install -m 644 libx264.a /home/abc/lib
install x264 /home/abc/bin
ranlib /home/abc/lib/libx264.a
3) ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、インストール。
$ tar zxvf ffmpeg-051130-0.33.tar.gz
#### $ patch -p1 -d ffmpeg_051130 < ffmpeg-mh-unix.patch
$ cd ffmpeg_051130/
$ patch -p1 < ../ffmpeg-mh-unix.patch
$ ./configure --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid \
 --enable-pthreads --prefix=${HOME} --disable-debug \
 --extra-cflags=-I${HOME}/include --extra-ldflags=-L${HOME}/lib
$ cp ../Makefile.051130.mac Makefile
$ cp ../movenc.c.051130.mac libavformat/movenc.c
ffmpeg_051130/libavformat/movenc.c
L1425:    if ((Venc->width * Venc->height)>76800) {
L1426:        av_log(s, AV_LOG_ERROR, "PSP mode need width*height < 76800\n");
-------------------------------------------------------
// MMM    if ((Venc->width * Venc->height)>76800) {
// MMM        av_log(s, AV_LOG_ERROR, "PSP mode need width*height < 76800\n");
    if ((Venc->width * Venc->height)>307200) {
        av_log(s, AV_LOG_ERROR, "PSP mode need width*height < 307200\n");
( make を、やり直す場合は、$ make clearn を実行しておく ) $ make $ cp ffmpeg ../ffmpeg_psp $ su # cp -p ../ffmpeg_psp /usr/bin/ # chown root:root /usr/bin/ffmpeg_psp
注) ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg は、
    通常の、ffmpeg と異なるので、ffmpeg_psp としている。
ffmpeg version CVS, build 4759, Copyright (c) 2000-2004 Fabrice Bellard
  configuration:  --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid
   --enable-pthreads --prefix=$HOME --disable-debug
   --extra-cflags=-I$HOME/include --extra-ldflags=-L$HOME/lib 
$ ffmpeg_psp -version
[ /home/abc は、各自による ]
ffmpeg version CVS, build 4759, Copyright (c) 2000-2004 Fabrice Bellard
  configuration:  --enable-faac --enable-x264 --enable-gpl --enable-xvid
  --enable-pthreads --prefix=/home/mac --disable-debug
  --extra-cflags=-I/home/abc/include --extra-ldflags=-L/home/abc/lib 
  built on Jan 26 2007 22:48:15, gcc: 4.1.1 20061011 (Red Hat 4.1.1-30)


AVC QVGA/29.97fps/VBR QB25 Stereo/128kbps
$ ffmpeg_psp -y -i test.mpg -title test -bitexact -vcodec h264 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test12.mp4
AVC QVGA/29.97fps/384kbps Stereo/128kbps
$ ffmpeg_psp -y -i test.mpg -title test -bitexact -vcodec h264 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -b 384 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test12.mp4
サムファイル(thm)の作成
$ ffmpeg_psp -y -i test.mpg -f image2 -ss 8 -vframes 1 -s 160x120 -an test12.thm
W44S 用、ffmpeg 設定値
( macmil.co.jp で、使用している値 )
( 各種HP の値ではなく、当方が、試行錯誤し、現在使用しているもの ) ( Windows 用でも、Transcoding.ini に、下記の値を移植し、使用中 ) -coder 1 は、ダメ -vcodec h264 の後ろに、-vlevel 13 が必要 W44S /AVC Baseline QVGA/29.97fps/VBR QB25 Stereo/128kbps
1) Fedora core6 で、ffmpeg_psp 処理
   ( Fedora core6 をの、ffmpeg_psp を使用せずに、
     Windows 携帯動画変換君 で処理する場合の、
     Transcoding.ini は、ずっと下の方に掲載してある )
$ ffmpeg_psp -y -i test.mpg -title test -bitexact -vcodec h264 \ -croptop 0 -cropbottom 0 -cropleft 0 -cropright 0 \ -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 \ -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp 1.mp4
2) 1) での、1.mp4 を、Windows に、copy し、
   Windows にて、下記の処理をする。
   ( 下記の、
     cores\QT3GPPFlatten 
     cores\ATOMChanger 
     の、処理をしないと、W44S で観れない )
cores\QT3GPPFlatten 1.mp4 2.mp4 -c QT_H264_QVGA_AAC.ini -t mpg4 cores\ATOMChanger 2.mp4 test12.mp4 Camouflage_MP4_for_PSP.ini title
http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/sources/
Delphi

