[ 2013/05/27 renewals ] ☆☆☆ かってに Linux44 (続き43) ☆☆☆
                        *** Freely Linux44. (it continues, 43) ***
     情報化社会の発展を図る活動として、
          ( 単にNPO協賛活動として )
                 無料で利用可能な、Linuxの普及の為、
★ Linuxで、インターネット等を、
    "MS-Windows" と同じ様に
          快適にする情報を無料提供。
410-0022 JAPAN by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP (有)松商商会 ) 〒410-0022 マックミルズ 1F ( MACMIL.CO.JP MATSUSHOW CO.,LTD.)
当ページへの、多数のアクセスありがとう。 当ページは、多くの関連HPを参考に、Linux ( Fedora等) での利用や、 応用方法、開発等をし、結果・無料公開してます。 この場を借りて、各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。
・PC9801, DOS/V, Win9X, Win2000,WinXP, UNIX, Linux の各種ソフト作成、 メインは、C(言語)、現在は、Linux 30台位使用して、システム研究開発中。 27年近く(PC8001 〜 現在まで)、各種業務システム構築の現役者が提供。(松本英男) "マックミル" は、(有)松商商会 の登録商標です。( MACMIL.CO.JP )
 ◆ 募集・コーナー ( 沼津市大岡・沼津駅前マンション賃貸自社物件 )
 住む側の立場に立って、こんなビルがあればいいなあと、
趣味で、ITビルを建ててみました。(採算は合いませんが......)
(有)松商商会・所有ビルや、駅前所有の物件を、お貸します。
[ 住居や、SOHO事務所として利用も可能 (インターネット光100M 設置済み)]
残り、1部屋になりました。( 下記、クリック )
"★ 沼津市大岡(西友・近い)の 自社物件・貸します"
●検索は、Ctrl +  F  で。( アルファベットは、半角文字で検索のこと )
* As for search,with Ctrl +  F .
*******<< ★ かってに Linux [ 開始 ] >>******* ============================================================== ***<< ★ かってに Fedora 14 GV-MVP/RX2 で録画( ivtv 1.4.1利用) [ 開始 ] >>***
Fedora 14 xine 音ズレ
対策) 2010/11/27 追加
Fedora 14 では、上記 xine 音ズレ対策 でも、ダメなので、
$ su
# yum -y erase pulseaudio
で、pulseaudio を、削除する
$ cat /dev/video0 | LANG="en_US" /usr/bin/xine -A esd stdin://mpeg2 &
ここは、"かってに Linux44"
Fedora 14 の、
kernel 2.6.35 用 ( ivtv 1.4.1 ) です
Fedora 14 音声多重放送 等、有効にする
対策) 2011/05/11 追加
注) kernel 2.6.22 以上では、 ivtv ドライバーが、標準で、取込まれた。 したがって、 そのままで、使用できる。 しかし、
   ( bilingual[バイリンガル], 主+副, 2ヵ国語放送[二か国語], 
     音声多重放送, ステレオ 等、有効にする )
だけが、動作しなくなっている。 その、 Fedora 14 の、 kernel 2.6.35 用 ( ivtv 1.4.1 ) 対策例です。 結論、 tda9887.ko を、作成しなおすだけ。
● kernel 毎の、対応する、ivtv バージョン一覧
   2008/01/08 改定
自分が使用中の、kernel を、
$ uname -r
で確認し、下記から、該当する ivtv を使用して下さい 

注) kernel-devel が、インストールされていること
$ rpm -qa | grep kernel-devel
( kernel Ver up する場合、kernel-devel も 同じ Ver up 必要 )
◆ kernel 2.6.15 まで用 ( ivtv 0.2 )
   "かってに Linux7"   左記クリツク
◆ kernel 2.6.16 用 ( ivtv 0.6 )
   "かってに Linux25"  左記クリツク
◆ kernel 2.6.17 用 ( ivtv 0.7 は当方使用中止につき、参考用 )
   "かってに Linux34"  左記クリツク
◆ kernel 2.6.18 用 ( ivtv 0.8 )
   "かってに Linux27"  左記クリツク