QuickTimeで「書き出し」をするためのアプリケーション
QT3GPPFlatten008_source.zip

QuickTimeで書き出した出力を各端末向けに調整するためのアプリケーション
ATOMChanger021_source.zip
当方用メモ)
[ 当方専用手順につき無視すること ]
Fedora core6 で、ffmpeg_psp で処理し、
Windows で、W44S 用に、変換する方法。
1) Fedora core6 で、pspmp4-2.bat で ffmpeg_psp 処理
"pspmp4-2.bat"
#=============================================
# W44S 4:2.25 /AVC Baseline QVGA/29.97fps/VBR QB25 Stereo/128kbps
#=============================================
( 当方用 ffmpeg_fc6 == ffmpeg_psp )
  ffmpeg_fc6 -y -i test.mpg -title test -bitexact -vcodec h264 \
 -croptop 0 -cropbottom 0 -cropleft 0 -cropright 0 \
 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 \
 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \
 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp 1.mp4
2) 1) での、1.mp4 を、Windows に、copy し、
   w44s.bat の、処理。
   ( w44s.bat で、
     cores\QT3GPPFlatten 
     cores\ATOMChanger 
     の、処理をしないと、W44S で観れない )
copy \\fc6\mp4\1.mp4 \mp4\1.mp4 cd \mp4 w44s.bat title w44s\w44s-ful.exe test12.mp4 ( Fedora に、test.w44 で、保存する ) copy test12.mp4 \\fc6\mp4\test.w44 ( *.w44 は、psp 用の、*.mp4 と区別用 実際使用する時は、*.mp4 にする ) ( Fedora の、1.mp4 を削除する ) del \\fc6\mp4\1.mp4 "w44s.bat"
rem	echo "Ver 1.10 Feb. 3,2007 Copyleft 1984-2007 by macmil.co.jp"
rem 	echo "Usage: w44s.bat title"
rem 	echo "                    path   ->   ex. /home/    "

\mp4\mpg4tool\cores\QT3GPPFlatten 1.mp4 2.mp4 -c QT_H264_QVGA_AAC.ini -t mpg4

\mp4\mpg4tool\cores\ATOMChanger 2.mp4 test12.mp4 Camouflage_MP4_for_PSP.ini %1

del 1.mp4
del 2.mp4
Fedora core6 をの、ffmpeg_psp を使用せずに、
Windows 携帯動画変換君 で処理する場合の、

Windows 携帯動画変換君 での、
W44S 用 Transcoding.ini の設定値 ( macmil_co_jp 用 )
W44S 用、設定値 ( macmil.co.jp で、使用している値 )の、 Windows での、Transcoding.ini の場合を下記に、掲載。 [Item18] は、各自の、構成で、異なるので、変えること。 ( 当方では、PSP 用の、Transcoding.ini の、 後ろに追加し使用している )
; ---------------------------------- 2007/01/30 macmil_co_jp for W44S
[Item18]
Title=W44S /AVC Baseline QVGA/29.97fps/VBR QB25 ステレオ/128kbps 
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>"
 -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec h264
 -vprofile baseline -coder 0 -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240
 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64
 -f psp "<%OutputPath%>1.mp4""
注) 上記は、1行に連結すること。
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%OutputPath%>1.mp4"
 "<%OutputPath%>2.mp4" -c QT_H264_QVGA_AAC.ini -t mpg4"
注) 上記は、1行に連結すること。
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%OutputPath%>2.mp4"
 "<%OutputFile%>.mp4" "Camouflage_MP4_for_PSP.ini" "<%Title%>""
注) 上記は、1行に連結すること。
Command3="cmd /c "del "<%OutputPath%>2.mp4""" Command4="cmd /c "del "<%OutputPath%>1.mp4"""
上記の設定は、16:9 の、ソースでも、下記の様にすると、320x240 のままで、 PSP で、16:9(432x240) の オリジナル表示となる [ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない その場合は、フル表示にする ] W44S で、16:9(432x240) の フル再生表示となる。( 当方は、これで利用中 ) ivtv等 で、16:9 の映画等を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、 下記、ツール で、PSP, W44Sで、 16:9 (Anamorphic) で、鑑賞(観る)している。 http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?W44S W44S_full_02.zip を使用し、 PSP, W44S で、4:3 --> 16:9 にする。( 00AD, 00AF の、バイトデータを変更 ) [ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない その場合は、フル表示にする ]
◆ AVC Main Profile: PSP ( PS3 では、OK ) ◆ AVC Baseline Profile: PSP, W44S ( W44S 用は、\VIDEO に入れると、OK ) ( ffmpeg の、-vcodec h264 の後ろに、-vlevel 13 が必要 ) ( PS3 では、OK ) ◆ MPEG-4: PSP, W44S ( W44S, PSP, PS3 共通で、問題無し ) [ 参考) W44S 3インチ 16:9 432x240 (27 x 16= 432) ] http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?W44S M.S.Video / 映像:H.264 768kbps 29.97fps 音声:192kbps 48kHz Stereo W44S_full_02.zip PSP, W44S で、4:3 --> 16:9 にする。( 00AD, 00AF の、バイトデータを変更 ) [ 注) \101ANV01 等では、有効だが、 \VIDEO (PSPの場合)では、効果がない その場合は、フル表示にする ] 00AB 0F 00AD 01 04 00AF 01 03
PSP の、*.thm ( サムネイル表示用 )
サムネイル表示させたい場合には、 160x120サイズのJPEGファイルを作成し、
同名で拡張子が *.THM というファイルを作成すると、サムネイルが表示できる
注) \VIDEO では、サムネイルファイル(〜.THM)は、使えない。
PSP-1000 V2.80 H.264(AVC)
	ビデオ: 768kbps 以下、320x240pixel 以下、30 フレーム/秒(fps)以下、