   kernel 2.6.18 は、ivtv 0.8 と、ivtv 0.10.x のどちらか使用できる。
   ( 下記 ivtv 0.10.6 が、お薦め )
◆ kernel 2.6.18 用 ( ivtv 0.10.3,  0.10.5 及び 0.10.6 )
   "かってに Linux37"  左記クリツク
   ( ivtv-0.10.? で、bilingual を有効にする )
◆ kernel 2.6.19
   kernel 2.6.20 用 ( ivtv 0.10.3,  0.10.5 及び 0.10.6 )
   "かってに Linux35"  左記クリツク
   ( ivtv-0.10.? で、bilingual を有効にする )
◆ Fedora 7 の
   kernel 2.6.21 用 ( ivtv 0.10.3,  0.10.5 及び 0.10.6 )
   "かってに Linux38"  左記クリツク
   ( bilingual[バイリンガル], 主+副, 2ヵ国語放送[二か国語], 
     音声多重放送, ステレオ 等、有効にする )
◆ Fedora 8 又は、
   kernel 2.6.22
   kernel 2.6.23 用 ( ivtv 1.0.3 )
   "かってに Linux39"  左記クリツク
   kernel 2.6.24, kernel 2.6.25 は、下記へ。
◆ Fedora 9 Alpha(test1) までの、
   kernel 2.6.24 用 ( ivtv 1.1.0 TEST )
注) Fedora 9 の、kernel 2.6.25 では、大幅に変更の為、使えません
"かってに Linux41" 左記クリツク ivtv 1.1 が、まだなので、ivtv 1.0.3 で、TEST版 ( bilingual を有効にすると、共に、 S-Video, Compsite の切替えの不具合を修正する ) tvaudio.ko の代わりに、vp27smpx.ko 使用
◆ Fedora 9
   kernel 2.6.25 用 ( ivtv 1.2.x )
注) kernel 2.6.24 では、使えません
"かってに Linux42" 左記クリツク ivtv 1.2 が、まだなので、ivtv 1.0.3 で、TEST版 ( S-Video, Compsite の切替えの不具合を修正する ) ( bilingual に関しては、 i2c が、大幅に、変わった為、現状のままで、有効になってません ) tvaudio.ko の代わりに、vp27smpx.ko 使用
◆ Fedora 14 の kernel-2.6.35.6-45.fc14 での、
注) kernel-2.6.35.13-91 等は、ivtv 自体が、うまくいかない
kernel 2.6.35 用 ( ivtv 1.4.1 ) "かってに Linux44" 左記クリツク ( bilingual[バイリンガル], 主+副, 2ヵ国語放送[二か国語], 音声多重放送, ステレオ 等、有効にする )
注) bilingual の、切替えは、
xine, mplayer 等 立上げ視聴後、下記コマンド実施。
( video0 は、各自による )
( 0:mono 主音声 ) $ v4l2-ctl -d /dev/video0 -t mono ( 各バージョン用を使用のこと 例) ivtv-1.0.3/utils/v4l2-ctl ) ( 1:stereo 主+副 ) $ v4l2-ctl -d /dev/video0 -t stereo ( 2:lang2 副 ) $ v4l2-ctl -d /dev/video0 -t lang2
上記で、切替える場合、
/dev/video? を、root 以外で、アクセス可にしておく。
$ su
# chmod 666 /dev/video*
 ◆ 参考)# chmod go+rw /dev/video? 以外で、
    立上時に、/dev/video? を、root 以外で、アクセス可にするにはへ
◆ ivtv バージョンによる 画質調整、入力切替等の、違い 左記クリツク ◆ I-O DATA GV-MVP/RX2 ファームウエアのインストール ( Encoder revision: 0x02060039 が、お薦め ) は、上記クリック。 [ 付属CD-ROM のは、古いので、上記から、0x02060039 ダウンロード ]
注) ivtv 0.8.x 以降では、ptune.pl では、
  うまくいかないので、ptune.pl のかわりに、
  各バージョンの ivtv-tune を使用する。
( 詳しくは、下記を、クリックしてください ) ivtv バージョンによる、画質調整、入力切替等の、違い
$ ivtv-tune -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 57
( 各バージョン用を使用のこと
  ivtv-0.8.2/utils/ivtv-tune/ivtv-tune -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 57
  ivtv-0.10.6/utils/ivtv-tune/ivtv-tune -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 57 )
  ivtv-1.0.3/utils/ivtv-tune/ivtv-tune -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 57 )
  ivtv-1.1.0/utils/ivtv-tune/ivtv-tune -d /dev/video0 -t japan-bcast -c 57 )
bilingual に関しては、現状のままで、有効になってません。
(i2c が、大幅に、変わった)

S-Video, Compsite の切替えは、xine 等、動作中は、不可。

xine 等、動作前に、S-Video, Compsite の切替えし、
xine 等、動作させるとよい。
2011/05/11 追加)
GV-MVP/RX2
Fedora 14 の kernel-2.6.35.6-45.fc14 で、
 bilingual[バイリンガル], 主+副,
 2ヵ国語放送[二か国語], 
 音声多重放送, ステレオ 等、有効にする

ivtv: version 1.4.1
http://www.gcd.org/blog/2008/04/155/
上記 大変参考になりました。
ありがとうございます。
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk 以下、まだ、とりあえず、当方用メモ kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
ちょっと、手間なので、
しばらく、試験の後、
( 2011/05/11 現在、動作 OK )

kernel-2.6.35.6-45.fc14 用、

   ( bilingual[バイリンガル], 主+副, 2ヵ国語放送[二か国語], 
     音声多重放送, ステレオ 等、有効にする )

対応済み、
tda9887.ko を、
掲載予定。
● 概略、覚え書き kernel-2.6.35.6-45.fc14.src.rpm を入手する。 tda9887.c を抜き出し、修正する。
$ su
# rpmbuild --nodeps --rebuild --target i686 kernel-2.6.35.6-45.fc14.src.rpm
/root/rpmbuild/SOURCES/
/root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/drivers/media/common/tuners/tda9887.c
/root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/drivers/media/video/ivtv
/root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/drivers/media/common/tuners/tda9887.c が、できたら、rpmbuild 中止してよい。
参考)
http://www.gcd.org/blog/2008/04/155/
上記 大変参考になりました。
ありがとうございます。

上記より、抜粋
DeEmphasis (DEM)モード
デフォルト ON モノラル音声
	↓
デフォルト OFF にする 
   ( bilingual[バイリンガル], 主+副, 2ヵ国語放送[二か国語], 
     音声多重放送, ステレオ 等、有効にする )
/root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/drivers/media/common/tuners/tda9887.c L233 を、下記に修正。
		.name  = "NTSC-M-JP",
		.b     = ( cNegativeFmTV  |
			   cQSS           ),
		.c     = ( cDeemphasisOFF  |
//		.c     = ( cDeemphasisON  |
//			   cDeemphasis50  |
			   cTopDefault),
● rpmbuild で、全体作成は、時間がかかるので、 当方、 /usr/local/src/ivtv/fe14 に、 "tda9887.c" を、コピーし、上記修正後、 下記、Makefile で、make し、 "tda9887.ko" を、作成。 /usr/local/src/ivtv/fe14/Makefile の内容 ただし、この他に、include file が、 無い旨の、エラーがでるので、 あくまで、当方用ですので、あしからず。
#
# 2011/05/11
#
# $ cd /usr/local/src/ivtv/fe14
# $ make -C /lib/modules/`uname -r`/build SUBDIRS=/usr/local/src/ivtv/fe14 modules

obj-m   := tda9887.o

KERNEL_INCLUDE_DIR := /root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686//include
KERNEL_INCLUDE_DIR += /root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/arch/xtensa/variants/dc232b/include
KERNEL_INCLUDE_DIR += /root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/arch/xtensa/include
KERNEL_INCLUDE_DIR += /root/rpmbuild/BUILD/kernel-2.6.35.fc14/linux-2.6.35.i686/drivers/media/dvb/dvb-core

KDIR    := /lib/modules/$(shell uname -r)/build
PWD     := $(shell pwd)

default: $(MAKE) -C $(KDIR) SUBDIRS=$(PWD) modules
$ cd /usr/local/src/ivtv/fe14
$ make -C /lib/modules/`uname -r`/build SUBDIRS=/usr/local/src/ivtv/fe14 modules
tda9887.ko が、できる。
$ su
# cd /lib/modules/2.6.35.6-45.fc14.i686/kernel/drivers/media/common/tuners/
# cp tda9887.ko tda9887.ko.org
# cd /usr/local/src/ivtv/fe14
# cp tda9887.ko /lib/modules/2.6.35.6-45.fc14.i686/kernel/drivers/media/common/tuners/
再起動。 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk ここまで、まだ、とりあえず、当方用メモ kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
   各関連HP、各検索サイト、各開発者、多くの訪問者 等々へ
      Linuxの普及を願いつつ、感謝と、エールを送ります。
			MACMIL.CO.JP  (有)松商商会 松本英男

***<< ★ かってに Fedora 14 GV-MVP/RX2 で録画( ivtv 1.4.1利用) [ 終了 ] >>*** ==============================================================