ベースラインプロファイル
    Level 1.3 以下の、Baseline Profile
	I, Pフレーム、エントロピー符号化は、CAVLC + UVLCのみ

メインプロファイル
Level 2.1 以下の、Main Profile( Baseline Profile に、CABACのみ追加 )
	[ CABACは、AVC/H.264デフォルトのCAVLC (別名UVLC)より強力な圧縮方式。
	  ビットレートを約10-15% 節約できる(特に高ビットレート時)。 
	  CABACは (CAVLCも同様) ロスレスで画質低下がない。
	  エンコードとデコード速度は低下 ]
	[ CABAC (Context-Adaptive Binary Arithmetic Coding) ]
オーディオ: AAC 128kbps 以下、48kHz 以下、ステレオ

あくまで、参考)
	当方設定の、条件で、Baseline Profile は、Main Profile より、
	サイズが、2〜7% 位、大きくなった。

MEMO/MPEG-4_AVC
http://www.wikihouse.com/htumenc/index.php?cmd=read&page=MEMO%2FMPEG-4_AVC
-vol 256が標準 -vol 768 キャプチャした動画の上下左右端を削除する -vcodec mpeg4 -croptop 12 -cropbottom 12 -cropleft 18 -cropright 18
注) 下記では、ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg は、
    通常の、ffmpeg と異なるので、ffmpeg_psp としている。
mpeg ファイルの、上下(18 dot)、左右(12 dot) をカットする例
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg 使用 )
ffmpeg_psp -y -i test.mpg -title test -bitexact -vol 256 \ -vcodec h264 -croptop 12 -cropbottom 12 -cropleft 18 -cropright 18 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test11.mp4
mpeg ファイルの、上下(72 dot) 左右(16 dot)をカットする例
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg 使用 )
4:3 --> 16:9 ( 4:2.25 )
640x480 --> 640x360 --> (480 - 360) / 2= 60
[ -0 -60 ( 640 x 360 ) ]
[ -8 -64 ( 624 x 352 ) ]
-16 -72 ( 608 x 336 )
当方用メモ) W44S 用は、pspmp4-2.bat hauru.mpg
ffmpeg_psp -y -i test.mpg -title test -bitexact -vol 256 \ -vcodec h264 -croptop 72 -cropbottom 72 -cropleft 16 -cropright 16 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test11.mp4
ivtv の直接録画の例 ( -t 20 又は、-t 00:00:20  -->  20 sec )
( IO-DATA GV-MVP/RX2 )
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg 使用 )
/dev/video0 は、それぞれによる。 ffmpeg_psp -t 20 -y -i /dev/video0 -title test -bitexact -vol 256 \ -vcodec h264 -croptop 0 -cropbottom 0 -cropleft 0 -cropright 0 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test11.mp4
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz )
bttv の直接録画の例 ( -t 20 又は、-t 00:00:20  -->  20 sec )
( IO-DATA GV-BCTV5/PCI )
( ffmpeg-051130-0.33.tar.gz の、ffmpeg 使用 )
/dev/video1 は、それぞれによる。 ffmpeg_psp -t 20 -y -vd /dev/video1 -title test -bitexact -vol 256 \ -vcodec h264 -croptop 0 -cropbottom 0 -cropleft 0 -cropright 0 -coder 1 \ -vlevel 13 -bufsize 128 -g 250 -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 \ -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f psp test11.mp4
◆ 4:3(縦長)の映像を、16:9 で観る。[2007/02/10 追加]
   ( PSP, W44S 用の、H.264(MPEG4-AVC) も、
     Fedora core6 の、
     ivtv で、16:9 を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、
     この方法で、鑑賞している )
ivtv で、16:9 を、4:3(縦長)で、スクイーズ録画し、 xine で、 アスペクト比率を 16:9 (Anamorphic) で、鑑賞(観る)する。 [ スクイーズとは 映像メディアの映像データ収録方法において、 映像を横方向に圧縮して記録するものを呼ぶ。 再生は、記録時と同じ比率で、横方向に拡大すると正常な画面比になる。 日本では、圧縮記録をスクイーズ、 拡大表示することを、アナモフィック(anamorphic)と呼び分ける場合もある ] xine で、 アスペクト比率を 16:9 (Anamorphic) に、するには、 1) xine の、起動し、 出てきたウインドウ(画面上)で、 マウスを、右クリックすると 操作用のGUIが表示される。 Video --> Aspectratio --> Anamorphic を、選択する。 又は、 2) xine -r anamorphic ex. $ LANG="en_US" /usr/bin/xine -r anamorphic test.mpg & PSP, W44S 用の、H.264(MPEG4-AVC) の場合。 $ LANG="en_US" /usr/bin/xine -r anamorphic test.mp4 &
*******<< ★ かってに ffmpeg で、PSP,W44S 動画変換[終り] >>*******

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux42 (続き41)へ * Freely Linux42. (it continues, 41) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2013 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る