★ かってに Linux2 (続き1)へ * Freely Linux2. (it continues, 1) to


★ かってに Linux3 (続き2)へ * Freely Linux3. (it continues, 2) to


★ かってに Linux4 (続き3)へ * Freely Linux4. (it continues, 3) to


★ かってに Linux5 (続き4)へ * Freely Linux5. (it continues, 4) to


★ かってに Linux6 (続き5)へ * Freely Linux6. (it continues, 5) to


★ かってに Linux7 (続き6)へ * Freely Linux7. (it continues, 6) to


★ かってに Linux8 (続き7)へ * Freely Linux8. (it continues, 7) to


★ かってに Linux9 (続き8)へ * Freely Linux9. (it continues, 8) to


★ かってに Linux10 (続き9)へ * Freely Linux10. (it continues, 9) to


★ かってに Linux11 (続き10)へ * Freely Linux11. (it continues, 10) to


★ かってに Linux12 (続き11)へ * Freely Linux12. (it continues, 11) to


★ かってに Linux13 (続き12)へ * Freely Linux13. (it continues, 12) to


★ かってに Linux14 (続き13)へ * Freely Linux14. (it continues, 13) to


★ かってに Linux15 (続き14)へ * Freely Linux15. (it continues, 14) to


★ かってに Linux16 (続き15)へ * Freely Linux16. (it continues, 15) to


★ かってに Linux17 (続き16)へ * Freely Linux17. (it continues, 16) to


★ かってに Linux18 (続き17)へ * Freely Linux18. (it continues, 17) to


★ かってに Linux19 (続き18)へ * Freely Linux19. (it continues, 18) to


★ かってに Linux20 (続き19)へ * Freely Linux20. (it continues, 19) to


★ かってに Linux21 (続き20)へ * Freely Linux21. (it continues, 20) to


★ かってに Linux22 (続き21)へ * Freely Linux22. (it continues, 21) to


★ かってに Linux23 (続き22)へ * Freely Linux23. (it continues, 22) to


★ かってに Linux24 (続き23)へ * Freely Linux24. (it continues, 23) to


★ かってに Linux25 (続き24)へ * Freely Linux25. (it continues, 24) to


★ かってに Linux26 (続き25)へ * Freely Linux26. (it continues, 25) to


★ かってに Linux27 (続き26)へ * Freely Linux27. (it continues, 26) to


★ かってに Linux28 (続き27)へ * Freely Linux28. (it continues, 27) to


★ かってに Linux29 (続き28)へ * Freely Linux29. (it continues, 28) to


★ かってに Linux30 (続き29)へ * Freely Linux30. (it continues, 29) to


★ かってに Linux31 (続き30)へ * Freely Linux31. (it continues, 30) to


★ かってに Linux32 (続き31)へ * Freely Linux32. (it continues, 31) to


★ かってに Linux33 (続き32)へ * Freely Linux33. (it continues, 32) to


★ かってに Linux34 (続き33)へ * Freely Linux34. (it continues, 33) to


★ かってに Linux35 (続き34)へ * Freely Linux35. (it continues, 34) to


★ かってに Linux36 (続き35)へ * Freely Linux36. (it continues, 35) to


★ かってに Linux37 (続き36)へ * Freely Linux37. (it continues, 36) to


★ かってに Linux38 (続き37)へ * Freely Linux38. (it continues, 37) to


★ かってに Linux39 (続き38)へ * Freely Linux39. (it continues, 38) to


★ かってに Linux40 (続き39)へ * Freely Linux40. (it continues, 39) to


★ かってに Linux41 (続き40)へ * Freely Linux41. (it continues, 40) to


★ かってに Linux43 (続き42)へ * Freely Linux43. (it continues, 42) to


★ かってに Linux44 (続き43)へ * Freely Linux44. (it continues, 43) to


★ かってに Linux45 (続き44)へ * Freely Linux45. (it continues, 44) to


かってに Linuxヘ、戻る * Freely Linux. ( it returns )




● 本サイトに掲載されている情報は個人の責任において、
   使用のこと。
   利用により、問題が発生しても、
   当方は一切責任を負いかねます。 
   リンクは、自由に。

   The information carried by this site is set
   with individual responsibility. Use it.
   Even if a problem occurs by use We cannot take any responsibility.
   A link is free.

410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  有限会社 松商商会 )
410-0022 JAPAN  by H.MATSUMOTO ( MACMIL.CO.JP  MATSUSHOW CO.,LTD.)
(C) 1998-2013 H.MATSUMOTO All Rights Reserved ( MACMIL.CO.JP )
新会社法施行(2006/05/01施行)後、有限会社 松商商会 は、
特例有限会社という、新会社法の、株式会社です。(商号は、有限会社 を継続)
資本金 2017/05 5千万円→1千万円に減資 創業 1983/05/20 法人設立 1984/09/29
★ ソフトダウンロードへ

topヘ、戻る